2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

こんな写真を撮っています

2017年7月24日 (月)

ぼくんちのはなび2017

832a4804_2

 毎年、家の前の路地から眺めるおうみ祭りの花火。
 昨日は、上の子の中学最後の地区大会ののぞきに行ってきたのだけれど、なんとか県大会に進むことができ、ヤツはほっとして花火を眺めていました。下の子たちは、すぐそこの会場でほとんど真上で開くのを歓声あげながら眺めていたのだけれど、一日気を張ってきて、そのあとにはこれくらいのクールダウンがいいのかも。そして、クールダウンとしては、これはとても優雅なものだなあと思うのです。

 というわけで、今年も家の前から、ほぼおなじアングルでの「ぼくんちのはなび」。
 これを撮り始めた頃は、下の子は花火の音が怖くて会場はおろか外へも出てこられなくて、家中でここにちっちゃい椅子とかを出して眺めていたんだっけなあ。

 雨の中、まつりを準備された方、ほんとうにありがとうございました。
 そんなこんなで、梅雨最終章。今週もはじまります。

 おはようございます。

2016年7月25日 (月)

ぼくんちのはなび

832a1255

 昨日は、地域の中学校の吹奏楽部のコンクールの日。考えてみれば去年もおうみ祭りの花火の日は、上越でコンクールだったなあ。去年は「金賞だけど上位大会にはいけない」という結果で泣きながら花火もみずにゴハン食べてた娘だけど、今年はありがたいことに上の大会に行ける結果になったので、なんだか放心状態で花火を眺めてます。
 その手前には、夕方から縁日で遊びすぎ、買い食いしすぎの食べ過ぎ不調な下の子が公道に寝そべって花火見物(笑)。

 花火を見ている間に通った車は1台。田舎町の、家の前の道の花火見物。
 毎年の「ぼくんちのはなび」なのです。

 さて、こどもたちの夏休みははじまりましたが、ぼくらは仕事。みなさん、がんばりましょう。
 というわけで、おはようございます。

2015年7月27日 (月)

ことしも「ぼくんちのはなび」

832a9046

 毎年家の前から眺める花火。
 ハラに来るどすんという音が怖くて家にとじこもっていた子どもがここに椅子を出して見るようになり、やがて会場へと出かけてみるようになり・・・。毎年ここで撮っている花火に写る後ろ姿がだんだん減ってきました(笑)。
 昨日はすこしはやい時間からの、青い空にあがりはじめた花火。暑い暑い日の熱気がすうっと抜けていって、なんだかきもちいい夜だったなあ。

 さて、ここ数日すっかり告知モードだったワタクシのブログですが、そろそろ通常運転です。
 木村太亮さんがおられるのは昨日までですが、「きむらだいすけ恐竜イラストレーション展」は、8/1までやってますので、よろしければぜひおでかけください。

 今日も暑くなりそう。今は4:20頃ですが蝉がうるさいくらいに鳴いています。
 おはようございます。

2013年7月29日 (月)

ぼくんちのはなび

Img_7536

 いつもなら間隔がとても長くて「もう終わったのかな?」と思う頃に次があがる地元の花火大会。それが、おうみ祭りとおまんた祭りの花火がいっしょになった昨晩の花火大会は、絶え間なくあがるとても豪華な花火でした。しかも、いつもの年よりやや打ち上げ場所が東側に移動しているのか、まさに自宅前路地の真横からの打ち上げ。堪能しました。

 今年、こんなに近くで花火を見るのは、これが最初で最後かな。でも、市内でも能生の花火(8/10 http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0415e00450/ )があるし、まだまだ今の時期の花火は「夏の露払い」。これから、暑くなるぞ。なんだかそんな気分になった夜なのでした。

 それにしても、弟夫婦がやってきて昼間はいっしょに泳ぎ、一杯やって花火も見て。ご近所のスーパーの賑わいもどこか「もうお盆だよ」って雰囲気を感じてしまって、今日仕事に行かなきゃいけないのがなんだか不思議な感じがします(笑)。

2012年7月31日 (火)

ことしも「ぼくんちのはなび」

Img_2617_1

 自宅の前の路地からきれいに見えるおうみまつりの花火。
 日曜日の夜、今年ものんびりと眺めていました。

 それにしても、予報にあった夕立や夜半の雨もほとんどあてにならず、毎日暑いですねぇ。

2011年8月 1日 (月)

おまんた祭の花火

Img_1348

 今年も、臨海公園の丘の上から見ていました。清掃センターの建物の向こうに見える花火。ひかりから3秒くらい遅れて届く音。おうみ祭りよりちょっとだけ遠い花火です。
 今週はこんどは能生の花火。夏祭りピーク週間だなぁ。

2010年8月 2日 (月)

おまんた祭りの花火

P8010964

 もうじき2歳の下の子は、まだ大きな音が怖いのか、打ち上げ花火は泣いてしまいます。
 なので、おまんた祭りの花火も、自宅の窓から。

 おうみ祭りとちがって、ちょっと遠いのだけれど、こうやってみていると、ウチは港が見える場所にあるんだな・・・なんてことをあらためて思ったりします。

 河原や港で見られた方、今年は雨も降らず、煙もたまらずで、すごくいいコンディションだったんじゃないでしょうか。

 次は、今週末の能生の花火。花火がひとつひとつ片付いていくと、夏が終わっていくようで、すこしさみしい。そんな気がしてしまうのは、少々季節を先取りしすぎでしょうか。

2010年7月26日 (月)

ぼくんちのはなび

Img_8673_3

 今年も、家の前の路地に陣取って見る、おうみ祭りの花火。

 こんな感じで、家の前でみられるっていうのも、車があまり通らない田舎町ならではなんだよね。

2009年8月 3日 (月)

おまんた祭り・終幕

Img_8750 とはいえ、みんなが楽しみにしている花火は、夕方から降り出した雨に開催も危ぶまれる状態。その上、一時は大雨洪水警報まで出たりしたけれど、結局開始予定の19:30にはだいぶ小降りになり、なんとか予定通りあがることになりました。

 雲が多かったり、そのわりに風がなかったりで、せっかくのスターマインが隠れてしまったり、すこし数が少ないような気がしたりと、少々さみしい花火だったけれど、でもこの不況下になんとかこれだけの数を出してくれたスポンサーのみなさんには、感謝しないとね。どうもありがとうございます。

 まだまだ夏休みははじまったばっかり。まだまだいっぱい遊べるぞ・・・だったはずなのに、いつのまにか夏祭りが終わり、お盆も直前で、休みはあと半分しかない。あの、四半世紀以上前のちょっとした焦りをふと思い出した、そんな夜なのでした。

2008年8月 3日 (日)

風が強いと

Img_0314_2 花火も流れるんですね。

 というわけで、予報は雨。できるかどうか心配だったおまんた祭りフィナーレの花火大会は、ありがたいことに予想に反しての快晴。スタート時には星空まで広がっていました。

 それがだんだんと風がつよくなり、最後の花火があがったあとに、急に雨が降り出して・・・。

 先週のおうみ祭りの花火も午後から雨の予報だったのに、夕立と深夜の雨にはさまれて、花火の時間帯だけ雨が我慢してくれました。今年の花火は、案外とゲンのいい花火なのかもしれません。

 この日は、子供の友達のご家族と一緒に河原で花火を見ていたのだけど、興味を持ったそこのうちの子にちょっとレリーズを貸してみました。シャッターを押すとぱちっと写る普段の写真とちがって、押している間、数秒にわたってシャッターを開いて撮る花火写真はなんだか不思議だったようで、ちっちゃい子なのにすごく楽しそうに一眼レフで撮影していました。こういう子が写真に興味を持ったりして、リタイヤしたころの僕に写真を自慢にきてくれたりすると、きっと楽しいだろうなぁ。

 というわけで、明日からまた仕事。がんばります。

より以前の記事一覧