2021年9月25日 (土)

環境測定

P9259341

 姫川港公園にて。
 水を張った洗面器がスタンドに乗っていました。

 なにを測定しているんだろう。しばらく経ってから水質を測るのか、ミジンコの数なのか、飛んできた種なのか。
 どれくらいの期間おいてあるんだろう。
 誰が置いているんだろう。

 理系心がくすぐられます。

2021年4月22日 (木)

石の種類

P4220001

 そういえば、そこいらに落ちている砂利の小石にあんまり種類がないほうが普通だってのは、小さい頃は思いもしませんでした。
 そのあたりからもってきた石が、いろんな種類。これを「パーク」と呼ぶに値する特異性だと気付いたひとがいるというのは、賢いなあ。
 写真は、ご近所の児童公園の入り口。
 カツンと割れた石が2つと、浸食で丸くなった石が1つ。
 割れた石も種類のちがう白と緑。
 入り口の門にコイツを3つ立てかけたコドモは、これをなにに見立てたのだろう。想像の中身を「想像」してしまいます。
 天気がいい日は、いいですねえ。
 今日もおつかれさまでした。

2018年8月15日 (水)

再生力

832a4638

 数日前までは、どこにも緑の部分がなかった海沿いのグラウンドも、何度かの雨とそのあとの強い日差しで一気に緑が戻ってきました。9月はじめの小学生のサッカー大会「ひすいカップ」の頃には、きっと全部グリーンだな。
 というわけで、昨日に引き続き、今日もじりじりと暑いです。
 いろんなことを考える日。きっと、昔も暑くて、これからも暑いであろう日。

 僕は中年になってからは、「願うことも大事だけれど、その目的のためにどんな手があるかを考えるのも現役世代のシゴト」ということを、だんだんと感じるようになりました。
 下敷きは、強い願い。でも、その上でどんな対策方法があるか。原理主義だけの正義で断罪することのない、ヤヤこしい現実世界との対峙をちゃんとやる考え方をしたい。そんなことを時々思うワタクシなのです。

 では、午後からも熱中症に気をつけて、お水のんでお過ごしください。

2018年7月13日 (金)

脳天壊了な朝に

P_20180713_064415

 毎日暑くて、散歩したりなにか体を動かしたりといったことがめっきり減っています。これで体重が減ったら、たぶん汗かいたのに水を十分取ってないから。喜んでないで「ああ、脳で血管が切れるかも。水のまなきゃ」とか思わないといかんよね。

 というわけで、ここのところの暑さに「の~てんほわいら~」なんて言葉をふと思い出します。
 でも、外で遊ぶヤツはしっかり遊んでいるわけで、近所の公園の地面にこんな相合い傘も発見。今の時代、もしかしたらいじめで書かれてるかもしれないので脳天気に「むかしもいまもいっしょだなあ」なんて言ってられないのかもしれないけど、でも個人的には、なんだか「いいよなあ」と思ってしまいます。
 今朝は田沢小の朝読書だったのだけれど、帰り道で清掃センターを見学にいく4年生集団と一緒になりました。連中は暑くても、元気。あれくらい元気だしていこう。
 おはようございます。

2018年5月15日 (火)

盛りは過ぎたか

832a1572

 なんだか、ばたばたしているうちにご近所のつつじの花がすこしずつ痛んできました。かねこつつじ園も、見に行きたいなあと思いながらも、そろそろ盛りは過ぎつつあるのかも。

 でも、やっぱりきれいなもんですね。

 この時期、あちこちの緑が急に鮮やかになり、そこに花が咲いたりするものだから、街路灯の下がまるでピンスポットをあびた千両役者みたいに見える場所がいくつもあります。
 姫川みなと公園ちかくのこの角も、僕にとってはそういう場所のひとつ。昼間見るとちょっと痛んでいる花も、この時間帯はふわっと浮かび上がります。

 さてさて、今日もそろそろおしまい。みなさん、おいしい夕ゴハンやら晩酌やらを。

2018年4月 8日 (日)

秘密基地は、もういい

P4070027

 高田公園にいくと、ちびっこ広場のところに残る土塁の根が露出したロボットみたいな木のところでなにか悪さをするのが、下の子の日常でした。でも、4年生にもなると「あそこは、いいや」になったりするんだなあ。秘密基地めいたところの誘引力もだんだん弱くなるのかも。

 というわけで、土曜日。雨風の中、高田公園にお花見にいってきました。
 上の子は春から毎日この界隈なのだけれど「桜がだんだんひらくのを見て通えるね」なんて言ってたらもう来週は散っていきそうな雰囲気。今年は桜が「速い」だけに、急いで一家で出かけることに。
 若杉の天むすは残念ながら売り切れだったけれど、ちょうど滞在中は雨も降らず青空も出て、時にあったかいくらいの陽気に。猿回しも楽しんで、いい土曜日になりました。

 ここでDSだかPSPだかやってる連中も、1~2年後にはここを秘密基地めいた使い方をしなくなるのかなあ。

 そんなこんなで、日曜日も暮れました。
 また明日から、あたらしい一週間。
 それではみなさん、あったかいお風呂とか、おいしい晩酌を。

2017年2月 3日 (金)

ベンチ

832a0006

 雪が降って、なかなか近づき難くなった、一部の人にはとても愛されている美山公園のきもちのよいベンチ。
 ウチの近所のこのベンチも、海が荒れるとちょっと近づき難くなるなあ。

 というわけで、今日は寒い節分になりました。雪より雨のほうが、ずっと冷える感じがするなあ。

 みなさん、あったかくしてお過ごし下さい。

 おはようございます。

2016年8月26日 (金)

狂想曲

P_20160825_203244_ll

 出張先での夜。旧友と一杯やってホテルにかえるみちすがら、ポケモンGoの「名所」な公園をとおりかかりました。
 大量のヒトが公園内で夕涼みしているような眺め。でも、みーんなスマートフォンをのぞき込んでるんだな。自転車で来てる高校生くらいの子はまだ、友達と話しながらやってる。でも、大人はみんなひとりで、だまって、顔を液晶に照らされて、やってる。
 それが、数m間隔。

 なんだか、不思議な・・・というより、異様な風景でした。

 ウチの地元でも、やってるひとはいっぱいいるし、公園とかで見かけることも、ある。でも、こういう景色には、ならないよねえ。

 さて。

 田舎町では、場所を選べば立ち小便をとがめられないことも、けっこうあります。それは、大量のヒトがそこでやって、悪臭漂う場所になったり、なかなかしないから。ありていにいってしまえば「ヒトが少ないから薄まっちゃう」という面がある。だから、いつもとおなじようなことでも、人が増えると突然に問題になることも、ある。夏だけたくさんお客さんが来るリゾートのように。そういえば、軽井沢は夏だけ警官数が二倍以上になるそうですし。

 お客さんが来ないとか、ニッチなサービスが仕事として成立しにくいとか、田舎ならではのしんどさもいっぱいあるんだけれど、一方で「必要以上に過密にならに」っていうのは、田舎ならではのメリットでもある・・・んじゃないのかなあ。

 そんなことを思いながら、アイスの棒かたてにほろ酔いで、この公園を通り過ぎた僕なのでした。
 スマートフォンの写真だけど、案外手ぶれとか、してないもんですねえ。酔っ払いなのに。

 そんなこんなで、今日糸魚川に帰ります。
 おはようございます。

2016年8月21日 (日)

猛暑日の午後

P8202446

 ブランコにびっしりと蜘蛛の巣。
 誰も昼間はここで遊ばないんだなあ。
 九月が近づいてもまだまだ暑い夏。だけれども、日陰にいると案外と涼しかったりもして、そんなところに秋を感じたりもします。

 今日も、暑いぞ。
 というわけで、昨日は熱中症気味でダウンした家族数名。気をつけないとね。

 おはようございます。

2016年7月18日 (月)

練習

832a1107

 だんだんと暗くなっていく夕暮れ時。なんどもなんどもゆっくりと、自転車コースでスケートボード(かな?)の練習をしている子がいました。
 ひとりじめ状態。こういうのって、いいなあ。コインランドリーでまわっている洗濯物がとまるまで、ちょっとのんびりと眺めていた僕です。そういう時間もふくめて、こういうのって、いいなあ。

 さてさて、明日からまた一週間がはじまります。がんばらなきゃ。
 というわけで、みなさんたのしい週末だったでしょうか。おやすみなさい。