2022年12月20日 (火)

桜に雪

2o2a9717

 日曜からの雪も中越下越では大変な様子。
 まだそれほどでもない上越エリアでも、「ゆきみち予報」のアプリからひっきりなしにR8や北陸道の規制情報が流れてきます。

 毎年、雪タイヤを履き、雪道を走っても、シーズン序盤は感覚が戻ってこなくて「?」と思うことは何度もあります。
 結局のところ、新品のスタッドレスでも、チェーンもってても、四駆車でも、路面にでこぼこができはじめると車が斜めになったり、動きにくくなることはあるし、はまってしまえばままならないことも。

 万全の対策をしていても、だめなときはだめだって自覚している部分があるからこその「今日はやめておこう」もアリなわけで、そういう意味ではR8やR18の長時間滞留についてもの申している中央の評論屋のみなさんは「だめなときはだめ」という厳然たる雪道の現実を、きちんと理解していないのろうなあとしみじみ思います。

 雪は、ある程度対応はできるけれど、完全にコントロールはできない。だから、対応できる範囲での動きを考える。
 序盤の大雪で、あらためて「今年もちゃんと自戒しよう」と思う。そんなワタクシなのです。

 今日もお疲れさまでした。

2022年11月11日 (金)

開花

2o2a9315-1

 うちに一本だけある晩秋に咲く桜が、今朝二輪花をつけていました。
 春の桜のように一斉に咲くことなく、雪が降るくらいまでぽつんぽつんと咲くこの木にも秋だか冬だかがやってきたのだなあ。
 今日はあたたかい金曜日。このあととなりまちまで仕事で出かけますが、こういう陽のドライブは、眠くてたのしいなあ(笑)。

 そんなこんなで金曜日。あとすこしがんばっていきましょう。
 おはようございます。

2022年4月28日 (木)

除雪車を彩る

832a4659

 いまのところ5/8まで営業予定のシャルマン火打スキー場も、除雪車はそろそろお役御免。
 そうはいってもだいぶ能生谷の奥ということもあって、場所によっては桜の花が残っています。
 この枝は半分折れかかったもの。元気な部分はもう花も終わって葉がもさもさと茂っているのだけれど、この枝だけはすこし季節が遅れて、まだ名残の花が残っています。

 そんな夕暮れのスナップ。
 今日もおつかれさまでした。

2022年4月24日 (日)

名残の桜

832a4598

 ちょっと山道に入るとソメイヨシノではない桜がまだすこし花を残しているところも多く、足元に桜色が散らばっています。
 昨日は夜に雨。そして、昼間はまた雨があがってそこそこ暑い時間もありました。

 上越市では、土日の二日間陸上の上越選手権が開催され、日曜日は小中学生が競技。
 保護者は体温と体調を記入した紙を提出して、夏の音楽フェスのように手首に赤いリボンを巻いてもらっての入場。なんだか、窓口担当してくれている中学生の子たちも慣れたものでした。

 結果にDNS(欠場)が多いのも「無理しても出ろ」より「体調悪ければ休め」が徹底してきたということ。ある意味、ようやく体育会系の「昭和」は終わりが見えてきているのかもしれません。
 そして、今のような状況で「念のため止めておこう」ではなく「できるひとが集まってできる内容でやろう」という判断をするのが「今」。
 意思を持ってあえてやる「古い時代のヒト」は時に格好いいですが、なにも考えずにいつのまにかなる周回遅れは無様なものです。

 意思を持って、ちゃんと「できることをやる」へと、進んでいきたいな。毎日のように書いていますが、本当にそう思います。
 今日は、家族がスカパラのライブにいってきて、すごく「!」な顔で帰ってきました。市民会館のみなさん、孤軍奮闘本当にありがとう。
 そして、今日もお疲れ様でした。

2022年4月19日 (火)

倒れても、咲く

832a3923

 雪が多かった年は、折れたり倒れたりする木もあちこちにあります。
 でも、咲く木は、咲くんだよなあ。

 連中の春を待つ力も、我々と同じ。凄いものだなあ。
 今日はあたたかい一日。どんどん桜は散っていきます。それもまた、美しい。そんな日々なのです。

 今日もお疲れ様でした。

2022年4月18日 (月)

踏み跡

 832a3929_20220419164601

 そろそろ雪タイヤでなくなって一週間。
 桜を踏むタイヤの跡もようやく夏タイヤになりました。

 あちらこちらで、桜のはなびらをつけた車が走ったり、止まったりしています。

 季節の切り替わりとともに、今日から「COVID-19の既存のクラスタに追加で感染者が出ました」という下世話なレポートがなくなり、ただ新規陽性者の数だけが市から発表されるようになりました。噂話に燃料を投入するためのポンプみたいな発表がすこしでも静かになるのは、とてもいいことだと思います。
 ただ、一方で「不要不急の外出は~」といった放送があり、いつの時代の認識だと腰が抜けそうにもなりましたが、相変わらず疾病対策では「だんだん元に戻していこう」という意識が弱いまちなのは、ほんとに残念。

 「他の町よりは糸魚川に住みたい」という地域間競争に耐えうるまちになりたいなあ。

2022年4月17日 (日)

桜道

832a3961

 あちこちでだいぶ桜色の道ができています。
 これがもう少しすると、カスカスしたものが道のあちこちにできてくることも。

 雨の後。
 だいぶいい天気になりました。

 桜も、そろそろ見送る時期ですね。

2022年4月16日 (土)

月を眺める

832a3913

 最近は、満月になんたらムーンという名前がつく日がけっこうありますね。
 大きな月を見ると、ぎょっとする日もあれば、素直にきれいだなあと思う日もある。人間って、不思議なものです。

 というわけで、そろそろだいぶ散ってきた青海小学校界隈の桜を下から見上げて。
 今日までの雨であちこちだいぶ散ってしまったけれど、まだまだきれいな木もありますね。

 今日もお疲れ様でした。

2022年4月15日 (金)

駐車場とか、信号近くとか

832a3890

 なんとなく、印象に残る桜というのは、交差点とか駐車場とか、車がスローダウンしたり止まったりするところの近くにある気がします。
 この桜は、ひらせいや業務スーパーすぐ横の三差路にあるヤツ。太い幹にみっしりと蔓が巻いていて、緑とピンクの組み合わせがなんとも新緑の頃な感じのする大きな木です。
 昨日今日の雨でだいぶ散っているかもしれないなあ。

 姫川沿いは、こちら側もあちら側も川沿いのあちこちに桜があって、この時期散歩するひとが急に増えます。
 やっぱり車で通り過ぎるより、ゆっくり下や横を歩きたい。そう思うひとがたくさんなのだろうなあ、と。

 そんなこんなで、今日はどこの名残の桜を楽しめるかな。
 おはようございます。

2022年4月14日 (木)

ゴリラ公園の夜

832a3904

 今年も、夜のゴリラ公園をのぞいてきました。
 みんながブルーシート敷いて宴会しているわけではなく、あっちこっちに一人か二人、桜に囲まれた一人の静かな時間を楽しんでいる、この感じは素敵だなあといつも思います。

 さて、今日の雨で今年の桜も終わりへと向かうのかな。昨日は打ってかわっての寒さで体が驚いています。
 でも、気温を見ると、ほんの少し前なら「今日はあったかいねえ」というような数字。人間って、いろんなものにどんどんと慣れていくものなんですねえ。

 そんなこんなで、午後からもあったかくしてお過ごしください。

より以前の記事一覧