2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

こんな写真を撮っています

2018年4月20日 (金)

季節感

P_20180420_121256_vhdr_on_1

 ウチの職場ではあんまりないことなんですが、同僚と一緒にお昼を食べてきました。
 中庭の坪池に金魚がはいってはじめての、泉家さん。ひょうたんの器の中、ついてくるサラダの蓋をあけると、こごめがあしらってありました。
 家ではけっこう食べてるけど、定番献立の中にはいってくると「あ、はいってる」とうれしくなる。あちこちの定食モノの小鉢なんかでも、そのうちゼンマイの煮たのが入ってきたり、ワラビのあえものが入ってきたりする。その3つの山菜の移り変わりが、春のグラデーションだったりもするわけで、一斉に爆速で駆け抜けていった今年の春にも、しっかりこのグラデーションはあるのだなあ。そんなことをあらためて思うお昼なのです。

 ちょっと昼寝したい午後、だなあ(笑)。

2018年4月15日 (日)

タイヤ交換

832a0689_1

 午前中「そろそろやっておかなきゃ」で家の車のタイヤを2台交換。1台分はもう雪タイヤが来シーズン使えそうにない減り方でちょっとしょんぼりしながらも、夏タイヤがちゃんと目が残っていてほっとしました。
 あと一台はちょっと特殊なボルト・ナットなので、明日車やさんに持ち込んでお願い予定。

 桜も見送って、タイヤも換えて。あちこちでの春祭りも終わり、これであちこちで田植えが終わると、もう初夏の頃、ですねえ。

 そんなこんなで、思い出のように、数日前の姫川沿いの一本桜を、一枚。
 そろそろ週末もおしまい。新しい週、またがんばらなきゃ。

 では、みなさん、おいしい晩酌だの夕ゴハンだのを。

2018年3月26日 (月)

庭にも春の味

P3250001

 ずいぶん昔に家族の誰かが山からとってきたものを庭のはしっこに埋けておいたあさつき。ことしも芽を吹きはじめました。
 近所のおそば屋さんでは、暑くなる頃から薬味としてもう少し大きくなった玉を干したものが付いたりするところもありますが、僕が好きなのはこれくらいの、少しだけ辛くて、すこしだけ青臭い感じのするヤツ。いい酒の友なのです。
 これもまた、春の味、だよなあ。

 そんなこんなで、今日はいい天気の月曜日。
 おはようございます。

2018年3月20日 (火)

そろそろおつかれ

832a9954

 ご近所に待機していた除雪車は、先日まで大小あわせて3台ならんでいたのが1台に。そして先日はタイヤに巻いてあったチェーンが取り外されていました。
 たぶん、撤収は年度末にあわせてなのだろうと思うけれど、もう実質的にはシーズン終了なのだろうな。今週半ばには「寒の戻り」なんて話しもありますが、ちらついてきれい・・・程度でもう積もることはない。そんな雪なのだろうと思います。

 ここ数年思うことなのだけれど、もし冬休みに自由研究があったら、どれくらいあちこちに除雪車が待機しているかの地図と作ると、あらためて驚くんじゃないかなあ。備えがなければ対応できない。まさにその典型例なのじゃないかと。

 そんなこんなで、明日は春分の日。季節でも、中間点を越える日がやってきます。

 おはようございます。

2018年3月19日 (月)

今年は、はやい

832a9957

 日本有数の「低地・海岸近接地」な水芭蕉群生地、須沢生コンの脇のあたりを昨日のぞいてきました。
 「もう咲いてるよ」という話しをちらほら聞いていたのだけれど、いくらなんでもまだはやいだろうと思っていました。例年、3月最終週くらいが最盛期。今頃ぼちぼちと咲き始める頃ではあるけれど、今年は雪も多かったしな・・・と思って行ってみると、ちゃんと咲いてる。日陰などにも雪もなく、かえって例年よりはやいくらい。そういえば、今月にはいってからは暖かい日も多かったし、時に汗ばんだりもしていたものなあ。冬がキツかった分、やってきた春の振れ幅も大きい。まさに「温暖化とはダイナミックレンジが広がること」を地で行く感じの今年の冬から春への切り替わり。

 んで。

 夕方、あちこちの山歩きを精力的にされているご近所の方とお話していたら「今年は8日に見に行ったらもう咲いてたよ」とのこと。ほんとに今年は、はやかったんですねえ。
 まだまだピークは先のようで、結局最盛期はいつもとおなじく来週くらいになりそうですが、ちゃんと春は埋め合わせしてるんだなあと、そんなことを思ったワタクシなのです。

 うってかわって今日は冷たい雨の朝ではありますが、元気だして、おはようございます。

2018年3月 8日 (木)

氷山崩落

P_20180307_155606_vhdr_auto

 だなあと思う、そんな風景。
 「ここより先は水の上だから注意してね」という、雪の山の途中の三角コーン。そして、先の方はごぼっと大きなカタマリで崩落。

 実は、今日ひさしぶりに雪の上でスタックしてしまいました。狭い駐車場の一部が雪が残っていて誰も止めてないので「あそこに止めよう」と思ったら、出るのに思ったよりずっと手間取ったりもして、あちらこちらで雪とのやりとりのしんがり戦が行われているんだなあ、と。

 昼からまた、ものすごく風が強くなってきました。なにか飛んできたりしたら大変。
 お気をつけてお過ごしください。

2018年3月 7日 (水)

桜を待つ

832a0362_1

 朝、ちょっと前に録音したままになっていたラジオドラマを車の中で聴いていたら「春は待ってても来ない。自分で引き寄せるものだ。」というセリフが出てきました。
 そのあと、一ヶ月後には大量の屋台が並んでみんなが夜桜を愛でる高田公園を通りかかったら、あちらこちらで雪をムリヤリ消す重機が作業中。
 まさに「そのままではなかなか来ない春を引き寄せる」作業をあちこちでしている日、なのでした。

 見れば枝のつぼみもちょっと膨らんできて、あとひと月もしないうちに咲くんだなあという風情。そういえば、昨日の卒業式も、校長室に飾られていた桜の枝には、もう花が咲いていたなあ。

 もう冬は終わり。すこしずつ待つ春も、だんだんと姿が見えてきました。
 こういう季節は、いいなあ。鼻はすこしムズムズするけど。

 そんなこんなで、みなさん、おいしいお昼を。

2018年3月 3日 (土)

ひまなつり

P1019870

 というわけで、今日は手巻き寿司。
 昼間、高校入試のリハーサル問題をやっていた娘も、夕方にはリラックスしてほおばってました。そして、僕は先日発売になった、月不見の池のサビ猫ロック 赤サビを。たかね錦って、ついこの間まで知らなかったお米だなあ。

 今日は一日青空。
 ほんとに雪も減りました。そして、Facebookのタイムラインには、雪国に暮らすいろんなひとたちが撮る、青空の写真が並びます。みんな、空が青いと、それだけでうれしいんだねえ。

 そんなわけで、みなさんもおいしい夕ゴハンとか晩酌とかを。

2018年1月12日 (金)

鏡開き

P1119679

 久しぶりの大雪。みるみるうちにつもっていくこの感じは久しぶりなのだけれど、Facebookのタイムラインも雪の写真ばかりなので、あまのじゃくなワタクシは昨晩いただいたおもちの写真を載せたいと思います。

 うちの鏡餅はうちでついた餅をうちでまるめたもの。
 ちゃんと松があけるころにはひび割れしてきたりするのですが、それを水につけてレンジでチンしてのし餅にします。昔だったら、割って干してかきもちやあられなんてのもやったのだけれど、だんだんそういうことはしなくなりました。

 んで。

 昔はウチのあたりでは「鏡開きのお持ちでお汁粉をつくっていただくと風邪を引かない」なんて話しは、あまりしてなかったような気がするのだけれど、なにはともあれ「病は気から」。ひとんちの習慣でも、楽しそうな風習はしっかりもらってやっちゃおうということで、昨日は帰ってきてからこんなのをいただいてました。
 草餅は鏡餅を伸したものではなく、年末について最初からのし餅にしておいたものだけれど、あんことヨモギは相性いいしね(笑)。

 さてさて、今日の雪は、糸魚川では朝起きた時点ではそれほどでもなく、ひとが動き始めてから本格的に降ったことから、あちこちの駐車場などの除雪が間に合ってなかったり、大変なようです。

 雪の壁や山でまわりが見えないと、びっくりするようなこともありますし、みなさんくれぐれもご注意を。

2018年1月11日 (木)

「らしい」雪が降る

832a0102_1

 ばちんばちんと堅いツブが時折襲うように降ることはときどきあっても、ごっそりと貯まるような降り方はなかなかしなかった今年の冬。
 でも、昨晩の雪はひさしぶりの「らしい」雪でした。ちょっとツブの大きなしめった、まるで紙吹雪の様にひらたい感じの雪。
 明けて今朝になってみると、僕が住む海岸部はそれほどつもってはいなかったものの、北陸新幹線が40分も遅れたりと、それなりに影響はあったようです。
 そういえば、金沢では電波塔に落雷火災があってテレビがずいぶん映らないままだとか。北陸新幹線も、上越妙高始発のはちゃんと出て行ったようだし、石川・富山のほうがこちらより雪は酷いのかなあ。

 そんなわけで、外はしろいものが今も舞っていますが、氷雨降る昨日よりはなんだか寒くない感じがするから不思議なものです。

 おはようございます。

より以前の記事一覧