2021年3月23日 (火)

ぼちぼちと

832a4152

 須沢の「低山植物」水芭蕉群生地で、ぼちぼちと白いちいさな花がひらきはじめましたよ。
 今年は雪解け水も少なくて、なんだかちょっと乾いている感じもするけれど。
 イノシシたちが踏み入らないように・・・の電気柵もいつのまにか設置して頂いてありました。

 このあとは、桜だな。

2021年3月18日 (木)

ふきのとう

832a4112

 今年は、おもったほど雪のカタマリの溶け際のふきのとうを見ない気がするのだけれど、そろそろあちこちからいただいたりすることも出てきて、ウチの冷蔵庫にもふきみそが常備されるようになってきました。
 もう平地では雪はみかけなくなった糸魚川だけれど、ちょっと谷に入るとまだまだ雪はあって、溶けているところといえば木があったり、水が流れていたりする場所だったりするわけです。
 そして、そういうところを見てみると、ちゃんとこういうものが生えているんだな。

 このステップは、花が梅から桜へと移りゆくように、山もこごめ、ぜんまい、ワラビと進んでいくんだろうな、と。
 今日は昨日とはうってかわって、だいぶあたたかくなりそうです。

 おはようございます。

2021年3月17日 (水)

本日撮影

832a4095

 水曜日は定休日な権現荘から眺めるシャルマン火打スキー場の看板。
 そうか、今シーズン12/18オープン予定なのか(笑)。

 今年は、初日にちゃんとオープンできたありがたい年。確か、とってもいい天気でした。
 オープンしちゃえばもう「いつオープン予定だったか」なんて、どうでもいいことなんだろうな。でも、「○日まで営業予定」になってたほうが、きっといいだろうにね。
 ウェブサイトを見ると、まだ積雪量は3m越え。今年は5月連休まで営業してるのかな。
 ただ、積雪情報の欄に「登山で入山するひとは届をだして。下山したら声かけて」と書いてあるあたり、もう春なのだなあと、そんなところにも春探しを思わずしてしまいました。

 今日もおつかれさまでした。

2021年3月 7日 (日)

春を呼ぶ根性

P_20210307_111421

 山道をうろうろしているときには、雪の溶け際を「ふきのとうないかな」とちょっと注意してみています。でも、なかなかないなあと思っていたら、糸魚川駅のすぐ近くで、アスファルトを割ってしっかり出ていました。アスファルト、かえってあったかいのかな。でも、割れ目からって、すごいなあ。

 今日は、おうちでバル街の日。午前中の仕事を終えて、このあと駅の反対側のヒスイ王国館でいろいろ買い込んでのなかなか優雅なお昼でした。
 重寿司さんの巻き寿司、Mana'Oのおつまみ、大瀬の甘エビカレー、多喜の生ハムサンド、つきとくの点心、くろひめの翡翠バーガー...。
 次が楽しみです。でも、できれば次は、お店のハシゴで。

 スタッフのみなさん、おつかれさまでした。

2021年3月 5日 (金)

へ[りる]つぶ

P_20210304_185317

 まるで、英語の発音記号  [æ] みたいなもので、当地でのあさつきの呼び方「へりつぶ」は、るが「る」と「り」の間。普通の「っ」よりもっとちいさい「っ」がはいった撥音。こう考えると日本語のひらがなってのは、東京方言しか表記できないんだなあと思ったりもします。

 さて。

 山からとってきて庭に埋けておいたへるっつぶが、今年もすこしずつ食べられるようになってきました。
 玉になってからの強烈に辛いヤツもいいのだけれど、僕が一番好きなのはこれくらい。味噌をつけて食べると、なんだか胃がきれいになる気がします。

 これもまた、春のたのしみのひとつ。今日も、春をひとつ探して。
 おつかれさまでした。

2021年3月 4日 (木)

春探しの日々

832a3812

 今年は大雪だった。そんな印象があるのだけれど、考えてみれば1月のアタマにドカンときて、その後も何度かあったけれど、一方で消えるのもはやく、3月初めの時点であちこちの路肩や駐車場脇の雪もずいぶんなくなって、今となっては春ははやめの訪れという感じもします。
 そんなこんなで、数年に一度おもいたってはやい時期にいってみる須沢の水芭蕉群生地。今年はもう途中の道にも現地にも雪はなく、ちゃんと葉っぱが出始めています。いつも、3月最終週くらいに見頃だけれど、今年はいつ頃だろう。
 楽しみに、一週間に一度くらいは通りかかろうと思います。

 さあさあ、今日も、はるさがし(笑)。

2021年3月 1日 (月)

残りの雪

832a3806

 いよいよ3月。
 近所のパターゴルフ場では、除雪のときに積み上げられていた場所に残っていたものが多少残っていたのだけれど、それもずいぶん減りました。残った雪がどんどんと黒くなる3月。なんだか、目もしょぼしょぼして、花粉も飛び始めた感じ。それも含めて、春なのだなあ、とムリヤリ思い込む、そんな季節がやってきました。これからは、日々春の兆しを探しては「だからもう、春なんだよ」と思い込む。そんな日々がはじまります。
 さあ、桜が咲く1ヶ月後まで。

2021年2月28日 (日)

さあ、明日から!

P_20210228_142313

 ひさしぶりにまじまじと、マリンドリーム能生のカニ小屋の前に立ってみました。
 禁漁期最終日、2/28。開いているお店は一店だけ。店頭では食べられず、発送のみです。
 この並びの一番左、カニゴハンやあつあつのカニクリームコロッケを売るお店、こばんざめは大盛況。みんな、カニ食べたいんだねえ。

 というわけで、禁漁期は今日でおしまい。
 明日、3/1からはベニズワイカニ漁がはじまるはずです。天気はよさそう。あとは風がひどくならなければ・・・。
 まだまだ雪は降るだろうけれど、それでも「3月になる」とずっと気持ちが春よりになります。
 なんだか、たのしみだなあ。

 そんなこんなで、今日もお疲れ様でした。

2021年2月22日 (月)

溶けたねえ

832a3761

 金曜夜に出て、今日の夕方糸魚川に戻ってきました。
 あまりにあったかいのにびっくり。そして、あんまりにも雪が消えていたことにもびっくり。わずか2日ほどのことなのに。
 あちこちの雪山はずいぶん小さくなり、路肩にはりついていたカベもほとんど消滅。
 このまま「もう春にします」と言われても違和感のない風景。なのに、今晩からまた、寒くなるんだそうで。

 なかなか簡単には、春、こないねえ。
 でも、今週がおわればもう3月。雪の季節は、だんだんと終わってきているのだなと、降っていないときの溶け方の勢いに、あらためて思うのです。
 今日もおつかれさまでした。

2020年12月20日 (日)

そろそろシーズンオフ

832a3057_20201220114601

 青海小学校区のあちこちで、こんなふうに「クマはこんなイキモノ。注意してね」という注意喚起ポスターを見かけます。
 青小の5年生が授業で作ったもののようで、朝読書にいったときには校内にたくさん掲示してあったけれど、最近はまちにも登場。きっと、CSとか、学校と地域の連携のひとつの形なんだろうなあ。

 市内の「安心メール」のクマ注意喚起情報は、11/23が最後のようです。
 春先まで、このままおとなしく。イノシシとかも、ぜひ(笑)。

より以前の記事一覧