2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こんな写真を撮っています

2017年5月19日 (金)

夏への扉

832a2125_1

 まだ梅雨前だし、夏はけっこう先なのだけれど、今のからっとした空気と、強い光線。そして青いゾラや通り抜けていく風には、なんだか夏の雰囲気を感じてしまいます。
 もうもっさもっさに茂った桜の下、日陰をすうっと走り抜けていくチャリの高校生。

 こういう季節は、ほんと気持ちがいいなあ。

 そんなこんなでそろそろお昼です。みなさんおいしいお昼ゴハンを~。

2017年5月 8日 (月)

若葉の季節

832a1551

 姫川港の、魚市場の前の書き割りのような木にも、若葉がずいぶんと茂ってきました。真ん中の太いほうはもう少しあと。でも、まわりのほうはだいぶ緑が進んできています。
 いくつもの種類がからまりあっての「カキワリの大木」。今年も一年通して、楽しみたいなあ。

 そして、ずいぶんと風はつよいですが青空の下、GW明けの週がはじまりました。

 おはようございます。

2017年4月29日 (土)

雪量遠近法

P4281203

 以前、遠くに行くほど霞む夕景の写真を「空気遠近法」なんて嘯いて載せたことがありましたが、そういう感覚で眺めると、ここんとこの山の雪の量はまさに「雪量遠近法」な感じ。
 冬の間は全部まっしろだった山も、ここいらの里山はもう若葉の色で一杯。ほどよく遠くのはだいぶ雪が消えてきて、そのまた向こうはまだけっこう白い。
 姫川橋の上から稜線を眺めながら「あ、あっちのほうが遠くて高いのか」などと思ったりしながら、自転車移動を楽しめる季節になりました。

 あちこちの田んぼは今は水鏡。
 GWは田植えの季節でもあるし、どんどん季節はめぐっていくなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年4月22日 (土)

山菜カレンダー

P_20170421_121005

 田舎町では山菜は、上品に小鉢でいただくものではなく、どんとでっかい皿や鉢に山盛りにしてたべるもの。季節のはじめはまずこごめ(コゴミ)ではじまって、だんだんゼンマイ、ワラビとこの「3大スター」が移り変わって初夏へと繋がっていくのが、この時期の山菜カレンダー。
 もちろん、ほかにもいろんなブツがあるのだけれど、量的にはこの3つが飛び抜けてる感じがします。

 そんなわけで、いただきもののこごめをお浸しにしたりわさびマヨでたべたりしているうちに、近所でゼンマイをたっぷりむしろに広げて干しているお宅も、ぼちぼち出てきました。

 桜も散ったし、だんだん山菜の季節も進んでいくなあ。ああ、ヨシナの炒め煮とか漬け物も、たべたい。でも、山菜ものはみんなゴハンが進んでしまうので、体を絞る必要がある身としては、なかなかツラいところもあります(笑)。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年4月 5日 (水)

コイツ、誰だ

P4049990_1

 そろそろ、作業のはやいひとの田んぼはトラクターが入って掘り起こされ始めました。
 今年は海岸近くは雪が少なかったから、身が入っているように見えるしっかり実った蘖があったりもして、なんだか雪が降る前みたいに見える田んぼもありますが、すこしずつあちこちで準備がはじまっているようです。

 んで。

 通勤途中の道ばたの田んぼなのだけれど、ひとの足跡じゃないようだし、この足跡、なんの動物だろう。まさか、こんな海の近くでイノシシなんてのは出ないし、犬がはいって遊んであそんでたのかなあ。

 散歩の頻度もふえてきて、あっちこっちで鳥だの動物だのの足跡をみつけて遊んでます。そして週末は地域の春祭り。サクラも今日あたりから咲き出しそうです(とここ数日毎日言ってますが、なかなかヤツらも渋いなあ(笑))。

 おはようございます。

2017年3月24日 (金)

まさか降るとは

832a0578

 予報では、確かに言ってた。朝車に乗った瞬間「ホワイトアウトのおそれがあります」とナビにも言われた。でもまあ、糸魚川も広いし、山の方だけなんだろうなと思っていたら、家人を駅に送っていく途中、ちゃんとぱらぱらと来ましたよ、雪っぽいやつが。ほんの少しだけだったけれど。

 そして、山を見ると、近くのもうすっかり雪がなくなっていたところに、ほんのりと、雪。
 「ああ、高いとこだけだな」とか「雪雲はこっちからの風を吹かせてたんだな」とかそんなことがよくわかる、一部限定グラデーションな雪。まさに「なんとか最後の力で少しだけ」って、感じだなあ(笑)。

 日差しがさしてきて、なんだかあったかくなってきました。
 週末はいい天気だそうだし、今日もがんばらなきゃ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年3月21日 (火)

美山散歩

832a0527_1

 昨日は、美山の陸上競技場でサッカーフェス。元日本代表の山口素弘さんを迎えてのイベントに、最近はじめたばかりの下の子と参加してきました。
 いつまでも親べったりじゃなく、ちゃんと仲間の子たちやコーチとやりとりできなきゃいかんということもあって、遠巻きに眺めながら「へー」と思う時間。憧れること、憧れたひとの話を聞くということ。いい経験ができたようです。スタッフのみなさん、誘ってくれたみなさん、どうもありがとうございました。

 というわけで、途中で会場を抜け出して、美山界隈を散歩。わき水や住居跡のあたりも含め、ひあたりのいい場所ではもう雪はなし。あらためて「もう春なんだなあ」と思ったり。
 あちこちにいっぱい咲いていたふきのとうの花を撮るひとも、多かったなあ。

 とおもえば、うってかわって今日はちょっと冷たい雨の日。家人の勤務先では雪の予報も出ているようですが、みなさんあったかくしてお過ごしくだし。

 おはようございます。

2017年3月16日 (木)

たけのこまだかな

832a0025

 そういえば、もう少し季節が進むと、田海ヶ池のあたりとか、あちらこちらでタケノコを見かけるようになります。で、タケノコはあっという間に竹になっちゃうので、毎日ウォーキングしていると、「え、こんなに伸びたの?」ってびっくりすることも。
 日曜日の芝居「どこにいたとて」では、田海ヶ池にどことなくイメージが重なる、トンボの宝庫の「おうみがいけ」が登場します。そのうち、僕もあのあたり散歩しないと。もうさすがに、雪は、ないよねえ(笑)。

 今日は、そんなわけで青海駅前の竹のからかいモニュメントと、その先の竹の写真を一枚。
 芝居の写真は、きらら青海に少し貼ってありますので、興味のある方は、ぜひ。

 おはようございます。

2017年3月 4日 (土)

暮れたあと

832a9487

 雪が多かろうが少なかろうが、季節が進めば次第に夜がやってくるのは遅くなります。
 ただ、夕暮れ時がおだやかかどうかは、別問題。
 こんなふうにきれいなソラのグラデーションがあって、おだやかに静かに暮れていくのは、まごうことなき春の兆しなのです。

 そして、今日もなんだか、いい天気だなあ。ちょっと風は強いけれど。
 花粉が飛んでて涙が出てくるんだから、冬がおわらなきゃモトが取れないってもんです(笑)。

 そんなわけで、昨晩は夕陽がじゅっと沈む写真も撮ったけれど、ここには沈んだ跡のふうわりとしたソラを載せておくことにします。これが楽しめる季節に、だんだんなってきた、ということで。

 おはようございます。

2017年3月 3日 (金)

ことしもへ[りる]つぶ

832a9448

 糸魚川の方のひととはなしていると「り」の音がつよい「へりつぶ」と言うことが多く、僕のまわりでは「る」の音が強い「へるつぶ」っぽい音で言うことが多い、あさつき。なんだか、英語の発音記号のæみたいな感じで[りる]なんだろうなと思ったりしています。日本語も、無理矢理標準語の表記にあてはめると書けない音って、実は方言ではたくさんあるんじゃないかなあ。

 というわけで、去年のFacebookのタイムラインによると、ウチの庭のあさつきは今年より数日はやかったようです。それを見て「あるかな」と思って探してみたらあったのが、これ。さっそくぬる燗といっしょに昨晩のおともになりました。
 お酒は、雪鶴の純米。「お燗が美味しい」と肩に書いてあるのが、いいなあ。この季節は、お燗。なんだかじわっときて、いいです。

 そんなこんなで今日も寒い朝になりましたが、あったかくしてお過ごしください。
 おはようございます。

より以前の記事一覧