2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

こんな写真を撮っています

2018年3月17日 (土)

空飛ぶ船

832a9945

 みたいだなあと思う、夕暮れ、砂浜においてある小さな船。
 港には置かずに砂浜にこうやっておいてあって、使うときには昔は田植え機とかだったクルマに海岸までひいていってもらう船が、田海川や青海川の河口近くには何艘もあります。
 小舟を見上げることってあんまりないと思うのだけれど、このあたりで散歩しているひとには、いつもの風景なのだろうなあ。

 さて。

 昨晩、クルマで出張先から帰ってきました。週末の夕方の都内はこんなに混むのか、とか、この季節になっても山の中では零下になったり雪がちらついたりするのか、とか。日本は広いなあとあらためて思った移動。クルマの運転がだんだんとしんどくなってきて、長距離走ると楽しい・・・より疲れるようになって久しいのだけれど、それでもなかなか楽しい移動でした。
 アクアラインがETC割引だと800円になるというのもびっくりだったし(笑)。

 そんなこんなで、おはようございます。

2018年2月 2日 (金)

十六夜月

832a0245

 先日の皆既月蝕になった満月は、「スーパーブルーブラッドムーン」という、なんだか一番大きなスターマインの名前か、戦隊モノの最後の大技みたいな名前がついてましたが、当地では残念ながら悪天候で見られませんでした。
 でも、前日の、そして翌日となる昨晩も、この季節にしてはめずらしくちゃんと月が見えるソラ。

 一六日目の月にいざよいなんて呼び名をつけた昔のひとも、満月が愛でられなくても翌日の月を楽しむなんて風流でつけたりしたのかなあ。そんなことを想像しながら、駐車場のはしに積み上げられた雪の大きな山の向こうの月を撮ってみました。

 今朝の首都圏の雪は、どうだったのかな。
 そんなこんなで、おはようございます。

2017年12月18日 (月)

青空は、うれしい

832a9660

 中3の上の子は、ちょうど今、理科で天文絡みの単元をやっているようです。
 ついこの間にもふたご座流星群の極大日があったり、月が一番おおきく見える日があったり、いろんな惑星と月のランデブーがあったりと、ここしばらくは天文イベントのちょっとおおい時期。だけど、みえないんだよなあ。
 理科の先生も「この時期にこの単元があるのは、太平洋側の連中の考えだ」とか言ってたとか(笑)。

 そんなわけで、青空が広がると、それだけでなんだかトクした気分になるような時期に、だんだんとなってきました。
 今朝も、近所の大きなドーム屋根の上の影をみながら、なんだかきれいだなあ、と。

 一週間のはじめにきれいな雪と青空というのは、なんだかいいですね。
 おはようございます。

2017年10月11日 (水)

歩く

832a0610

 考えてみれば、今年は夏のあいだじゅうずっとふくらはぎを固定していたこともあって、ここ数ヶ月朝はやおきして歩いたりはしていませんでした。
 それが、コドモの「チャレンジウォーク」前にちょっと早歩きを毎朝やるか…なんて話が出てきたので、今日はそれに載っかってウォーキング。

 近所の山の上から太陽が昇ってくるのは、今日は6:09。ずいぶんと遅くなりました。その分、明ける前の斜光の、青空の上で朱紫っぽく立体になる雲を、それほどはやおきしなくても眺めていられるようになったんだなあと、あらためて思ったり。

 晴れた朝ってのは、気持ちがいいもんですね。
 そんなこんなで、そろそろお昼。みなさん、おいしいお昼を。

2017年10月 5日 (木)

立体感

832a0050_1

 確かに夏のとてつもなく背の高い入道雲とかにも立体感は感じるのだけれど、秋の朝や夕暮れ、低い陽光に照らされる雲の立体感は、またちょっとちがう感じ。ここしばらく、朝も夕方も「ああ、雲がきれいだなあ」と感じることが多くなってきました。

 それにしても、夕暮れがはやくなりましたね。仕事を終えてからだと、夕陽にはまにあわない。なので、仕事の移動中にちょこっと撮った一枚。新幹線が東京方面へと、静かに滑り出していきました。

 さて、そろそろお昼。みなさんおいしいお昼ゴハンを。

2017年9月 6日 (水)

夜の青空

832a8176

 雨降りの一日。でも、夜かえってくると曇り空に大きな月がでていて、てらされた夜空はほんのりと青空のニュアンス。長い時間シャッターを開いて撮るときっと青空になる空だな。そんなことを思いながら。

 しかし、一日が、はやいなあ。
 それでは、もちょっとはたらこう。
 おやすみなさい。

2017年8月29日 (火)

Jアラートの朝

Osanaiko_01_2

 スマホが突然イヤな音をたてて、あわてて飛び起きました。
 Jアラート。訓練の文字がなく、ミサイルが発射されたから、丈夫な建物や地下などに避難するようにというもの。すぐNHKをつけると黒と赤のショッキングな配色の表示とともにおなじ内容を繰り返し読んでいる状態で、朝からイヤな汗をかきました。

 結局(いまのところは)被害はないようで、家人が通勤で乗る新幹線も10分ほどの遅れで無事糸魚川駅を出たとのこと。なんだか「強烈な避難訓練」に朝から遭遇したような気分です。

 んで。

 こんなことが日常になるようだと、イヤだなあ。そう思う一方、ニュースで語られる反応が「きちんと外交ルートで~」で、反撃しようとか、積極的に打ち落とすとか、そういう話ではないことにも一安心。まあ、当たり前なのだけれど、戦争というのは「やるぞやるぞ」と脅しをかけたりかけられたりしているうちが一番効果があるもので、実際にやることになってしまうと困ることのほうが多い。だから「備えあれば憂いなし」で「備え、無駄でよかったねえ」がいちばんいい。でも「備えあれば憂いあり」みたいな考え方は、薄ら寒い。

 そんなことをいろいろ考えながらの、今朝の青空。その後だんだん曇ってきましたが、今日は雨は降らないのかな。

 晴れたね、降ったね。今日は暑かったね。寒くて困ったよ。
 そういうことをのんびり話すことができる日々が、いちばんいい日々なのだろうなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年8月19日 (土)

きれいだなあ

832a5809

 昨日は、オデュッセイア外伝「未来へつなぐために」の稽古に、はじめて顔を出してきました。
 懐かしい顔がたくさん並び、みんなが楽しそう。稽古序盤は、笑顔が多いんだよなあ。それがだんだん研ぎ澄まされていく感じ。その変化を眺めるのが、楽しい。僕はキャストでもスタッフでもなく、12月までの「傍観者」なのですが、たのしみに眺めていきたいと思います。

 んで。

 市民会館を出たら、目の前にはきれいな青空。
 ああ、きれいだなあと言葉が出る青空、なんだかうれしいんだよなあ。

 さて、今日は一年に一度だけカニを食べに来る客人と一杯。雨模様でも、その「日々の行いがよくない」客人が来ると、なぜか晴れる。神様は不公平だなあ(笑).。

 というわけで、そろそろお昼。みなさん、おいしいお昼ゴハンを。

2017年8月17日 (木)

青空は、ごちそう

P_20170817_092313

 冬の日本海側はいつも鉛色。だから、青空が広がるだけで妙にイイコトがありそうな気がするものなのだけれど、夏にこんな気分になるんだものなあ。
 ぐずついた日が一ヶ月も続く関東あたりにくらべれば、ときどきちょこちょこは晴れているのだけれど、もうお盆休み明けとともに「夏も終わったな」って風が吹く糸魚川。その切り替えは、シゴトにはいいことなんだけどね(笑)。

 去年すぐ近くにできた海岸近くのキャンプサイトも、今朝テントがはってあるのは1/3くらい。数日前に比べて、ずいぶんひとも減ってきました。

 だんだんと、通常運転。そろそろと、秋に向かっていきますかね。
 おはようございます。

2017年7月 7日 (金)

青空

P_20170707_090823_vhdr_auto

 今朝は、パンクしちゃった家族の自転車を押して出勤前にご近所の自転車さんに。
 ちょうど午前中臨時休業でおでかけ予定だったとのことで、なにも書かずにただ名前だけ言って自転車を預けてきました。こういうのは田舎町のラクチンなところ。ありがたやありがたや。

 その帰り道、国道沿いを歩きながら見上げるソラは、真っ青。
 まだまだ九州の雨はいろいろ大変そうで、ウチのあたりも梅雨明けしたわけではなく、来週には雨が戻ってきてしまうらしいのだけれど、それでも、今日はこの抜けるような青空を楽しみたいと思います。

 その分、とても暑いから、みなさんくれぐれもきちんと補水を。

 おはようございます。

より以前の記事一覧