2020年9月27日 (日)

そらのいろ

832a0604_20200930094501

 カラっとはれた日よりは、雨が降ったり一荒れした日のほうが夕方はきれいなことが多い気がします。
 雲に立体感があると、天体ってのは3Dショーなのだなあと思う。

 今日は一日外だったので、濡れたり風に吹かれたりだったけれど、なんだか楽しいいちにちだったなあ。
 また週明け、がんばりましょう。
 おやすみなさい。

2020年9月11日 (金)

ごはんのじかん

P_20200912_174158

 雨さえ降らなければ、ここでこんな時間帯に、一本ぷしゅっとあけて、軽く食事なんていいだろうなあ。
 そうはいっても、朝晩はだいぶん涼しくなりました。

 長年大事に使ってきた E-P3 がこの一枚前の写真を撮ったあと起動しなくなり、そのあとの散歩ではスマートフォンで。
 直るといいんだけどなあ。

 というわけで、今日はけっこうにひどい夕立でした。
 雨に遭った方、おきのどくさま。ちょっと時間がずれて遭わなかった方、よかったね。

 行き先をかえて実施することになった、小学生のコドモの修学旅行説明会のあった夜。
 いろいろ面倒な問題が多い時期に、あえて「いろんなひとの仕事をみせてもらいにいく」プランを組んでくれた先生方、受け入れてくれた職場のみなさまがたに、本当に感謝しています。

2020年9月 7日 (月)

P9070058

 バックミラーの中に、虹。
 しかも、よくみると二重。

 「台風一過」な青空ではないけれど、なんだか、いいなあ。
 なんだかあちこち工事中の信号待ちにて。

 今日もおつかれさまでした。

2020年8月28日 (金)

立体感

832a9965

 黒い雲の向こうに、朱色に染まる雲。ソラはずいぶんと分厚い空気の層で、いろんな重なり方をしながら見えているのだなあとつくづく思います。

 記憶に残る驚くことがあった日。
 いろいろ思うことはみなさんあるのだろうけれど、何年もの間病気を抱えて必死に働いたひとを、侮蔑するような品性下劣な人間にはなりたくないなあ。そう思う一日でした。
 仕事の内容全てをいいと褒める必要はないと思う。その仕事がどういうものであったかは、検証が必要な役回りだと思います。
 それでもなお。

 病を揶揄するというのは、人間の品性としては下劣だと思う。
 しんどい仕事を長く働いたひとには、お疲れ様と言おう。それが、人の道だよね。

 少々憤りを感じながら。
 おやすみなさい。

2020年8月 7日 (金)

夕暮れは、すこしは涼しい

832a8677

 しかし、暑いな。
 下から照らされて、立体感がきわだつ夕暮れの雲を見ながら。

 一応、土曜日からお盆休み。とはいえ、サーバー屋としてはちょびちょびとメンテナンスが入ります。
 飛び石でしっかり休もう(笑)。

2020年7月19日 (日)

青空

832a8351

 梅雨明けはもうすこし先のようですが、週のアタマには雨のはずだった週末に、青空。
 応援しにいった下級生のサッカー大会は、ずぶぬれを心配していたのに、熱中症のほうを心配しなきゃいけないような、そんな日になりました。
 青空の下、大汗かいて塩なめて、がんばって走っての好成績。
 ウチの子もすごく刺激をうけてきたようです。

 さあ、がんばれ。
 今日もおつかれさまでした。

2020年7月16日 (木)

再会

832a7565

 青空を見ると「ひさしぶりだねえ」とか言いたくなる、そんな雨の続く日々。
 青空って、うれしいなあ。
 そろそろ、梅雨もおわってくれないかなあ。

2020年6月21日 (日)

実際大差ない

832a6994

 今日の夕方は、南の方で金環食の日。僕の住む町のあたりでも、4割強欠けるはずなのだけれど、食の最大のはずの17:10頃になっても少しも暗くなりませんでした。太陽が海の向こうに沈んでしまっても、まだまだしばらく明るいくらい大量の光と熱を出している太陽だもの。ほとんど全部欠けるくらいまでいかないと、「あたりがちょっと暗くなる」なんてことはありません。
 これくらいの食分だと、昔の人なら気がつかなかったんだろうなあ。

 あらためて、今の天文理論と数学のない時代に皆既日食の日を計算しようとした江戸時代の暦の技術者のことを思うと、凄いなあと思います。「天地明察」、もう弛度読み返してみようかな。

 そんなこんなで、写真は出張先への移動途中にPAの駐車場で撮った日食。濃い色のNDフィルターなど特別なものをなにも持っていなかったので、当てずっぽうで撮ったら、葉っぱのむこうの太陽のカケが、わかるといえばわかる。そんな微妙な写真が撮れていました。

 では、またあした。おやすみなさい。

2020年6月 8日 (月)

もったいない

832a6944

 疲れていても、朝あかるくなってくるとなんとなく眠りが浅くなってきます。
 4:00過ぎに一度さめる目。もうジジィだなあ(笑)。

 トイレに寄るついでに、そこの窓から撮ってみる西の空。今頃はもうすこしすると陽がのぼってくるはず。でも、それは待たずにもう一眠り。5:20に目覚ましがなるまで。

 さて。

 今週前半は夏日真夏日の日々。後半は雨が来るものの涼しくはならない予報です。
 熱中症にならないように。
 マスクは「お題目」ではなく「無自覚感染していた場合のひとにうつさないための配慮」。だから、ほとんど気にしなくてもいい場面もあります。
 対策がおまじない化すると、「してない、ヒドイじゃないか!」という糾弾がうまれる一方、弊害も出てくる。
 暑い日々は、ある意味「なんのためにしなきゃいけないのか」をきちんと考え直すいい機会になるかもしれません。きちんと「なんのために」を考えれば、過剰も、もちろん「かたちだけ」の対策をしていることでの「不足」も、うかびあがってくるはずなので。

 おはようございます。

2020年5月11日 (月)

夏日

832a6370

 昨日まではどこか「GWの名残」がありました。
 といっても、みんながどこかへ繰り出すGWではなく「ここまで徹底自粛」のGW。いろんな自粛の要請が出ていて、あちこちのお店が閉まっていたけれど、今日あたりからけっこうあいているお店が増えている印象。
 近所の県立高校の登校日が設定されていたりもするようで(学年毎に月・火・水とか、学校ごとに電車をずらすように投稿時刻をずらしたりとか)いろいろ工夫がされているようです(そうはいっても、はやくリモート授業を準備して、次の休校に備えて欲しいという気持ちは強くあるのですが・・・)。

 そんなこんなで、夏日にもなって、ソラを見ると「ああ、五月晴れだなあ」と思う昼。
 こういう日は、気持ちいいなあ。

 さて。

 そうはいっても、多少なりともCOVID19のことは気にしてはいるのですが、いろいろな統計を見ていたら、東洋経済オンラインのものが細かな情報まで拾っていることにようやく気づきました。
 https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
 項目によっては一週間ほどの遅れがあったりするものの、たとえば「PCR検査をどれくらいやっているか」の数字の変化が掲載されていたりします。
 先日の大阪府の「3つの目標」のうちの「陽性率」が思ったより低いことも示しているように、案外と検査も件数やっているのだなという印象を持ちます。

 いろんな話をする上で、いろんな情報を持って、印象に左右されるわけではない自分の話をしたいな、とあらためて思います。
 なにせテレビでは「印象的」なデカい声がやまのように溢れているので。

 おだやかに、しずかに、きちんとソースをたどって。こういうときほど、メディアリテラシー力が問われる。そんなことを思う今日この頃なのです。

より以前の記事一覧