2021年1月26日 (火)

季節限定審美眼

832a3485-1

 そうはいっても冬の空のふつうは鉛色なので、ちゃんとソラが空いていて、昼間はちゃんと青くて、夕方だんだんとオレンジになり、暮れると星が見えたりするなんて風景は問答無用で「すごくいい景色」に見えます。
 この時期、青空の写真を撮るとどんなありきたりの写真でも「なんだかすげーいいの撮れた」とか思うようなもので、冬は審美眼的にも冬モードになっているのだなあと思います。

 残っている雪は、海岸近くでは除雪で積んだところだけになってきて、除雪されずに放置されていた細い道などもだんだんと出てきました。
 まだまだ1月。これで終わってくれないのが冬なのだけれど、それでもなんだか春に近づいている。そんな気が少しだけして、うれしい色なのです。

 まあ、あたたかくなればいつもの年のインフルエンザも減ってくるし、都市部のCOVID-19もきっと減ってくる・・・といいなあ。
 おはようございます。

2020年12月21日 (月)

一つに見える

832a3103

 日本から見えるのは約800年ぶりのレベルだという木星と土星の接近(地球から見て近い角度に集まる)。
 以前月の上に目のように並んだこともついこの間あったじゃないかと思っていたら、本当に1個の星に見えるくらい近いんですね。
 400mmのレンズをつけて撮ってみたら、かろうじて離れて見え、木星の近くにはうっすら衛星のようなものも見えました。

 この雪周りに、ちゃんとみられる時間帯があったって、すごいことだなあ。
 そんなことを思う「裏日本」の冬至なのです。

2020年12月 8日 (火)

冬になるほど

832a2991

 写真を撮っていていつも思うのは、冬に近づけば近づくほど「無条件で青空の写真はいい写真に思える」ようになること。
 それだけ、きちんと空いたソラを見る機会が、だんだんと減っていっているんだなあと思う日本海側の陽気。
 朝は、東京ローカルのニュースをradikoで聞きながら子どもを駅まで送っていくのだけれど、番組冒頭で紹介される「今日の天気」が正反対なことも増えてきました。

 それだけに、たとえば鉛色のソラに日差しが当たって鈍く金属っぽく光ったり、はたまたこんな風にあいているところから斜光がやってきて雲をいいいろに照らしたりすると、なんだかちょびっとトクした気分になる。この「晴れへの要求度の低さ」が、冬の楽しみの一つなのかもしれません。

 おやすみなさい。

2020年12月 1日 (火)

半影月食

Gesshoku20201130

 昨日は、月が地球の本影ではなく半影に入って暗くなる半影月食。
 天気も悪く、きっと見られないだろうなと思っていたら、夕方から数時間雲はあるものの月は出ている時間帯があったので、写真を撮ってみました。いずれもおなじ露出条件。雲などの影響もありますが、概ね食がおわった帰り道には月がものすごく明るく、暗いはずの空がほんのりと青く見えるくらい。
 満月は明るく、食の途中はそれなりに暗くなっていたんだなあとあらためて思う夜になりました。

 昨日はそもそも、朝東京のニュースをラジオで聴きながらこどもを駅まで送っていったところ「今日の天気はひとこと『晴れ』」の第一声で番組がはじまっていました。「表日本」は一日中晴れ、「裏日本」は雨が降ったり止んだりの雲の多い天気。こういうのもまた、冬の形なんだろうなあ。

 そんなこんなで、今日も冷たい雨の朝がはじまりました。
 おはようございます。

2020年11月18日 (水)

秋の空

P_20201119_145811

 分厚い感じの雲が出ると、なんだか冬っぽいなあと思うのだけれど、こういう刷毛で掃いたような雲が広がると、やっぱり秋なのだなあと思う。
 赤い葉っぱもだいぶ落ちて、枝だけの木もそこいらに増えてきました。

 そういえば今年は、ゆっくりと秋の写真を撮っていないなあ。
 今日もおつかれさまでした。

2020年9月27日 (日)

そらのいろ

832a0604_20200930094501

 カラっとはれた日よりは、雨が降ったり一荒れした日のほうが夕方はきれいなことが多い気がします。
 雲に立体感があると、天体ってのは3Dショーなのだなあと思う。

 今日は一日外だったので、濡れたり風に吹かれたりだったけれど、なんだか楽しいいちにちだったなあ。
 また週明け、がんばりましょう。
 おやすみなさい。

2020年9月11日 (金)

ごはんのじかん

P_20200912_174158

 雨さえ降らなければ、ここでこんな時間帯に、一本ぷしゅっとあけて、軽く食事なんていいだろうなあ。
 そうはいっても、朝晩はだいぶん涼しくなりました。

 長年大事に使ってきた E-P3 がこの一枚前の写真を撮ったあと起動しなくなり、そのあとの散歩ではスマートフォンで。
 直るといいんだけどなあ。

 というわけで、今日はけっこうにひどい夕立でした。
 雨に遭った方、おきのどくさま。ちょっと時間がずれて遭わなかった方、よかったね。

 行き先をかえて実施することになった、小学生のコドモの修学旅行説明会のあった夜。
 いろいろ面倒な問題が多い時期に、あえて「いろんなひとの仕事をみせてもらいにいく」プランを組んでくれた先生方、受け入れてくれた職場のみなさまがたに、本当に感謝しています。

2020年9月 7日 (月)

P9070058

 バックミラーの中に、虹。
 しかも、よくみると二重。

 「台風一過」な青空ではないけれど、なんだか、いいなあ。
 なんだかあちこち工事中の信号待ちにて。

 今日もおつかれさまでした。

2020年8月28日 (金)

立体感

832a9965

 黒い雲の向こうに、朱色に染まる雲。ソラはずいぶんと分厚い空気の層で、いろんな重なり方をしながら見えているのだなあとつくづく思います。

 記憶に残る驚くことがあった日。
 いろいろ思うことはみなさんあるのだろうけれど、何年もの間病気を抱えて必死に働いたひとを、侮蔑するような品性下劣な人間にはなりたくないなあ。そう思う一日でした。
 仕事の内容全てをいいと褒める必要はないと思う。その仕事がどういうものであったかは、検証が必要な役回りだと思います。
 それでもなお。

 病を揶揄するというのは、人間の品性としては下劣だと思う。
 しんどい仕事を長く働いたひとには、お疲れ様と言おう。それが、人の道だよね。

 少々憤りを感じながら。
 おやすみなさい。

2020年8月 7日 (金)

夕暮れは、すこしは涼しい

832a8677

 しかし、暑いな。
 下から照らされて、立体感がきわだつ夕暮れの雲を見ながら。

 一応、土曜日からお盆休み。とはいえ、サーバー屋としてはちょびちょびとメンテナンスが入ります。
 飛び石でしっかり休もう(笑)。

より以前の記事一覧