2021年11月29日 (月)

朝日さす

P_20211130_070744

 あったかそうな光がやってきた、朝の黒姫。
 この白いのが溶けちゃうのが先か、次が来るほうがはやいか。

 とりあえず今週は、月火くらいまではあったかそうです。

 さて。

 今年の冬至は12/22ですが、太陽が一番低い(南中高度が低い)日は12/26、日の出が一番遅いのは年が明けて1/5頃で、日没が一番遅いのは12/6頃。
 今日11/29と12/6の日没時刻の差も1分ほどなので、今がほぼ「もっとも夜がはやく訪れる」時期。
 まもなく、日が暮れるのが少しずつ遅くなっていきます。

 まだ雪が降る前なので鬼に笑われちゃうけれど、はやくあったかくならないかなあ(笑)。
 そんなこんなで、今日もお疲れ様でした。

2021年11月27日 (土)

さらに下まで

Pb270009

 今朝の黒姫は、かなり下まで白くなっていました。
 これは「一回目継続中」か、それとも「二回目」か。

 さて、今日はコドモのサッカーの試合を眺めに新潟市まで行ってきました。
 道中、路面が真っ白のところもあり、あらためて「今年は冬が早いな」と。

 県境の高速では滑り止め必須でPAでチェーンのチェックをしているところも出てきましたし、そろそろ急いでタイヤ交換ですね。

 そんなこんなで、日を開けないでの「時々黒姫」。
 今日もおつかれさまでした。

2021年11月25日 (木)

1回目

P_20211125_072451-1

 昨日の雲が晴れたら、黒姫の上がすこし白くなっていました。
 一回目。3回来たら里にも雪といわれているだけに、今年ははやそうだな。

 去年は、12月に入るとすぐにタイヤ交換して「今年は万全」とか言ってたけれど、今年は先週末にタイヤ交換するひともちらほら見かけました。まだ11月なのに。でも、温暖化ってある意味「あったかくなって蒸発する水蒸気が増える」ということでもあるので、気温が低い時期は降る雪も増えるってことだものね。

 きちんと準備しなきゃ。
 そんなこんなで、久しぶりに「おらがまちの山」の雪化粧写真。
 今日もおつかれさまでした。

2021年10月20日 (水)

ちょっとはやい

832a9826

 火打や焼山では雪の知らせ。蓮華温泉へのゲートは閉鎖。
 ならばそろそろ紅葉も?と、お昼休みにちょこっと、根知側から海谷三峡パークをのぞいてきました。
 兆しはあるけど紅葉はもうすこし先。今年は遅いなあ・・・と思っていると、きっとあっという間に赤くなって、雪が来るんだよな、きっと。
 今朝はウチのあたりでも芯のある雨がばちばちとおちてくる時間帯がありました。
 暑さが一段落ついたらもう、季節は本当に駆け足。

 そんなこんなで、おはようございます。

2021年9月23日 (木)

ヤツら大人気

P_20210921_072702

 しかも、主人公より敵役のほうが、デカい(笑)。
 八千川河口の暗渠の上にて発見。みんな、海で楽しく遊んでるんだなあ。

 ようやく県の「宣言」もおわって、そこそこみなさんが遊びに来ています。
 いまだにオートキャンプ場などでは「緊急事態宣言・まん延防止等措置地域からお越しのお客様は御遠慮ください」と書いてあるけれど、公共施設でそんなネボけたこと書いていてヘイトだと言われないのは、誰も注目していない田舎町なればこそ。もうすこし人が集まる場所だとあっという間に十字砲火にあっちゃいますよ。
 いままであれほど「交流人口」と言っていたくせに、こういうことを平気でやってしまうメンタリティは、腹が据わっていなくてとても見苦しいです。少なくとも、僕はNoです。それをちゃんと、まちに伝えたい。そう思います。

2021年8月27日 (金)

時々黒姫

832a9279-1

 グリーンシーズンの黒姫を、ひさしぶりに一枚。
 草の色も、草を照らす日差しの色も、なんだかここ数日は戻ってきた夏。
 やっぱり、30度を軽く超えていくと、暑いなあ。

 ただ、夕方陽が落ちたあとには、以前とはあきらかにちがう熱気の抜け方をするようになりました。
 そしてなにより、陽がおちるのがはやくなりました。

 二学期がはじまった連中も、さしあたり今日出たら週末。
 本気で学校行くのは来週から。すこしずつ、すこしつずつ。

 今日もお疲れさまでした。

2021年5月 8日 (土)

青葉の黒姫

P5060010-1

 旧桜ヶ丘社宅への道のあたりから望む黒姫。
 桜もずいぶん青々とたくさんの葉を持つようになりました。

 黒姫の雪もずいぶん減ってきて、雪のないところは黒ではなく緑になってきましたねえ。
 今日もおつかれさまでした。

2021年4月25日 (日)

黒姫の残雪

P_20210423_065724

 黒姫が、ずいぶん黒くなってきました。
 もうじき田植えの時期だものなあ。

 たんぽぽ綿毛がたくさんの、臨海公園多目的広場の向こうに、黒姫。
 今日はなんだか、青空で日差しがさんさんとやってきたり、暗くなって雨がきたりと、忙しい一日でしたね。

 下から見て白いところがなくなるのは、いつ頃からかな。

2021年4月 5日 (月)

桜黒姫

P_20210403_151223

 つい先日「春の黒姫」というトピックを書きました。そのときは桜の花はなかったけれど、もうしっかり咲いています。
 先週末のスマホの写真ですが、雨に濡れる今日はどんな感じになっているのかな。

 昨日今日の雨に負けてどんどん散ってしまうほどにはまだ桜の満開具合は進んでいないようで、なんとか「雨が上がったら桜も終了」にはならないで済みそうです。
 明日からがまた、楽しみ。そろそろ自転車通勤かな。

 そんなこんなで、今週もはじまりました。おはようございます。

2021年3月22日 (月)

春の黒姫

832a4145

 もうすっかり雪は消え、畑仕事しているひとが見える、そんな田海から眺める黒姫。
 ようやく上の子の受験の冬が終わりました。自分のことじゃないんだけれど、やっぱりほっとしますね。

 ヤツはこの山が見えないまちに、いくのだなあ。
 記憶の重み。それも相当に明示的な記憶ではなく、ふと視界の端っこにいつも見えていたものが見えなくなるときの寂しさと、戻ってきて再開したときのうれしさ。たぶん、僕が糸魚川駅のれんがしゃこの保存にかかわったときにいちばんこだわったのは、その部分なのだと思います。
 山は、うごかずここにある。
 たまあに戻ってきて眺めて「ああ、もどってきたなあ」と思う。
 そんな山であり続けて欲しいなあ、黒姫は。

 今日もおつかれさまでした。

より以前の記事一覧