2021年4月 5日 (月)

桜黒姫

P_20210403_151223

 つい先日「春の黒姫」というトピックを書きました。そのときは桜の花はなかったけれど、もうしっかり咲いています。
 先週末のスマホの写真ですが、雨に濡れる今日はどんな感じになっているのかな。

 昨日今日の雨に負けてどんどん散ってしまうほどにはまだ桜の満開具合は進んでいないようで、なんとか「雨が上がったら桜も終了」にはならないで済みそうです。
 明日からがまた、楽しみ。そろそろ自転車通勤かな。

 そんなこんなで、今週もはじまりました。おはようございます。

2021年3月22日 (月)

春の黒姫

832a4145

 もうすっかり雪は消え、畑仕事しているひとが見える、そんな田海から眺める黒姫。
 ようやく上の子の受験の冬が終わりました。自分のことじゃないんだけれど、やっぱりほっとしますね。

 ヤツはこの山が見えないまちに、いくのだなあ。
 記憶の重み。それも相当に明示的な記憶ではなく、ふと視界の端っこにいつも見えていたものが見えなくなるときの寂しさと、戻ってきて再開したときのうれしさ。たぶん、僕が糸魚川駅のれんがしゃこの保存にかかわったときにいちばんこだわったのは、その部分なのだと思います。
 山は、うごかずここにある。
 たまあに戻ってきて眺めて「ああ、もどってきたなあ」と思う。
 そんな山であり続けて欲しいなあ、黒姫は。

 今日もおつかれさまでした。

2021年2月21日 (日)

黒姫の眺め

832a3718

 平日の朝、NHKのBSプレミアムで放送している300名山を人力で一筆書き走破する「グレートトラバース3」という番組があります。
 金曜日の朝は、おらがまちのやま、黒姫山。
 あちこちにドリーネがぼこぼこあいている4月の雪の黒姫が画面に映し出されて「へ、今日はウチか!」と驚いてしまいました。
 日頃の生活圏がテレビにうつるのって、なんだか不思議な感覚だなあ・・・とちょっと興奮するのは、田舎の子まるだしなのですが、それにしても多くの人がおらがまちのやまのことを見てくれるというのは、うれしいもんですね。
 番組内での下界からの黒姫の眺めは、旧国道姫川橋のあたりからの眺めでした。あそこからなら、新幹線も通っていくし、確かに絵になる物なあ。

 週明け月曜日からもこのあたりの山のことが放送されるようです。興味のある方は、ぜひ。
 https://www.greattraverse.com/


2021年1月20日 (水)

山々

832a3464-1

 大寒の朝は、ほんのりとあちこちが白くなる、コナコナキロキロの寒い雪の朝。
 だいぶ真っ黒くなっていたあちこちの駐車場の雪山も、また白くなりました。汚れの隠蔽だな(笑)。

 市役所内でのCOVID-19陽性者の方の件は、その後の周辺の後追い検査で追加の陽性者ゼロだと伝えられました。
 よかったね・・・の一方で「じゃ、そのひとりはどこから?」が明らかにされなかったということにもなりました。

 でもね。

 いままでの生活の中で、季節性インフルエンザにかかったとき、あきらかに「あのときあのひとと会ったから」「あそこにいったから」が明らかにわかったことなんて、なかったんじゃないでしょうか。なんとなく学校や幼稚園などで流行ると、だんだんおなじクラスの子でかかる子は増えてくる。でも、小さい子のいない大人の家庭でも、なるひとはなっていたわけだし、そのときに「どこから」なんて、実はよくわからなかったと思うのです。

 つまり。

 気をつけていない人がかかるわけでもなければ、気をつけている人がかからないわけでもない。
 誰でも、いつでも、かかる可能性があるということ。

 だったら、かかったひとには「はやくよくなってね」に尽きる。そう思うのです。

 COVID-19も流行初めてそろそろ1年。それに対応する我々の側も、そろそろ「アップデート」しましょう。

 そんなこんなで、おはようございます。

2021年1月14日 (木)

時々黒姫

832a3411

 これだけ雪ばかりだと、白と黒とグレー以外の色を見ると問答無用で「きれいだなあ」と思うようになります。
 糸魚川駅前で、除雪で積み上げられた雪に染みこむ消雪パイプのさび色が妙にオレンジできれいに見えたり。

 そして、夕陽が見えると、やっぱりうれしいなあ、と。夕陽は「今晩は雪、たぶん降りませんよ」のお知らせでもあるわけだから。
 さしあたり日曜日までは雪の予報はなし。気温も高めなので、今日明日とどんどん片付けて、繋がった「線」を広げていかないとね。

 そんなこんなで、今日もいつもとはちがう肉体労働の方があちこちにおられるでしょうが、腰に気をつけてがんばりましょう。
 おはようございます。

2020年12月29日 (火)

雪はこれくらい

832a3170
 本日御用納め。
 掃除の最後にちょこっと所用で外出して、会社に戻ってきたら既に誰もおらず、さらに施錠された入り口を見て呆然とされている「年末パソコンなんとかしたい」方が立っておられたのでもう一度会社をあけて応対し、そうはいっても社内がワックスくさいのでかえってきて家で続きの仕事をしています(笑)。

 明日は餅つき。そして、外の雪はまあこんなくらい。
 年越しはまた大雪らしいけれど、今はグラウンドの端っこにちょこっと残る程度の雪です。
 明日明後日雪が降ると、すこしは年越し気分が出てくるかなあ。

 というわけで、ワタクシも年末年始がんばってほんのりと働きます。
 まだまだ働く方も多いでしょうし、COVID-19絡みでいつもとちがって休めないひとも多いでしょうが、みなさんがんばりましょう。

2020年12月24日 (木)

時々黒姫

832a3051

 すこし雪も緩んできて、平らなところはほとんど短いクツモード。
 でも、年末年始はまだ雪が降るようで。

 今晩は「雨は夜更け過ぎに~」になるにはちょっと気温は高いようですが、それでも冷たい雨の降る一日でした。
 おやすみなさい。
 そして、メリークリスマス。

2020年12月13日 (日)

備忘録

832a3008

 来週からは冬本番。
 道路の電光掲示看板はあちこちで雪だるまの絵や「大雪」の文字。

 なので、降る前はこれくらいだったよということで、12/13の黒姫山と平地の様子を一枚、備忘録として載せておきます。

 さて、週の真ん中水曜日あたりは、当地でも終日雪の予報。
 どんな感じになるのかな。

2020年12月10日 (木)

まだいける

832a2997-1

 今年最後の西海小の朝読書のあと、ちょっとした酔狂ですこしだけ海谷三峡パークをのぞいてきました。
 あちこちの山がだいぶ白くなった昨日朝だけれど、道はいまのところ閉鎖もなければ雪もナシ。ただ、現地にいくと日陰の展望台はうっすらと真っ白になっていました。
 そして、絶壁の地層はほどよく白いふちどり付き。ジオ的観察にはいい日だったかもしれません。

 クルマの温度計で、今シーズンはじめて「0度」も見ました。タイヤかえておいてよかった。

 そんなこんなで、久しぶりの朝の更新。
 おはようございます。

2020年11月10日 (火)

3回目

832a2439

 下界ではようやく紅葉が里へと落ちてきた程度なのに、起きてみると黒姫に雪・・・という朝がもう(おそらく)3回目になってしまいました。
 こちら側から見ると頭頂部がぽやぽやしているくらいだけれど、東側から見るとずいぶん白い部分が広がっています。

 今週は、寒いらしい。北海道や東北では初雪も・・・となると、こちらもそろそろ降ってくるのかな。
 あちこちで、タイヤ交換中の方も見かけるようになりました。

 立冬も過ぎて、そろそろヤツらはやってくるのかな。
 みなさま、ゆめゆめタイヤ交換に乗り遅れませぬよう。

より以前の記事一覧