2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こんな写真を撮っています

2017年5月25日 (木)

のびのび広場

P5242368

 今朝の一枚は、糸魚川のものではなく、出張先でのスナップ。
 通りかかると、いつも気になる場所があります。
 こんな風に、フェンスでかこまれた遊び場。

 いろんな遊具がある公園もいいけど、なにもないひろっぱもいいよね。野球したり、サッカーしたりもしたいよね。ボールが道に出て行ったりして事故がおきたりするのも困るよね。

 ・・・だから、なのだと思うのだけれど、フェンスで囲まれて、出入り口ではネットをくぐって入る遊び場なのです。

 いろんな配慮が見える。だから、僕はこれを見て「大人の勘違い」とか、そういうことは言いたくない。逆に、「こんな遊び場も、ここには作ってやるぞ」っていう気概みたいなものも感じるし。
 だけれど、どうしても「ああ、こんな檻みたいなところで、遊ぶんだなあ」って気持ちも、持ってしまう。

 あんまり車が通らない路地があること、そこそこに広い遊び場があちこちにあること。地べたが安い田舎ってのは、いいなあ。

 そんなことを思った出張中の自転車での移動なのでありました。
 今日はもう少しはやく雨があがってくれると、涼しく自転車で移動できたのに、なかなか降ったり止んだりがおさまらないなあ。。。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年5月15日 (月)

よく通ったなあ

832a1879

 昨日は、14:00からとなりまち、上越市の水族博物館の閉館式典。その前にとちょこっと水族館を覗いてきました。
 子どもたちは上も下もここが大好きで、ずいぶん通ったなあ。もう撤去されちゃった水族館を囲む空中自転車も足が届かないころからまわってたように思うし、出口付近の科学遊具が並ぶところでは水鉄砲を飽きずに何十分を撃ってたっけ。

 ここしばらくは直江津駅に水槽が登場したり「すいはく新聞」があちこちに貼り出されたりと「水族館のあるまち」を存分にアピールしてきた直江津界隈。新館オープンまで一年ほどお休みだけれど、こういう一体感が、そのまま来年以降も続くと、素敵だなあ。

 んで。

 時々となりまちをうろうろすると、「なるほどねえ」と思うことがいろいろあります。昨日発見したのは図書館での掲示。どんな本を読んだかを書いておく子ども向けの手帳の引換券が、今年の4月から母子手帳につくことになったんだとか。ブックスタートの一環として、こういうの、いいなあと思う。いろんなきっかけがあちこちに落ちてるのって、楽しいもんね。

 そんなこんなで、今日もいい天気。
 おはようございます。

2017年5月12日 (金)

流体力学

832a1755

 毎年の弁天岩の鯉のぼり。今年はなかなかのんびり眺める機会がなくて、昨日の上越仕事の戻りにちょこっと眺めてきました。
 とても強い風だった昨日。ちゃんと鯉のぼりはみんなほとんど真横に力一杯泳いでいて、そうなると、水の中を連中がするする身をくねらせて泳ぐように、ちゃんと「らしい」形になっているヤツもいっぱいいて。

 粘度はちがうものの、空気の中を泳ぐのも、水の中も、おなじ「流体の中」を泳ぐんだなあなどと、ヘンなことを考えたりしてしまいました。

 今日はだいぶあったかくて、夏日になるかもしれないような陽気ですが、こまめに水を飲んだりして、気をつけてお過ごしください。

 おはようございます。

2017年5月11日 (木)

夜の散歩

832a1592

 昨晩、ポケットに入れておいたメモリカードをうっかり洗ってしまいました。
 bluetoothのヘッドフォンは、まちがって洗うといつもダメなんだけれど、メモリカードは案外大丈夫なのはなんでなんだろう。一応洗浄・乾燥したら中身が読み込めたので、ほっとしています。
 というわけで、中に入っていたのは一昨日、子どもの習い事のあいだに街を散歩していたときのもの。夜でも、ずいぶんあったかくなりました。だんだんと、散歩が楽しくなる季節だなあ。

 昨日はけっこう寒い雨が降ってましたが、今日はまたあったかい朝になりました。
 雨の後なので、日差しを受ける葉っぱがとても眩しくて、きれいだなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年5月 6日 (土)

脱出

832a1524

 あとは、飛ぶだけだ。

 ・・・なんてことを、見るたびにいつも思ってしまうご近所の建物の裏の室外機。
 この羽も、ここまで脱出してからもう5年くらい経つのだけれど、なかなか飛んでいくことができません。ふと、若い頃の出て行きたい気持ちと、今の故郷のいごこちのよさって、案外こういうことなのかもなんて考えてみたりもして(笑)。

 さて、いつもの年なら5日でGWは終わりなのだけれど、今年はここにボーナスの土日がついてます。例によってワタクシは未明からサーバメンテナンスの仕事をやっておりますが(笑)、みなさんたのしい「アディショナルタイム」を~。

 おはようございます。

2017年5月 4日 (木)

消えないもんだなあ

P5031329

 グランフォンド糸魚川は、糸魚川の大きなサイクルイベントのひとつ。日本有数の獲得標高に、ヒルクライム好きが集まるイベントで、去年は10/2に開催されました。

 んで。昨日、のんびりと久比岐自転車道を走っていたら・・・道路に石灰でかかれた標示が、まだまだ残っています。もう半年以上経つし、このあたりなんて海風がキツくて、雨が降るとけっこう路面が洗われそうなのに。案外石灰って、消えないもんだなあ。そんなことに妙に感心したうろうろでした。

 さて、今日はヒスイの日。ひすい王国館で、「糸魚川ヒスイと酒まつり」が開催されます。地酒好きな方、石好きな方、ぜひお立ち寄りください。
 詳細は、 街ネタいといがわ のサイトからご紹介。
 http://adclique.com/machisg/archives/3984

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年5月 1日 (月)

うれしいなあ

P_20170430_130104_1

 昨日は「モニターツアー」なるものにまぜてもらって、ビッグスワンにアルビレックス新潟のサッカーの試合を見にいってきました。野球はちょこちょこと見るものの、実はプロのサッカーのゲームを見るのははじめて。
 春からサッカーをはじめたばかりの下の子との二人旅で、風の強いゲームをたっぷり楽しんで来ました。

 んで。

 試合前、メシを探していたとき、スタジアム外の屋台にこんな看板を発見。
 ブラックやきそばとカニ汁のセットで1000円でした。風がつよくてちょっと寒かった時もあってので、炭水化物コントロール中のワタクシはカニ汁だけ注文。なんだか、うれしかったなあ。
 糸魚川に住んでいると、ときに長野や富山のほうがずっと身近に感じるし、「新潟って、彼方」って感じがすることが多いです。でも、これを見て、ゲームがはじまる前に観客を煽っていくアナウンスでの「アイシテルニイガタ」に、なんだか胸が熱くなった。やっぱり、つながってくれるひとがいるってことは、うれしいこと、なんですねえ。

 そんなこんなで月曜日。連休を飛び石にする出勤日はちゃんと天気がわるいあたり「仕方ねえな、仕事でもすっか」って感じで、なんだかありがたい気もします。とはいえ、定常業務が止まる時期こそ、システム屋が腰を落ち着けていろいろできる時期でもあるので、そこそこ仕事は入っているのですが、不景気にはそれもまた、ありがたい限り。

 というわけで、おはようございます。

2017年4月27日 (木)

ふろくに心躍った頃

P4271201_1

 ソノシートというと、「小学○年生」みたいな雑誌のふろくってイメージがあります。
 本の間に大量にはさんであったペーパークラフト。切り抜いて組み立てて、あれは楽しみにだったなあ。そうはいっても子ども時代はもう不自由ではない世代ではあったけど、それでもふんだんに絵本があったりおもちゃがあったりってこともなかったから、雑誌についてくるふろくは本当に楽しみで、あわせて一緒につぎの月までの間何回も何回も雑誌も読んだから、ふと今でもマンガの間のコラム的な文章のことを思い出したりもするわけで。

 ・・・なんてことを思い出したのは、来月5/9-11日の、旧倉又茶舗での「ソノシート展」のチラシのために今朝写真を撮っていたから。エイトマンなんて、原辰徳の応援曲だから、恨みを持って聞いた回数のほうが多いのだけれど、それも今となっては懐かしいな、と。

 そんなこんなで、最近ちょくちょくお休み処として開いている旧倉又茶舗。この次は5/9-11です。
 http://www.itoigawa-machiyakai.com/info/sonosheet201705/
 ぜひ、お立ち寄りください。

 おはようございます。

2017年4月 2日 (日)

海への坂道

832a9763

 小学生の頃は、家と家のスキマとか、塀の上とかは、よくしっているヤツのほうがエラい「道」。あそこからここへいく途中にどこを通っていくことができるか。いっぱい知ってたヤツのほうがエラい。そんな雰囲気があったような気がします。

 筒石あたりを散歩していると、港のあたりから自転車道までの傾斜に建っているたくさんの家の、それぞれのスキマにいろんな道がたくさんあって、全部通ってみたくなってしまう。
 一応、僕もいいトシの大人なので「ここは地域のみんなが通っていいところかな」「ここは誰かの家の敷地かな」と、津々浦々まで通っている小径を見定めて、地域の外から来た大人が通っても怒られないような道だけを選んで通ってみる・・・のだけど、小学生だったら、あそこもここも通り放題なんだよなあと思うと、どんなにいろんな冒険ができるか、おもわず想像してしまいました。

 実際のところ、コドモと一緒にあるくと「ここ、通っちゃダメなんじゃないの?」とかコドモに言われたりして、ヤツらのほうが「かつてコドモだった中年オヤジ」よりも時に品行方正だったりもするのだけれど、たとえば大トイレからフリチンで出てきて外でズボンをはくのが変態扱いじゃないのは小学校に入る頃までだってのとおなじで、こういうことやって怒られない(または、怒られるけどそれは躾の一環で、実際には大人は怒ったり責任問おうとは思ってない)のは、あとちょっとだけなんだぞって、羨ましくも思ったりするワタクシなのです。

 こういう散歩をして「寒い」と思わなくなってきたなあ。今日のあったかさで、すこしはサクラのつぼみもふくらむんでしょうか。さあ、タイヤ交換しよう(笑)。

 おはようございます。

2017年4月 1日 (土)

START

832a9769_1
 4/1になりました。さあ、新年度。
 先は見えなくても、先はきっとあかるい。そんな感じがして、能生の自転車道を通るついでに写真も撮ってみました(笑)。

 週が明ければあちこちで入学式。
 気分のいい仕切り直しをしたいなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

より以前の記事一覧