2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こんな写真を撮っています

2017年9月25日 (月)

僕が小学生だった頃

P_20170924_142422_1

 こどもが通う小学校は、僕が通った小学校。校舎はたてかえててまったく別物になっているのだけれど、備品とか、卒業記念制作とか、そういったものはけっこう残っています。
 昨日学校にいったときにまじまじと眺めていたのが、学校の記念行事のときの航空写真。
 この小学校では、今に至るまでの数回分がいまでも飾ってあるのだけれど、僕が通っていた頃にも一回みんなでグラウンドに並んで撮影したおぼえがあります。

 書いてある日付は「昭和54年」。この年のとおりならまちがいなく中にいるはずだけど、写真の中には「1984」って書いてあって、そうだとすればもう高校生なんだよなあ(笑)。

 さて。

 写真には、玄関前の「グリーンベルト」も、中庭の丸い池も、今は幼稚園が建っているあたりにあった「交通公園」も写ってます。
 2Fに「ランチルーム」がある南校舎は在学中に建ったんだけど、画面左下の当時「勤労者体育館」と呼ばれていた田沢体育館は卒業してからできたくらいのはずなので、たぶん1984のほうが正しいんだろうなあ。とすると、もうひとつ古い航空写真もあるのかも。

 こうやって眺めてみると、学校ってけっこう化けてる。
 最近はドローンでもうすこし気軽に撮って頂けるようになったし、こういう写真、毎年ひとつずつ撮っておいたりすると、きっと面白いんじゃないかなあ。

 そんなことを思った、日曜参観のワタクシなのです。
 そんなこんなで、おはようございます。

2017年9月21日 (木)

稽古を眺める

832a9140

 昨日は、ひさしぶりにオデュッセイア外伝の稽古をのぞきにいってきました。9月にはいってからなんだかばたばたしていて、顔を出したのは2週間以上ぶり。ひさしぶりに見ると「まえとはちがうな」がいろいろあって、なによりみんなの「ここが僕らの場所」感が比べものにならないくらい強くなってて、なんだかまぶしい気持ちになりました。

 ときどきの写真撮りは、舞台がよくなっていけばいくほど、なんだかすこしさみしくなるのだけれど、それでもなお、そういう気持ちに遭遇したくて、僕はまたときどき通いながら、みんなの姿を写し止めていこうと思ったりするのです。

 そんなこんなで、オデュッセイア外伝~未来へつなぐために は、クラウドファンディングで「ちょっとはやめにチケット確保」とかができます。
 https://mottainai-motto.jp/project/detail/260 
 ぜひ、くわだてに一口乗って、一味になってください。

 それでは、おいしいお昼ゴハンを。

2017年9月20日 (水)

準備中

P_20170920_114242

 10/1に開催予定の「日本で一番獲得標高が高い」ヒルクライム好きな自転車のヒト向けサイクルイベント、グランフォンド糸魚川のコース標識をぼちぼちみかけるようになってきました。
 考えてみれば、あと10日だものなあ。

 ということは、前半期が終わるまであと10日か(涙)。

 そんなわけで、気ばかり急いている今日この頃。また今日もくれていくのですねえ。。。

2017年9月17日 (日)

大サービス

P_20170916_134927_1

 昨日9/16から、糸魚川市役所1Fのホールのところで、絵本・紙芝居作家の長野ヒデ子さんの原画展がはじまりました。初日の昨日は、長野さんをお迎えしてのギャラリートーク。13時から一時間の予定が、たっぷり30分以上時間がオーバーする大サービス。制作のいろんな話だけでなく、歌が出たり、紙芝居を二本もやってもらったりと、たのしい時間でした。

 「糸魚川としょかんにいきターイ」とサインされたせとうちたいこさんは、図書館に飾られるのかな。

 原画展がはじまる前、準備中に通りかかられたとある方が原画をみて画材に興味を持たれたそうで「日本画の画材かなあ」なんて話をされていたそうなのですが、ご本人にお聞きしてみたらまさにそうだとのこと。絵本や紙芝居の絵も、実際に印刷されたものと原画とはずいぶん雰囲気がちがうので、いろんなニュアンスを感じに、ぜひお越しください。
 10/1まで糸魚川市役所で開催中。市役所の中でやっているのですが、期間中は土日もみられるそうですよ。しかも、裏口からじゃなく、正面玄関側から入れるそうです。
 お近くに御用でお越しの際は、ぜひ。

2017年9月11日 (月)

海が近いということ

832a8797

 陽が差すところでは真夏のように暑く、プレイしているコドモたちはものすごい汗。でも、木陰の風はここちよいさらっとした涼しさで、そこに秋を感じる昨日の須沢グラウンドでのサッカーの大会。
 「稲刈りがあるから見に来られないよ」といっていた親御さんがツナギのままでいつのまにか木陰の斜面にいたりして、それも含めての「秋」。

 砂浜から防砂林をはさんですぐのグラウンド。グラウンドのこちらがわにも防砂林があって、ほんとうに海の近くだから、試合をながめながらその向こうには、海も見える場所なのです。実は、ピッチも海に向かって微妙に傾斜しているんだそうで、そちらと海から吹く海風は、どちらがプレイに影響あったのかな(笑)。

 週末までちょっと降ったり止んだりだったのが、土日だけものすごくいい天気。そして今日はまたなんだか曇り空で下り坂の天気。
 稲刈りのひとたちにも、こどもたちにも、ありがたい二日間のお天気でした。

 さあ、今日からあきらめて働こう(笑)。
 おはようございます。

2017年9月 3日 (日)

故きを温ねて…

P9027323

 昨日は、上の子が通う中学校の体育祭。
 なんでも今年は創立70周年にあたるのだそうで、そういえば先生方がみんなお揃いのポロシャツを着ているのに気がつきました。
 校長先生曰く、この "Towards a bright future"は、誰かが考えたのではなく、合併して糸魚川市の一部になる前の「青海町史」の中で見つけたものだとのこと。
 30年ちょっと前、青海町の歴史を編む時に、輝ける未来へ進もうと英語で綴ったページを作るひとが、いたんだなあ。

 いつでも、ひとはいい未来を願って暮らしていく。いい未来は、ただ自動的に与えられるものではなく、だからこれは「だからがんばろう」というある種の決意でもある。

 いい願いを持って、暮らしていきたいなあ。

 そんなこんなで、さらっとした風の気持ちのよい朝です。
 おはようございます。

2017年8月30日 (水)

みさいるのおてがみ

P_20170829_211719

 昨日、家に帰ったら、下の子が「学校からみさいるのおてがみがきたよ」と教えてくれました。
 え、「みさいるのおてがみ」?。

 声変わりしてない男児の声で聞く「ミサイル」の「お手紙」。この2つの言葉の組合せに、なんだかものすごく衝撃を受けました。

 いいとか、悪いとか、昨日あったいろんな話のどうこうではなく、純粋に言葉の組合せとしての、びっくり。これはもう「ミサイル飛来についての注意喚起文書」とかなら、全然驚かないのだけれど「みさいるのおてがみ」。この組合せの破壊力は、すごい。以前村上春樹のエッセイに出てきた「腔犯まくわうり」とか穂村弘のエッセイで見た山村暮鳥の藝語にあった「誘拐かすていら」とかもすごかったけれど、個人的にはそれをうわまわるインパクトだったなあ。

 さて。

 近所の国から飛ばされたミサイルが、頭の上を通過していくという警報が鳴った昨日は、いろんなひととこの話をしました。「逃げろって言われても、直撃したらどうしようもないし、どーせいっちゅーねん」なんて話をしてたら「でも、イスラエルの紛争地域とかでは、建物の影にかくれるとか伏せるってだけで、爆風が弱まって死ななくて済んだとか怪我が小さかったなんて話もたくさんあるそうだよ」と教えてくれたひとがいて、なるほどなあとあらためて思ったり。

 こんなことが日常茶飯事になるのは避けたいけれど、なにかあれば、次はもっといい対応をと考えるのはオトナの習慣。本当の意味でヤバくない段階でいろいろ問題を洗い出すことができたのは、いいことだったのかもしれません。

 そんなこんなで、今日はなにもないといいですねえ。
 おはようございます。

2017年8月28日 (月)

交代

P8270009

 昨日は、夕方からひさしぶりに西方面への電車に乗って出張の前泊移動。
 いつも「下り新幹線は金沢にむかってどんどん空いていくし、糸魚川から乗るならきっと自由席でも大丈夫」と思っていたのだけれど、考えてみれば「8月最後の週末の夕方」だったんですよね。金沢までもかなり混んでいたけれど、金沢から大阪方面は満車状態。
 席を回転させて空きの1つに荷物を置いていた女の子集団が車掌さんに「あけてください」と言われてボヤいていたのを見て、「この状況で荷物座席に置くのはないだろ~」と思っていたら、空けた席にあとからやってきた外国語を話すオジさんに丁寧にそのあと乗り換えのこととか、どこにいくといいよなんて話を熱心にしてたりもして「なんだ、いい子たちじゃん」とほほえましく思ったり。

 さて、今日の写真は糸魚川駅にある、2015/3/14に駅前でみんなで達成したギネス認定世界記録 "Most pairs performing a cross-armed toast simultaneously"の認定証と参加したひとのパネル。
 この記録、実は7/29に北九州市の「若松みなと祭り」で更新されました。
http://www.guinnessworldrecords.jp/news/2017/8/most-pairs-performing-a-cross-armed-toast-simultaneously-jp
 糸魚川の記録は1162組。その当時でも「大幅更新」だったのだけれど、今回の記録はそれを大きく上回る2032組だそうで。やっぱり、でっかい街でやると、数字もでっかいなあとおもったり、実はやり方などについて当時の事務局に問い合わせがあって、担当のひとたちもいろいろ親切にお知らせしたりしてたそうで、「糸魚川って、ひとがいいなあ」などともおもったり(笑)。

 ついでにここに「7/29に更新されました。北九州市のみなさん、おめでとう!」とか張ったりすると、きっと素敵なのになあと思ったりするワタクシなのです。近く、五醸の会の役員会があるので、話してみようかな。

 そんなこんなで、ひさしぶりの大阪の朝です。
 おはようございます。

2017年8月27日 (日)

今日は石塚友和くんの歌謡ショーです

Osanaiko_02_1

 今日は、中学生の頃からひすいジュニア合唱団のアニキ的存在として眺めてきた石塚友和くんの歌謡ショー。
 彼の「座長公演」は、見るたびにだんだんと顔が柔らかくなる気がします。オフステージのときの切羽詰まった感じがだんだんとなくなって、余裕が出てきたのかな。考えてみれば10代の頃から、ただ舞台の上にのっかって歌うだけじゃなく、いろんなお膳立てを自分で考えて、自分が主体となって仕込んで舞台をやってきたというのは、すごいことだと思う。それが段々と練れてきたことは、きっと歌にも出てくるんだろうなあ。

 酔歌は今までも歌ってきた彼だけれど、ハタチになって正真正銘お酒を呑めるのようになってからの最初の歌謡ショー。それも楽しみに眺めてきたいと思います。

 12:00開場、12:30開演。ビーチホールまがたまのホールで開催されます。
 お近くの方、ぜひお立ち寄りください。

 というわけで、おはようございます。

2017年8月26日 (土)

稽古はたのし

832a6534

 この週末も、「オデュッセイア外伝~未来へつなぐために」の稽古をのぞきに来ています。
 演るほうは必死だと思うのだけれど、眺めるほうはもう、たのしい限り。みんなが一生懸命にやっていると、表情はもう百面相。笑ったり、困ったり、真剣だったりふっと抜けたり。そんな顔を眺めているのは、とても楽しいのです。

 さて。

 今回のオデュッセイアは、糸魚川青年会議所さんの50周年記念事業として、糸魚川駅北大火からの復興のためにも…ということで進んでいます。昨晩も、舞台でこの芝居の稽古が行われていた市民会館では、3Fの会議室で被災者の方の説明会が行われていました。

 芝居は、ステージの上に立つひとだけではなく、みんなで作るもの。スタッフだけでなく、客席や、まわりにいるひとたちからも、少しずつ、力をお貸しいただければと思います。

 この芝居は、チケットやDVDなどを先行して確保できるリターンがある、クラウドファンディングが同時進行で呼びかけられています。
 https://mottainai-motto.jp/project/detail/260
 ぜひ、こちらに乗る形で、みなさんもこの芝居の「一味」になりませんか?。
 ご協力、よろしくおねがいします。

より以前の記事一覧