2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こんな写真を撮っています

2018年1月21日 (日)

文政八年

P_20180121_203435_vhdr_on

 糸魚川の町屋文化を守り伝える会や紅梅文庫などでいろいろお世話になっている、作家の小川英子さんの御縁で、西山利佳さんから『「時」から読み解く世界児童文学事典』という本を、献本いただいてしまいました。
 なんでこんな高価な本を僕なんかに・・・とおもえば、以前この「塩の道の起点の写真がほしい」とご依頼いただき、小川さんを通じてお届けしたものが、この中の「荷抜け」(岡崎ひでたか著)のページに掲載されているそうで、そのお礼として下さったとのこと。

 僕の写真を使っていただいて、こういう扱いをしていただくことというのはあまりないことなので、ほんとありがたい限りです。

 こういう本は危険な本で、ぱらぱらとめくっていると、つい欲しい本がいろいろと出てきてしまうので、ネットからはなれて読まなきゃ、いかんのだよなあ(笑)。

 紹介されている話も、糸魚川が起点となる塩の道をめぐるお話なんだとか。
 いろいろと語られるお話が、地元にあるということ。それが今でも作家さんをインスパイアして新作を書きたいと思う衝動になるということ。なんだか、ありがたいなあ。

 さて。

 週明けは、また雪が降りそうです。今日は、子どものフットサルの試合につきあって妙高までいってきたのだけれど、お昼頃には青空が広がり、中型バイクで会場にやってくるひともいたというのに、夕方外を見てみたら、一面真っ白。車の上にもずいぶんと貯まっていて、山の瞬発力を感じました。月曜夜からは関東でも降るとのこと。月火と関東方面出張なので、お手柔らかにしてほしいなあ。

 そんなこんなで、みなさん週明けもあったかくしてお過ごしください。

2018年1月15日 (月)

どんど焼き・快晴

832a9765

 住んでいる地域恒例、どんど焼きが昨日執り行われました。
 三九郎だったり、さいのかみだったり左義長だったり。いろんな呼び方があって、当地でもみんな一緒じゃない小正月のお焚きあげ行事ですが、お酒やお汁粉いただいたり、みんなでスルメをあぶったり、なんだか楽しかったなあ。
 数日前まであんなに酷い天気だったのに、今日は青空。うちの地区は海岸でやるのだけれど、おだやかであたたかくて、こういう年も珍しいよねなんて話しをしながらかえってきました。

 書き初めも燃してもらってきたけれど、字はうまくなるかなあ(笑)。

 さて、本日、明日と関西方面に車で出張しています。
 雪って、移動すると、なくなるんですねえ。

 おはようございます。

2018年1月 6日 (土)

通り道

832a0051

 トキ鉄と国道が併走するあたりに、立派な鳥居。
 いつも「あ、ここに神社があるのか」くらいにしか思ってなかったのだけれど、つい先日線路の反対側の道を走っていて「あ、ここは鳥居しかないのか」と気づきました。
 鳥居の後ろには、ヒトだけが通ることができる踏切。そして、そこから小さい川沿いにもう少し山側にいくと、田んぼが切れ、里山にさしかかるあたりに、祠が見えます。

 そうか。
 漁師のひとの神様が、近くの小高いところに祭られているというのはこのあたりでもよくある話だけれど、その参道を遮らないように、ちゃんと線路に踏切を作ったんだなあ。このあたりは、線路を車でわたる場所がいくつかあって、あえてここを通すとすれば「参道」だからということ以外に理由がない。それだけ「みんなをまもる神社」への思いが、あったのだなあとあらためて思う風景なのでした。

 柏手を打ち、おみくじをひいたりして、多くの人がなんとなく神頼みするお正月。神社に詣でることって、ある意味「人事を尽くして天命を待ってます」って宣言のようなものだものなあ。

 そんなこんなで、今日はあちこちバリバリに凍ってるけれど、なんだか青空がひろがってます。こういう日は、いいねえ。

 おはようございます。

2018年1月 5日 (金)

ご来光

832a0065

 あちこちがガリガリに凍った朝。
 子どもを学校に送った帰りに、山の向こうからお日様が昇ってきました。
 考えてみれば、今年初めておがむ「ご来光」かも。ずっと雪模様だった天気。空の一部に青空はあっても、おおむね雲に覆われていたから、ちゃんと山からお日様が昇ってくる夜明けは、当地では今年はじめてな気がします。

 上越エリアで公立高校を受験する子たちの志望校を決めるための最後の統一テストみたいなヤツが今日なんだそうで、みんながんばれよ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年12月31日 (日)

大晦日に自転車で

832a0009

 年越しの酒を、ちょいとそこの酒蔵まで買いに行くおじいちゃん。なんだかいいなあ。
 ひさしぶりに雪鶴・田原酒造さんの前をとおりかかったら、いつのまにか酒林が青々としたあたらしいものにかわっていました。
 「ことしも新酒ができましたよ」のお知らせ。今の時期は仕込みが忙しくて、お知らせどころではなかったのだろうけれど、年末年始でちょっと一息ついておられるのかな・・・などと、想像してしまった僕です。

 あたたかい大晦日。客先の操業停止中の全館停電対応なんかをやっていて、寒かったらイヤだなあと思っていたので助かっています。夕方には終わらせて、僕もお酒買ってかえろう。

 今年も一年、ありがとうございました。来年もよしなに。
 みなさん、よいお年をお迎えください。

2017年12月29日 (金)

ゴハンはウマいぞ

P_20171228_154527_vhdr_on_1

 昨日、仕事の途中にちょこっと娘を病院に送っていったときのこと。玄関のポスターにふと目がとまりました。
 たしかに、厚生連の病院ってことで、要は「JAがやってる病院」なわけだから、いい農作物を食べてもらうのも、お手の物なんだろうなあ…ということで、入院してるときのゴハンは、市内産コシヒカリなのか。これは、実はとってもすごいことなのかも。

 ゴハンがうまいと元気になるし、ゴハンが楽しみじゃなくなるとけっこうがっかりする。病院にいると生活が単調になるから、その分ゴハンへの期待度もあがる。だったら、おいしいコシヒカリがでてくるのって、きっとうれしいよねえ。

 実は、小学校の頃目の手術で入院して以来、一度も入院したことはないので(昨年のポリープ切除も、二回とも日帰りだったし)、病院食ってのはもうかれこれ40年くらいは縁がないのだけれど、きっと当時はそんないい米はつかってなくて、ふつうの「給食用米」みたいなものだったはず。
 年末年始を病院ですごされる方もおられると思うけれど、せめて、おいしいゴハンであるといいなあ。そんなことを思いながら。

 寒いけど青空の12/29。午後からもみなさん、あったかくしてお過ごしください。

2017年12月23日 (土)

芝居を見るのは、たのしい

832a9733_1

 昨日は、上越での仕事のあと、Maps Garage Parkで、上越笑劇場の新人公演、「ファイナルクラッシャー」を見てきました。
 ちっちゃい小屋で、目の前の、吐く息の白さまでみえる芝居を見る。なんだか、こういうの、20年くらいなかったことで、すごく懐かしい感じ。

 この日は新人公演ということで、若い子がめいっぱいやってました。
 先日公演が終わったばかりの「オデュッセイア外伝~未来へつなぐために」や、3月のワークショップの芝居「どこにいたとて」で客演されていた、座長のマル丸山さん以下芸達者な上越陣の芝居を、そのうち本拠地で見たいなとずっと思っていたのだけれど、ようやく見に来られた一本目が「新人公演」というのもなにかの縁。おなじ役者が回によって Red Cast / Blue Cast として演じる役をとりかえて臨む芝居。

 アタマが「物語を追う」ことに傾きすぎている最近、オデュッセイアといい、この芝居といい、目の前のシーンをたっぷり体感して、終わってなんだかよくわかんないものがカラダに残るという、芝居を見たときの感じをすこし取り戻した12月だったなと、そんなことを思うワタクシなのです。

 というわけで、今日はM.G.P.で 11時からと15時から、Red / Blue の両キャストで公演があるとのこと。当日券を確認して、席があればぜひおでかけを。

 みゅーじかる高田笑劇場 ウェブサイト
 http://showgekijyou.com/

2017年12月16日 (土)

信号待ちの、うれしさ

832a2294

 昨晩は、家人の忘年会。夜、駅に迎えに行く途中、照明にうかびあがるここに、おもわず一枚撮ってしまいました。
 思えば、去年の年の瀬以来、ここの区画で写真を撮ったのは、本当に数えるほど。火事直後のたいへんな時期のものは、とうとう一枚も撮りませんでした。
 記録という意味では、残す必要は、あるのだと思う。思うけれども、それを担うヒトはきっとほかにいるだろうし、野次馬という意味では、僕は関わりたくなかった。それが許される「アマチュアの撮り手」だということを、ありがたく思った一年でもありました。

 さて、今日は商店街のガラポン抽選会の日。みんなで、抽選券もって、まわしに行くんだろうなあ。牛乳パンとか、紅久さんのクリスマス上生菓子とか、とても素敵な5等商品の写真がFacebookのタイムラインに流れてきて、なんとも心強く思った昨晩。
 この週末は、みんなでイルミネーションを飾ったりもするとのこと。

 ひとが、力強く動くのを眺めるのは、なんだかうれしい。
 そんなこんなで、今年もあと半月、なんですねえ。

 夜からはまた荒れ模様とのこと。のどかな天気の一休みの土曜日、みなさんごゆっくりお過ごしを。

 おはようございます。

2017年12月11日 (月)

さみしさ

832a1585

 昨日は「オデュッセイア外伝~未来へつなぐために」の本番。照明スタッフのみなさんのとなりの部屋で、舞台を眺めていました。

 満席の客席。カメラのシャッター音は控えていてもけっこう大きいので、芝居の邪魔にならないように、の「ガラスの向こう」なのですが、ガラスに遮られた小さい音でも、舞台の熱気はどんどんと襲いかかってくる。そして、となりのブースの照明さんの「もうじきです。はい、いきます」といったやりとり、バチンというスイッチを切り替える音とともに訪れる暗転など、あらためて「いろんなひとが、いろんな仕事をたくさんやってくれているから、の舞台なのだなあ」と実感できる時間となりました。

 舞台の床にあらわれる模様の美しさは、たぶん客席で眺めるよりもこの高い場所のほうがずっときれいだったんじゃないかなあ。

 きっと、ガッツリとかかわった方たちは、今日は抜け殻なのだろうなあ。僕は、時々稽古に顔を出してみんなのスナップ写真を撮る、ただの記念写真屋さんだったのだけれど、それでもこんなにさみしいんだもの。

 みなさん、お疲れさま。

 そして、見に来てくれたみなさん、僕が言うのもヘンな話しですが、どうもありがとうございました。

 そんなこんなで月曜日。がんばって働いております。
 おはようございます。

2017年12月10日 (日)

本日13:30開演です

20171210

 昨日の夜、ゲネプロ終了までの写真を取り込んだら、このオデュッセイア外伝~未来へつなぐためにのカタログに入っている写真は 3185 枚。7/12の制作発表会から、時々遊びにいっていたのだけれど、けっこうたくさんになりました。

 今年の夏は、暑かったなあとか、あの頃は雨が続いてじめじめしてたなあとか、いろんなことを思い出す朝。時々顔を出すだけで、稽古だってはじまってからきて終わる前に帰っちゃうような僕でさえこうなのだから、全日程をまもなく完走するキャストとスタッフの思いは、きっといろいろあるのだなあと思います。

 僕のこの舞台での立ち位置は、「キャストの個人的な記念撮影係」というつもりでいます。なので、今日もう一日、楽しんで、たくさんの笑顔をとっつかまえたいと思います。

 13:00開場、13:30開演。チケットはもう既に完売ですが、お持ちの方、ぜひぜひたのしみにお越しください。

 おはようございます。

より以前の記事一覧