2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

こんな写真を撮っています

2022年5月22日 (日)

「こめどころ」だけじゃなく

P_20220520_085435-1

 新米の季節には、お米を送るひとで宅配便屋さんの事務所は大賑わいになります。
 でも、シロウトさんが産物を発送するのは、お米だけじゃないのだなあとつくづく思ったのは、筒石郵便局のこの掲示。

 確かに、新わかめの季節だよねえ。
 おいしいわかめが、いろんなひとのところに届いているのだろうか。ちょっと想像しちゃう看板なのです。

 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2022年5月21日 (土)

どんな路地でも飛び出しはある

P_20220520_092120-1

 筒石郵便局から漁港へと抜ける下り坂は道幅がとても狭くて急坂なので車では徐行だと思うのだけれど、たとえば自転車で「ひゃっほー」と下っていくような連中はいるかもしれないものなあ。というわけで、幅1mあるかどうかの細い細い側道にもちゃんと「とまれ、みぎみてひだりみて」の掲示。言い換えるなら、こういう細い道も、子どもたちは縦横無尽に走り回って遊んでいるということなのだろうなあ。

 先日の青中ふるさとウォーク伴走前に、つついしの集落を上がったり下ったりして散歩している途中のスナップ。海山近接地での家の建て方、路地の編み目具合は、いつでもとても興味深いのです。

 さて。

 今日は地域の小学校の運動会。学校運営協議会の委員にも「見に来てね」の声がかかるひさしぶりの運動会でした。
 距離はとるけど、大声で叫ぶ応援合戦。なんだか、とても懐かしい気持ちになりました。

 できるだけ「子どもにワリを食わせない」工夫を、大人側はしなきゃいかんよね。
 つくづく、そう思いました。

 ちゃんと家族が見に来られる運動会をなんとか実施した学校のみなさん、本当におつかれさまでした。

 そんなこんなで、今日もお疲れ様でした。

2022年5月20日 (金)

夏の暑さ

P5200012

 地元の中学校で以前行われていた、30-40kmくらいの距離を歩いて学校まで戻ってくる「チャレンジウオーク」という行事。なくなって5年ほど経つのですが、今年は、2年生のふるさとウォークという地域発見遠足を長距離仕様にして、なんだか「プチ復活」な感じ。
 久比岐自転車道はアップダウンがとても少ないルートなので、ここを歩いて戻ってくるのはキツくはないのだけれど「飽きる」部分もあります。だから、ふるさとのいろんなポイントを発見しながら歩くというのは、案外楽しいかもしれません。

 というわけで、上の子の卒業の年以来の子どもたちをサポートしての自転車での伴走。いったりきたりで100km弱走って、楽しい運動になりました。
 写真は、筒石あたりのコンクリート壁の間の黒いやつがどろりと溶けて絡まったようになっているところ。
 あれが溶けて流れ出して、こんな形になる。毎年、夏はこの壁は、本当に熱くなるのだなあとしみじみ思うワタクシなのです。

 さて、明日は4時半起き。ちゃんと起きられるのか、オレ(笑)。
 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2022年5月17日 (火)

目指すは「W賞」

P_20220516_184153-1

 子どものサッカーの練習で月曜日にお借りしている近所の小学校のグラウンド。
 週末の運動会に向けて、窓に「めざすはW賞!」の大きな張り紙がありました。

 ここんちの小学校は、対抗戦の「優勝」とは別に、団ごとの応援も採点して表彰するので、「運動会で優勝し、応援賞ももらう」のは「W賞」なのです。

 そうか、でっかい声だして応援するパフォーマンスが、きっと今年はできるんだねえ。
 すこしでも「あたりまえ」を取り戻すチャンレンジを、いろんなところでと願う僕としては、なんだかとてもうれしい張り紙だったのです。

 予報によるといまのところ週末は晴れそう。久しぶりに学校運営協議会のメンバーにも「運動会遠慮してくれ」連絡が来なかったので、ちょっとのぞいてきたいと思います。

 そんなこんなで、今日もお疲れさまでした。

2022年5月12日 (木)

ダイヤモンド水没中

P_20220514_170237-1

 雨上がりの河川敷は、ダイヤモンド部分がほぼ水没中。
 芝のところはそうでもないけれど、踏むと水がびゅっと出てくるんだろうあな。

 あらためて、プロがメンテナンスしている大きな競技場ってのは、すごいのだなと思う。

 それにしても、あちこちは本当に緑色になってきあmした。
 山も、いい色だなあ。

 今日もおつかれさまでした。

2022年5月11日 (水)

西回り塩の道

P_20220512_073152-1

 ずいぶん長い間、文字が空へと逃げだそうとしていた西回り塩の道起点の看板があたらしくなりました。
 白地にきちんと読める文字。あらためてしみじみと読んでしまったけれど、今度は一度歩いてみたいなあ。

 石仏にも「謙信地蔵」もあれば、「信玄地蔵」もあるのか。いかにも塩の道。
 近くを通りかかったら、是非ご一読を。

2022年5月 1日 (日)

はつもの

P_20220429_063832-1

 今年初めての細いたけのこ。
 まだはやい時期なので、こごめとあわせて味噌汁に。
 この、きゅっきゅって鳴るようなかみ応え、すきなんだよねえ。

 糸魚川は、比較的さっぱりとこのたけのこにジャガイモとか豆腐とかをあわせた汁が多いのだけれど、R18沿いのサバ缶や豚汁風のちょっとこってりしたやつもどんどん西進してきていて、糸魚川でもだいぶ増えてきた感じがします。
 どっちもおいしいので、どっちも食べられるとうれしいのだけれど、どっちかが駆逐されちゃうのはいやだなあ。

 さて、明日は恒例の「塩の道起点まつり」
 https://www.itoigawa-kanko.net/event/%e7%b3%b8%e9%ad%9a%e5%b7%9d%e3%83%bb%e5%a1%a9%e3%81%ae%e9%81%93%e8%b5%b7%e7%82%b9%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a/

 残念ながら仕事が伸びてしまって、明日も作業になってしまったので今年もいけないけれど、毎年ゴールで振る舞われるいろんなごちそうがとっても楽しみで、最後に参加した年には「二種類のたけのこ汁食べ比べ」がとても「!」だった覚えがあります。
 今年はCOVID-19絡みでふるまいのない催しだそうだけれど、ゴール近くの 豊醸蔵 でお酒を楽しんだり、自主的オプションはつけられるだろうし、たまの大糸線を楽しんで戻ってくるのもいいはず。

 行かれる方は、たのしい塩の道ウオーキングを!。




 

2022年4月30日 (土)

はじまる

P4300007

 あちこちで、田植えがはじまりました。
 兼業の人も多いから、GW中はある意味田植え休みという人も多いはず。
 よれっとなんとか立っている苗も、あっという間に田んぼの水鏡を覆い隠すもさもさ具合にと育っていきます。

 久しぶりの自転車での遠乗りでのスナップ。
 少しずつまた、乗る距離を増やしていきたいなあ。

2022年4月23日 (土)

進入禁止

832a3992

 でも、確かにこの先には車では入れないな。

 今日は、ひさしぶりに子どものサッカーの練習試合。もうじき、公式戦もはじまります。
 今日明日と陸上の上越選手権も開催。
 能生のお祭りもちゃんとあるそうです。

 できることはできる範囲で、ちゃんとした対策をして進める。
 何度でも書きますが、大切なことだと思います。

2022年4月20日 (水)

あそこもヤバそう

832a3972

 もうかれこれ1年くらい「倒壊の危険があるので」と立ち入り禁止になっている須沢のなぎさドーム。
 そうはいってもすぐとなりの駐車場は普通に使われているし、囲みもそれほど広く取っているわけではないので、本当に倒壊したら相当危ないんだろうなあと思っているのだけれど、まじまじと見てみると梁を止めているボルト周りも割れてきたりしているんですね。

 本当に危ないなら、直すなり、屋根を撤去するなり、してほしいなあ。囲ったまま、今年の夏もこの状況なんでしょうか。
 お金がなければできないことってたくさんあると思うのだけれど、できないならできないとして、目処を示してほしいと思う、そんな場所のひとつなのです。
 夏場はこのまわり、ヒトも多いからなおのこと。

より以前の記事一覧