2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

こんな写真を撮っています

2017年7月26日 (水)

コミュニティスクールってなに?

P_20170725_185005_vhdr_auto_1

 個人的に、お題目がならぶだけでアリバイみたいなミーティングに出ていると、なんだかむなしくなります。だから、なにかちょっとでも、動きを変えられるといいな、と。

 今年の春から、下の子が通う小学校が「コミュニティスクール」なるものになりました。
 要は「地域と学校が協力したり刺激を与えあったりして、活気のある地域をつくる」ということなんだそうですが、正直なところなんだかよくわからない。

 いろいろ話を聞いて想像したのは、昔、伊藤理佐さんが家を建てたときの本「やっちまったよ一戸建て」の中で出ていたひとこと「グルっていいもんだったのか」(笑)。
 いろいろ用意周到な仕組みがあって、きちんとリスクヘッジしたひとたちがやりとりしているのは、なかなか息苦しい。みんな「グル」で「あ、それオレできるよ~」と誰かがいって、いつのまにかわらわらと話が進んでいく。小さい地域で、学校の行事も公民館のもみんなどこかいっしょで、誰も彼もそこそこ知り合いで。そういうところなら何も言わなくても自然とできているようなことが、できればいいんだろうなあ、と。

 とはいえ、大きな話をブチあげても目標が遠いとくじけますから(笑)、さしあたり、小学生がいる家と、いない家とをつなぐ情報提供をしようということで、こんな紙を全戸配布していただきました。昔とちがって夏休み期間中毎日ずっとあるわけではないラジオ体操。ある日は、みんなでやりませんか?というお誘い。実は8/31までではなくなった夏休みを知って貰ったりも。 

 なんとなく、身近に感じる。そういうことのためのお知らせができると、いいなあ。
 そんなことを思いながら、今年はちょこっとお手伝いしていこうと思っています。

 というわけで、この小学校の校区の方は、7/25の市の広報といっしょに紙がはいってきたら「あ、あるなあ」などと思っていただけるとうれしいです。

 おはようございます。

2017年7月25日 (火)

外を眺める

P_20170722_134124_hdr_1

 昨日今日となんだかばたばたしていて写真を撮っていないので、今日は先週末の紅梅文庫ミニ公開の留守番話など。
 昔、横町にあった私設図書館「紅梅文庫」が閉じられてもうずいぶん経ちます。海外の古い仕掛け絵本など、稀覯本もあるコレクションながら、運営者の方が亡くなられたときに市に寄贈されたまま、なかば死蔵状態にある本たちを実際に手にとって頂いて、もう一度心地よい本のある空間の再現を思って頂くために、毎月第2第4土日曜日に、昔は炭屋さんだった古い町屋、大紅屋さんでコレクションの一部を公開しています。

 とはいえ、おいてあるのはありていにいってしまえば「こどもの本」。だから、お子さんとそのおとうさんおかあさんおじいちゃんおばあちゃんに遊びに来ていただいて、お茶を飲みながら本見て遊んで、飽きたら帰って・・・という場所なのです。
 先週末は、ときどきの留守番当番だったので、いろり近くからこんな風に、外を眺めていました。
 海から山方面へと、細長い建物。前もこんな風にあけっぱなしなら、裏もあけっぱなし。海からの風が通り過ぎていって、暑いことはあついのだけれど、でもなんだか心地よくて。うちわをゆっくり動かしながら、通りをながめているのも、なかなかいいなあと思ったりしてしまいました。

 というわけで、10月くらいまでやってます。日程はこちらをご覧ください。
 それにしても、雨、やみませんねえ。

2017年7月23日 (日)

おうみまつり

832a4755

 家からサンダルででかけていって、顔見知りいっぱいの露店でいろいろ話をして、好きな中華ちまき買ったりもして。
 ひとはいっぱいいるけど、別々に動いている娘や息子とちゃんとときどき会場内で行き会う程度の混み方だったりもして。
 小学校の朝読書とかで会ってる子たちみつけて声かけたりもして。

 地元のこじんまりとしたおまつり、たのしいねえ。

 昨晩は民謡流しで、今晩は、花火。
 朝から雨模様だけれど、夕方には小雨になったり、止んだりしないかな。

 そんなことを思いながら。おはようございます。

2017年7月19日 (水)

青海神社にのぼる

P_20170718_164318_vhdr_auto

 坂というのは、重いヤツにとってはとても大きなハザードなので、坂の上にある神社というのは、なかなか行くことがありません。
 青海神社も、最後にいったのは去年、コドモが大会にいく前にお参りするといいだしたのにつきあって以来かな。昨日はなんとなく、ひさしぶりに覗いてみようかなという気分になって、お参りしてきました。初詣にもいかなかったのに(笑)。

 まじまじと見てみると、灯籠には「廻船」の文字。高台から、海も見守ってるところなのだなあ。

 蝉が鳴いていて、風がすうっと通り過ぎていって、ほかの神社もそうだけれど、御神域というのはちょっと気分がひきしまります。少し涼しい気もするし(笑)。

 そんなこんなで、今日も暑いですが、みなさんお気を付けて。
 おはようございます。

2017年7月13日 (木)

ジェイドのちから

832a4388_1

 オデュッセイア、オデュッセイア2と続いた市民ミュージカルが、今年はJCさんのチカラを借りて、「オデュッセイア外伝~未来へつなぐために」として三度はじまります。
 昨日は、その制作発表会。

 今年の春のワークショップ発表会でも、一ベルのかわりに「パワフルジェイド マジカルジェイドのテーマ」が流れたときには、なんだかうれしかったくらいこの企みにはすっかりはまってしまっているワタクシ。
 今回はJCさんの事業ということで、広報写真などでの絡み方はいままでとはかわってくるとは思うのだけれど、今回も、みんなの稽古を時折眺めながら、応援していきたいと思います。

 というわけで、新聞記事もひとつご紹介
 http://www.asahi.com/articles/ASK7D3C5XK7DUOHB002.html

 では、みなさん、夏ばてにまけないお昼を。

2017年7月10日 (月)

となりまちもおなじ(笑)

832a4165

 娘の中学校では、渡り廊下の扉に「熊が出るから開放しないように」という掲示があります。海から1kmもはなれていないのだけれど。そして市内の「あんしんメール」は、どこぞに熊とか猪が出たというメールをしょっちゅう送ってきます。

 写真は、昨日下の子のサッカーの大会でいってきた、柿崎のグラウンドの入り口のもの。
 ここも「すぐそこが海」なのだけれど、こんなに大きな字で、イノシシに注意するように書いてありました。

 平野が広い場所もあるけれど、僕らの住むあたりも、この柿崎界隈も、海山近接地域。自転車でうろうろするくらいの範囲にいろいろあって、いろいろ遊べる分、こういうこともある。なんだか、いっしょだなあと思ってしまいました。

 さて、先週あたりの週間予報では、日曜くらいからまた梅雨前線が北上してきて雨・・・だったはずが、今日もまだまだ晴れていて暑いです。その分、南の方では雨が居座っていて大変なようですが、そろそろ梅雨も終わりにしてほしいなあ。雨が続く地域のみなさん、くれぐれもお気を付けて。

 おはようございます。

2017年7月 2日 (日)

ひこーき公園のおもいで

P_20170629_134032_vhdr_auto

 ウチの近所の児童公園には、かつて飛行機の形の遊具があって、みんなは「ひこーき公園」って呼んでいました。僕が子どもの頃は、近所に公園を区別する必要があるほど公園はなかったし、公園以外の原っぱとか海岸とかでも遊んでたから、なぜか「遊園地」と呼んでいたけれど、今はあちこちにちっちゃい公園があるから、「ひこーき公園」だったり「ゴリラ公園」だったりするようです。

 近所のひこーき公園の「ひこーき」は、僕が子どもの頃からあったものだから、古くなって撤去されちゃったけれど、先日となりまちの公園で、似た形の遊具を発見。おもわず、写真を撮ってしまいました。

 さすがののぼって「コックピット」に座りはしなかったけど、なんだか、懐かしかったなあ。

 この公園自体も「バス遠足」で出かけてみんなで目をキラキラさせながらケプラーの法則の実験装置でボールがぐるぐるまわるのを見たり、プラネタリウムで「うわー」って言ったり、生まれて初めてのゴーカートに乗ったりしたところ。今はただの公園になって、のんびりした雰囲気なのだけれど、なんだか足を踏み入れると「お出かけ感」が戻ってきます。

 そんなこんなで、今朝もまだ川は完全にはおさまっていないようなので、石拾いに海岸に行かれる方も、くれぐれもご注意を。

 おはようございます。

2017年6月28日 (水)

田舎はいいなあと思うこと

P6273306

 時々、大きなまちを歩いていると、お寺や神社ががっちりと壁にかこまれていて、はやい時間や遅い時間には門もしっかり閉じているのに遭遇することがあります。
 昨日、子どもの習い事が終わるのを待っている間、天津神社のあたりを散歩していたのだけれど、あそこは夜ももちろん閉じていないし、灯りで拝殿がぼぉっとうかびあがるように照らされています。

 僕は特別神様や仏様におねがいする方ではないのだけれど、なんだか「ああ、ここ、いつ来てもいいんだ」って気持ちに、なるんですね。
 神域は、自分と再会して、なにかを見つめ直す場所でもあるのかもしれない。だとすれば、そういう場所が個人の家のように、時間になると戸締まりして出入りできなくなってしまうまちじゃなく、こういういつでも開け放たれているところに住んでいるのって、ありがたいな、と。

 たまたまそのあと帰宅して読み始めた本は、外国から日本に移住してきたいろんな方がどんなものを食べているかというものだったのだけれど、その最初の一節、タイのひとのところで、「日本にやってきて困ったとき、お寺にいったら不法侵入で通報された」なんて話が出てきて「ああ、なにかを思った時は、読む本もそういう話を引き寄せてくるんだなあ」と、妙に不思議な思いもしたりして(笑)。

 そんなわけで、写真は天津神社の鳥居を抜けたところの、僕を迎え入れてくれた「灯り」と、たぶんその向こうの信号や街灯を載せてみました。

 久しぶりに朝の更新です。
 おはようございます。

2017年6月20日 (火)

路上に橋の名前2

P6200023

 先日、姫川橋横の桜並木のところで見つけた、路上に大書してある橋の名前ですが、ふと気がつくと、姫川大橋も左岸(青海)側で見つけました。
 姫川橋は右岸(糸魚川)側だったので、反対側ですね。

 先日のブログにこれを載せたあと、Google Mapの航空写真を見ると、全国あちこちで堤防道路あたりに橋の名前がこんな風に白く大きく書いてあると教えてくれた方がおられました。
 Googleの航空写真に載ってるとなると、ここ一週間ほどの話じゃなくて、ずいぶん前から進められてきた事業なのですかね。

 そんなわけで、ひさしぶりに自転車で糸魚川まで夕方移動してきました。
 まだ、歩くのはちょっとしんどいんですが、体重がサドルに乗ってる分、自転車だとラクな感じです。

 まもなく新潟県も梅雨入りらしいし、ちゃんと晴れてるうちに体うごかしておかなきゃ。

 そんなこんなで、みなさん一日お疲れ様でした。

2017年6月19日 (月)

花は、咲くんだなあ

P6180019_1

 昨日、糸魚川駅ちかくの酒屋さんに、頼んであったお酒を取りにいそいそと歩いて行く途中に、前にイチコさんがあったあたりの電柱の足下でこんな花が咲いているのを見つけました。
 どこかからタネが飛んできたのかな。いかにも雑草って花もまたきれいなんだけど、こういう栽培種の花も、ちゃんとどこからともなくやってきて、咲くんですねえ。
 考えてみれば、火事があったエリアの、「ロの字」の中でシャッターを切ったのは、これはあれ以来はじめてかもしれません。なんだか、きれいだなあ、と。

 週明け、ばたばたとしているうちに、ブログを書かないうちに日が落ちてきてしまいました。
 忙しいのは、ありがたいこと。それにしても、今日は暑かったなあ。

 それではみなさん、仕事上がりのウマいびいるを。
 こんばんは。

より以前の記事一覧