2021年4月18日 (日)

はじめてのせんきょ

P4180061

 この間選挙権を得たばかりの上の子が「最初の選挙はハコの中をみてみたい」というので、近所の投票所で行列してきました。
 最初の3人が投票前に投票箱が空であることを確認するのだそうですが、その3人目になんとかしてもらい、興味津々でのぞきこみ。

 基本的に、いろんな意思決定機関へのパイプは年寄りのほうがはるかに太いものを持っているので、意識して若い人がつながっていかないと、いろんな決まり事は年寄りに顔を向けたものに少しずつ引っ張られます。だから、もっと若い子はちゃんと選挙にいってほしいし、「こうなるといい」「ここはよくない」を伝えて欲しい。そして、現役上半分世代は、そういう子たちをいろんなものとつないでいくことを意識してやるようにしなきゃいかんよねと、つくづく思います。

 願わくば「投票証明書」を糸魚川でも出してくれないかなあ。「投票してきたら、ラーメン100円引き」とか、お店のひとが勝手にそういうことをやっているまちはけっこうあるので、ぜひ糸魚川でもそのうちに。

 ただ、こういうことを「クレーム」として言うのではなく「もっとこうなるといいよね」という、ポジティブな転がり方で伝えられる、そんなひとが増えるといいなと思っています。

 みなさん、選挙にいきましょう。おはようございます。

2021年4月12日 (月)

読書のご縁

P4110052

 一昨年、日本児童文学者協会の糸魚川大会でやりとりさせていただいていた作家の横沢彰さん。
 地元の中学校の先生なのは知っていたのですが、上の子のときも学校がちがうこともあって「先生」の顔で遭遇することはなかったものの、下の子があがった中学校では学年主任としてお付き合いいただくことになりました。
 中学第一号授業が横沢先生の国語だったということもあって、著書をコドモの見えるところに出しておいたら早速読み始め。
 というわけで、糸魚川高校出身者にはなんとも親近感を感じる「亀ヶ丘中学」の卓球部の物語は、昨年夏から新しいシリーズがスタートしていて、今年の春にも新刊が出ています。頼んだ本は1作目と3作目が先にきて、2作目はちょっと遅れているので「3巻先に読んじゃうか」の誘惑と戦っているようです。
 こういうご縁はなかなかないだろうし、楽しんでほしいと思います。

 そんなこんなで、おはようございます。

2021年3月29日 (月)

細工かまぼこ

P_20210328_190939

 今朝の糸魚川タイムスは、一面に昨日の「ひすいスプリングコンサート」を掲載していただいていました。
 10年ほど前、当時の市民会館の前田館長が「糸魚川にもオケを」ということで働きかけてつくった、ちいさなちいさなアンサンブル。
 結局、バイオリン以外の楽器のメンバーが揃わず、週一バイオリン教室で年に一、二度の小さな演奏会というグループになっていますが、それでもなお、あの初回顔合わせのときに市民会館3Fの窓の外、だんだんと暮れていく空をみながら「夢みたいだなあ」と言われていた当時の前田館長の言葉をしみじみと思い出します。

 というわけで、小1でまぜてもらったウチの娘も、当市を離れるということで昨日で一応一段落。
 演奏の後、長い間お付き合いいただいた先生から、お祝いをいただきました。
 富山から通ってくれている先生の、細工かまぼこのお祝い。なんだか、うれしいなあ。

 小さかった頃、オヤジやじいさまが結婚式にお呼ばれすると、よくでっかい鯛の形のブツをもらってきて、それが生菓子だとがっかりし、かまぼこだと大喜びしたのを思い出します。いや、もちろん生菓子もおいしいのはすごくおいしいのだってことは、大人になってから知るわけですが、当時のあれは、デカくて甘いだけのものだったからなあ(笑)。
 節目のお祝いに贈るものを、先生にいただけた春。大学受験中に二ヶ月休んだ以外はお世話になった以外はずっと通ったので、いろんな時にいい気分転換になったはずです。別本先生、本当にありがとうございました。

 そんなこんなで、ほぼ毎週の火曜日、市民会館で「ひすい弦楽アンサンブル」はやってます。ちっちゃい子からお年寄りまで。
 興味のある方は、ぜひ市民会館さんにお尋ねください。

2021年3月20日 (土)

卒団

P_20210320_115320

 今日は、子どもがお世話になっていたサッカーチームの「壮行試合」。
 このユニフォームで集まるのは最後のこの日、下級生とのゲームを楽しみ、記念撮影して退団です。
 ウチはずいぶん遅くなってから入れて貰ったけれど、ずいぶん楽しませて貰ったなあ。このあと、中学校でどうなるか。それもまた楽しみです。
 糸魚川FC U-12、どうもありがとう。
 やってみたいひとはぜひ、 https://ifc-u12.info/ まで。

2021年3月11日 (木)

ちかくにないほうがいいもの

832a3896

 ゴミを焼くところや、うめたてるところ。火葬場。臭い家畜を飼うところ。迷惑駐車がひっきりなしになりそうなところに、うるさいところ。きっと、大きなダムや原子力発電所などもその類い。

 僕らの暮らしは、いろんな問題を解決しなければ成り立たない。その問題解決がすべて近所で小さい規模で行われていたのが昔で、それがどんどん大規模・効率的・なおかつ「みえにくいところ」に追いやられているのが最近。だから、特に都市部のひとたちは、どこかで問題解決が行われているということを意識しなくなってしまうこともある。

 今日も、所用で柏崎刈羽原発の横を通りながら移動しました。
 この電気も、いまは稼働していないけれど「東京電力」のものなのだよねえ。

 イヤなものはイヤ と 問題解決。この2つをいかに両立させるかに智恵を絞る。震災で僕らが思い知ったことは、ここを忘れちゃいけないということなのだと思います。

 移動中、震災を語るラジオ番組を聴きながら。たしかに、テレビは奪うばかりだけれど、ラジオは寄り添うひとたちだな。
 わすれていいことはわすれ、わすれずにいるべきことはわすれないための一日。
 それをきちんと思い出しながら。

2021年2月25日 (木)

てかがみ

832a5779

 こどもが小学校の芸術鑑賞でオペラを見るという話しをしていたのだけれど、演目が「てかがみ」だと聞いて「アンコー先生のか!」と思わず興奮してしまいました。
 思えば、2017年のオデュッセイア外伝~未来へつなぐために の稽古中、松山いくおさんが鏡に映すと「てかがみ」と読めるようになる、鏡文字のTシャツで稽古されてたなあ、と。もう、あの公演から3年以上も経つんですねえ。

 今日は、こどもが通う小学校の鑑賞日。数日間にわたっての公演だそうで、行けるこども(とウチのばあさま)がうらやましい。
 ご熱演を!。そして、可能であれば、おいしい糸魚川のゴハンも!。

2021年2月24日 (水)

キモは伝え方

P_20210219_131038-1

 時々、マルチメディア振興センターなる団体からの派遣で、eネットキャラバンなる講座の講師として派遣されています。
 先週末、となりまちのとある小学校にお伺いしたときのこと。講座の会場が体育館だったのですが、最近の小中学校体育館は、地域のスポーツチームなどの練習のために、夜間や土日に開放されているところが多く、ウチの子がお世話になっているサッカーチームも、田沢小や能生小、糸魚川東小、糸魚川中などの施設をお借りしています。
 学校は元々、そこに通う子たちのためのもの。だから、学校行事などで使うときは、こういった施設開放はなくなります。その調整が、施設借用申し込みの担当としては、なかなか悩ましいところ。窓口となっている役所と、実際に管理している学校との間でうまく話しがついていなくて、一度借用したあとに借りられないといったことも時々あったりするのです。
 そうなると、ここの小学校のように入り口に「この日は使えません」と貼ってあったりすると一目瞭然だなあと感心してしまいました。

 んで。

 いろんなことが、いろんなところで行われています。けっこういいことも、助かることも多い。
 だけれども「知らない」からできないということが、けっこうたくさんある。

 だから、「伝え方」「伝わり方」がかわるだけで、やっていることがおなじでもずいぶんといろんなことがかわるんじゃないか。
 伝え方の工夫。いろいろ考えなきゃな。自分のことも含めて。そう思うワタクシなのです。
 (学校の先生方はとても忙しい方たちなので、「さらにサービスでこれやってくれ」と言っているわけではないのです。念のため)。


2021年2月16日 (火)

持ち主はどこへ

832a3687

 こんな紙を貼られるくらいだから、停めてあるのはもう一日や二日じゃないんだろうなあ。
 オーナーはどこへ。個人的には、まだナンバーをつけている「自分が乗ってきた車」の放棄を自分がやることって、想像つかないできごとです。

 水曜あたりからの雪で、埋まっちゃったりするのだろうか。

2021年2月14日 (日)

マントルの動き

832a3666

 昨日、面接試験から戻ってきたコドモ曰く「地中でマントルが動くとどんなことが起きるか」という話しをする場面があったとのこと。
 その話しをして戻ってきた夜に、その界隈で大きな地震があったことには驚きました。
 人間と地面のタイムスケールのちがい。10年経っての「余震」。
 いろんな面で、考えることの多い朝です。

 みなさん、お気をつけて。
 おはようございます。

2021年2月13日 (土)

ビンゴ!

P_20210213_103554

 ・・・いいのか、こんなに使えないところがあって(笑)。

 市内某所のコインロッカー。あたたかい土曜日の午前中、ひさしぶりに土よう子ども会に出てきました。
 紙芝居を読むのも久しぶり。まだ自分で話さない年代の子のお客さんもひさしぶり。
 日曜日からはけっこう怒濤の仕事シリーズの週なので、そのまえのひといきなのです。

より以前の記事一覧