2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

こんな写真を撮っています

2017年3月29日 (水)

ひすいスプリングコンサートミニは、あしたです

P3289678

 「糸魚川にもオケがあるといいなあ」。そんな市民会館の元館長、Mさんの在職中の願いからスタートしたひすい弦楽アンサンブル。市民オケは相変わらず夢ですが、ちっちゃい子もおじさんおばさんも、バイオリンがんばってます。

 写真は昨晩の通し稽古の様子。毎週のレッスンではあまり顔をあわすことのないメンバーが集まって、みんなでおなじ曲を弾いています。小学生はこの季節なのに、もう半袖Tシャツだったりする子もいて、元気だなあと思ったり。

 そんなわけで、毎年春のミニコンサート。今年は明日3/30の18:30開場で、市民会館ホール前のエントランスホールで開催します。
 https://www.facebook.com/events/172620383227011/
 決してうまくはないけれど、がんばってやってますんで、ぜひのぞきにきてやってください。お待ちしてます。

 おはようございます。

2017年3月26日 (日)

特別だけど、特別じゃない

P3259649_1

 昨晩は、いといがわバル街。お酒をたのしむひとがたくさんまちにあふれる日にどうかなと多少の遠慮はあったものの、泉家さんの卵焼きで「そば前」を楽しむのが大好きな娘も連れて、この卵焼きが楽しめる 畑亀商店 さんに昨日の夕方顔を出してきました。

 店内は、赤ら顔のお客さんでいっぱい。みんな、ビールやワンカップを前に、にこにこしながら歓談中。この卵焼きに再会できたのは3ヶ月ぶり。そのこと自体は「!」なのだけれど、そこにいるひとたちほとんどが、「老舗の復活準備の夕べ」を見に来ていたのではなく、食べ慣れた好きなものを前に「呑んで話してにこにこ」をしていたこと。お酒も、おいしいつまみも、ある意味「脇役」で、素敵な脇役にもりたてられて、たのしい酔っ払いの夜を過ごしていたこと。
 その、あまりにも「ふつう」な風景に、なんだかじーんときました。

 お酒も、おいしいものも、きっと、そういうものだものな。
 これは、泉家さんのおいしいものや、畑さんちのおいしいお酒が、暮らしの中の「ふつうのもの」に戻っていく、そういう夕方だったんだろうな、と。

 添えられたゆず風味の鶏も、なんだか毎年晩秋に囲炉裏を囲んで楽しんだ写真仲間での「新そばの会」を思い出しました。

 ほんと、楽しい夜でした。泉家さん、畑さん、バルのスタッフのみなさん、どうもありがとうございます。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年3月20日 (月)

火の用心

832a0044_2

 昨日のブログを書いているときは、まだ幕が上がる前。そして、無事ステージライフカレッジ・ワークショップの一年間を締めくくる「卒業公演」がおわりました。たくさんお越しいただき、ありがとうございます。

 舞台芸術集団シーシャインや、ひすいジュニア合唱団の写真はときどき撮らせてもらっているのだけれど、今回の舞台は春からずっと続いたいろんなワークショップの成果を見せるもの。メンバーもその2つのグループそのものではなく、はじめてのひとあり、となりまちからの客演もあり。その経過を、春からずっと見ていたら、きっと楽しかったろうなあと、12月くらいからしかのぞきにいかなかったことを後悔する仕上がりでした。

 んで。

 今日の一枚は、演出助手で客演もされた枝並加奈子さんの、幕が上がる直前。
 声を出しながら、体も動かしていく。芝居って、アタマで考えることと、カラダで考えることが、両方できないといかんのだなあと、あらためて眺めながら思ったりしたワタクシなのです。

 みなさん、ほんとお疲れ様でした。次の芝居もまた、冷やかしにいきますので、よろしくおねがいします。

2017年3月19日 (日)

習慣

832a1239

 きらら青海のステージでなにか催し物があって、それを撮ることになったときは、いつも必ずこの下手側袖の、旧青海町章ののれんの向こうの舞台を撮るのが習慣になっている。
 最初は、3回目か4回目くらいの「絵本とともだち!なかよしフェスタ」かな。

 緞帳裏の「火の用心」を撮るのも習慣のひとつ。幕が開く直前のキャストやスタッフの緊張感と高揚感。稽古中はほとんどいつもあがっていた緞帳を下げての、ゲネプロや本番直前の「幕があがる」のを待つ時間。これを眺められるのは幸せだなあと、いつも思うのです。
 もっとも、その緊張感は「演るひと」のそれとは間違いなく一本線が引かれたこっちがわのもので「むこうがわ」の緊張感を、羨ましくも、恐ろしくも思いながら、かなりちかいところにいる部外者として眺めるのだけれど、それでもなお、この時間は幸せになる。

 そして、今日13:30に、幕が上がります。ステージライフ・ワークショップ成果発表会「サウンドオブミュージック/どこにいたとて」。500円で「!」な舞台が見られます。ぜひ、きらら青海へお越しください。
 http://www.city.itoigawa.lg.jp/item/20104.htm

 おはようございます。

2017年3月15日 (水)

プリント

P3159609_1

 今週末の3/19にきらら青海のホールで催される いといがわステージライフ・ワークショップ生家発表会。そのPRの一環としてきららのアトリウムに練習風景の写真を貼って紹介しようという話が昨日突然Goになったので、夜あわてて手持ちの写真をプリントしていました。
 はじめてみると「あ、インクのストックが足りない」「大きな紙があと少ししかない」「ちっちゃいのは紙種がちがうのしかない」と、きちんと準備していなかったこともあって問題多発。結局、いろんな紙・いろんなサイズがまじるなんとも怪しい展示になってしまいました。小さい写真しか貼られていない方も、他意はありませぬのでご容赦ください。平に、平に。

 それにしても。

 普段は撮ってもプリントするのはさしあげる記念写真めいたものくらい。なにかの催しで撮影に入るときでも、ほとんどがデータでまるごと渡してしまうので、何十枚も大きなプリントをするというのは、個展なんて絶対やらないワタクシとしては滅多にあることではありません。それだけに・・・気分がアガってくることに自分で驚いてしまいました。
 やっぱり、でっかいプリントにするっていうのは、いいなあ。みなさんも、大事な写真は大きくプリントして飾るといいですよ、きっと(笑)。

 というわけで、本日から3/19の本番まで、きららのアトリウムに練習風景の写真があります。もしよろしければ、ご覧ください。そして、本番にも、ぜひお越しください。
 チケットは、この写真を見たお帰りに、きららの窓口で、ぜひ。

 おはようございます。

2017年3月11日 (土)

この方向から見られるのは今だけ

832a9843_1

 なんだよなあ。デカいガタイでステージの後ろに堂々と回り込み、一枚。
 時々写真を撮らせてもらっている一年間通しての演劇ワークショップ「ステージライフカレッジ」の舞台稽古の様子です。
 泣いても笑っても、あと一週間。来週日曜日に本番の幕は開きます。
 最後の一週間、舞台の上で稽古を繰り返しながら、どんどん芝居が化けていくのを見るのは、楽しい。そんなこんなで、僕もときどき稽古を眺めに通うのです。

 詳しくは、こちらを。
 http://www.city.itoigawa.lg.jp/item/20104.htm

 ぜひ、お越しください。

2017年3月 6日 (月)

町並みをつくるということ

832a9534

 昨日、今日の二日間は、富山で仕事をしています。
 このあたりにくると、つい足が向いてしまうのが岩瀬浜のあたり。去年閉めてしまったのだけれど、大好きなオヤジさんがやっているそば屋さんがあって、そこに通ううちにこの界隈を歩くのが好きになってしまいました。いつも楽しみにしている三角のどら焼きは、昨日は残念ながら売り切れだったけれど。

 さて。

 この界隈は、廻船問屋があったのだそうで、ほかにも立派な土蔵をリフォームして大きなセラーにしている酒屋さんがあったり、造り酒屋さんがあったりと、通りを歩いていると気持ちのいいところです。でも、道は一回り広くしてあるし、たぶん、そういう「整備」をやったのだろうなあとも想像しています。
 写真は、この通りにある商工会議所の支所。作りはよくある事務所。そして、前に車が停められるスペースが2~3台。その、駐車スペースにちょっと屋根をかけることで、それはそれはなんの違和感もなく、まちに溶け込んでいます。
 お店の軒先をみんなの雨よけのためにつかってもらう「雁木」のまちの、しっかりした燃えにくい建物との両立も、案外こういう形の建物がまじってても、違和感がないのかもしれないなあと、そんなことを思いながら散歩してきました。

 糸魚川駅北大火のエリアは、どうなるのだろう。いろいろな知恵がこれから出てくるのだろうけれど、その場所で商う方や住まう方たちがどんな町を描くのか。楽しみに・・・というとちょっと語弊もあるのだけれど、でも楽しみに待ちたいと思います。

 おはようございます。

2017年3月 5日 (日)

故障中

832a9526_1

 今日は、すこし暗い頃から移動をはじめて、隣県で仕事をしています。
 移動途中にふと「あ、ここにも公衆電話あるんだ」と気づいて立ち寄った、R8大ふところのところの展望台。
 まじまじと見てみると、「故障中です」の文字が、液晶にうかびあがっています。

 携帯電話が普及して久しいだけに、公衆電話から電話をかけることはほとんどなくなったのだけれど、それでも暗い場所、寒い場所にぽつんとあかりがあると、なんだか心強い気持ちになるもの。「あ、電話だ」と思ってあかりの箱に入って、これだとがっかりするひともいるんじゃないかなあ。
 修理して電話できるようにするか、通電自体やめてしまうか。どちらかのほうがいいような気もするのだけれど。

 とはいえ、このISDN公衆電話には、モデムをつないでのメール送受信などで一時期本当にお世話になりました。まだまだ現役でちゃんと通電されているのを見ると、なんだか相棒に久しぶりに遭遇したような気分にもなって、ちょっとうれしかったりもします。
 だから「なおしてやってほしいなあ」と、なおのこと思うのかもしれません。

 そんなこんなで、建物の中でPCいじってるのが惜しいようないい天気、ですねえ。
 おはようございます。

2017年2月27日 (月)

緞帳

832a8971

 昨日は、ビーチホールまがたまで石塚友和くんのコンサート。
 ステージを撮らせてもらうときでも、たとえばSquallさんのライブのときには緞帳が下がることはないので、芝居とか演歌のステージのときには、まじまじと緞帳を見てしまいます。

 そんなわけで、ホール内の黄色い色の光の影響をすこし取り除いて、こんな感じで撮ってみました。姫とまがたま。緞帳って、ちゃんとお土地柄が、出てるんですねえ。

 さて、月曜日。今日はちょっと車で遠征です。
 プレミアムフライデーのパロディか、アンニュイマンデーなんてイベントもやるそうですが(笑)、みなさん、気を取り直していきましょう。

 おはようございます。

2017年2月26日 (日)

お昼からですよ

P2268972_1

 今日は、ときどき写真を撮らせてもらっている石塚友和くんの「歌謡ショー」。
 13:00開場、13:30開演ですが、すでに入場整理券を求める常連の方たちがお越しになってます。そして、ステージでは最後の準備がはじまりました。
 当日券もあるそうですので、ビーチホールまがたまへ、お越しください。
 会場でうろうろしているカメラ抱えたでっかいのは、それでもいちおうできるだけ邪魔にならないように黒いカッコでちいさくなってますので、お見逃しを(笑)。

 冷たい雨の朝ですが、あったかくしてお過ごしください。
 おはようございます。

より以前の記事一覧