2021年11月23日 (火)

キッズフェスタ2021

832a0866

 今日は能生事務所でキッズフェスタ2021というこども向けのお仕事体験講座のお手伝い。
 以前は糸魚川市民会館前あたりでこどもの日前後に開催されていた「こども大会」の衣替えなんだとか。こども大会のときにずっとお手伝いされていたIさんに久しぶりにお会いできて、おわったあとにいろいろお話しできたのも、たのしい半日でした。
 僕はプログラミングの担当。月曜日までやっていた各校のクラブとおなじく、Scratch を楽しんでもらいました。

 住んでいるあたりだけでなく、能生の方にもこういうご縁がだんだんできていくのは、なんだかたのしいなあ。

 そんなこんなで、なかなか風の強い一日だったけれど、一日雨が降るわけでもなく、なんだか楽しい日になりました。
 関わったみなさん、おつかれさまでした。

2021年11月22日 (月)

クラブ終了

Pb240001

 小学校のクラブで、プログラミングのお手伝いをしています。
 今日の回で今年受け持っている学校はすべておしまい。昨年までとちがい、今年は小中学校の子全員にipadが配られたこともあり、いままでの「パソコンかまっていいんだ。わーい」みたいな高揚感がなくなって、ごくふつうのツールとして接してくれた分、おもったよりずっと粛々と進められた感じがします。

 よく、年配の学校の先生や子育てサポートに絡むお年の方たちは「できるだけデジタルには触れさせないように」的なことを言う方が多いのだけれど、あることが特別なことではなくなり「じぶんの」がいつもあることで、かえってきちんといろんなことを考え、自分でコントロールするようになるし、なにより「だって自宅にいる間無菌状態を維持して、家を出た途端に遭遇なんてことをしたら、かえっていろんなトラブルにすぐ巻き込まれちゃうよ」と思う。「使いすぎさせないように」と「うまく使うように」は両輪。どちらもちゃんとやっていかないとね。

 さて。

 プログラミングは「漠然としたやりたいことを段取りに小分けして実現までの道を可視化する」もの。
 たとえば「手際よく料理する」のとおなじようなところがあります。

 日頃騒がしい子が案外と「!」なプログラムを書いたりと、おもしろい発見も多数。
 日頃の先生の先入観とは別の切り口の「あの子こんなことやっててびっくりした」を先生にお伝えして、先生が「へえ」と思うこともまた、校外からひとが入っていてクラブをやるいいことのひとつだなあとも思うのです。かきまぜて、空気をいれるって、漬物以外でもいいことなんだよね、きっと。

 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2021年11月 8日 (月)

よけてあるよ

Pb060007

 路面にペイントしてある注意の文字。
 消雪パイプのノズルのトコロにかかる部分は、ちゃんと外してありました。
 たしかに、塗ると詰まっちゃうかもしれないものねえ。

 あちこちで通水してのパイプのチェックがはじまりました。
 もう冬も近いんだなあ。

 おはようございます。

2021年11月 7日 (日)

きれいにたべるなあ

Pb060011

 本当に、皮だけのこして中身はきれいに食べてある柿。
 鳥って、器用だねえ。

 いつもは暗くなってからのウォーキングを昼間できる週末。晴れていて、そこそこあたたかくて。
 こういうの、うれしいなあ。

 さて。

 今日は、グレートトラバース3の一筆書きを終えたばかりの田中陽希さんが糸魚川でトークショー。
 ネットで申し込んで抽選とのことで、あたった家族が出かけていきました。

 COVID-19の予防接種申し込みとおなじインフラ(Logoform)での申し込み。
 こんな風に、特に大きな開発を伴わなくても、行政インフラで電子申請的なことができるようになってきているのだなあ。国策のワクチン接種申し込みと、市民会館のトークショーの申し込みがおなじインフラでできる。こういうことは、実はいろんなことを変えていくような気がします。
 国の催し物開催基準の緩和で会館定員の1/2程度にする必要がなくなったということもあって、1000人程度のお客さんがトークショーを楽しんだそうのなのだけれど、これだって"11/3締め切りで希望者多数の場合抽選、11/7が当日”の催しは、メール等が前提じゃなくて全部郵送の返事だと、たとえば「往復はがきで当たった人にはんこ押して返送」とか手作業も多くなり時間もかかるし、土曜日に郵便の集配をしなくなることもあって「入場券が届かない」ということにもなりかねない。
 ほのかなところだけれど「ITいいよね」の静かな実例だったとも思うのです。

 そんなこんなで、今日もお疲れ様でした。

2021年11月 3日 (水)

練習

Pb010003

 駅北大火のあとで「地元の消防団は大規模火災だと消すこと自体で手一杯なので、周辺市町村同市でドローンによる現状把握チームの相互協力をやろう」なんて話が富山方面のドローンの専門家さんから出たことがありました。
 その後、ドローンはかなり一般的になり、大型で高速巡航できるものが業務用でどんどん使われるようにもなりました。

 この日も姫川の河川敷でドローンのトレーニング。
 「もしものとき」はないのが一番いいのだけれど、それでもなにかあったときのために。
 「もしものとき」の準備をするひとたち。よろしくお願いします。

 さて、本日、ウチの「もしものこと」文鎮化したスマホのかわりに、無事simカードが入り、電話ができるようになりました。一部のみなさん、ご迷惑おかけしました。連絡つくようになりました。
 microSIMだの、nanoSIMだの、めんどうくさいねえ(笑)。

 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2021年10月27日 (水)

タイムマシン

832a7690

 数年前のお酒の催しのときの写真がほしいというリクエストをいただき、探していたら懐かしい以前の加賀の井さんの写真が出てきました。
 たしかこれは酒蔵見学させてもらって、試飲もして、にこにこしながらかえった夜。
 なんだか、懐かしいなあ。

 さて、COVID-19の難儀な日々もそろそろおしまいになることを祈って、今週末から「マンスリーバル街」がはじまるそうですよ。
 詳しくはこちらから。
 https://monthly.bar-gai.jp/

 では、おやすみなさい。

2021年10月24日 (日)

石の分布

P_20211019_070654

 一荒れした後。
 姫川河口近辺では、波打ち際付近は小石が少なく砂中心。ちょっと離れたところで一段高くなり、そこから大きめの石になっています。
 空中からドローンで定点観測すると、石の移動がかなりはっきり出てきて、きっと面白いんだろうなあ。

 そして、波は岸から3~5m向こうでいったりきたりしていて、その手前側は東から西に流れる川の流れがそのまま波に陸側へと押しつけられている感じ。
 たぶんこの水中の境界線に、だんだんと「陸」が育っていって、河口はずいぶんと西側にうねった感じになるのだろうなあと想像しています。

 さて、今年も市内の公設美術展シーズンは終わり。本日までの青海美術展にもこっそり2枚写真を出しておりました。
 ご覧いただいた方、どうもありがとうございます。

 もう少し、腰を落ち着けて、写真を撮りたいなあ。
 では、おやすみなさい。

2021年10月23日 (土)

空の広さ

832a9956

 雲が全然出ていなくて、一面真っ青というときよりも、こんな風に「おおむね曇っているのにここだけ開いている」ときのほうが、そらってデカいなあと感じることがあります。

 重苦しい黒い雲もあれば、夕焼けも、青から藍へと移ろっていく空もある。
 こういうのが見られるのは、夏と冬の間の季節ならではかもしれないなあ。

 朝の冷たい雨の時間帯、今日は下早川地区公民館で「高校生講師がお年寄りに教えるスマホ講座」の後見役としてにこにこしてました。
 高校生の二人は今日が3回目。ずいぶんと慣れてきて、なんだか微笑ましく、先週の田沢地区公民館での講座のとき以上に僕はいてもいなくてもいい人という感じでした。

 なんだか、若い子が頼もしいのって、いいよね。
 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2021年10月15日 (金)

会合終了

Pa159393

 なのかな。

 ご近所の建物から、三々五々とひとが流れ出してきました。
 そして、僕はこの横を通って1時間ほどの散歩。

 雨が降らないと、徘徊はたのしいなあ。
 そして、ソラでは月と木星のランデブー。

 今日もおつかれさまでした。

2021年10月12日 (火)

832a0336

 ご近所で、お宅の立て替えにともなう取り壊し中。
 半分くらい撤去がおわったところで、二階の窓を通して眺める里山。
 ひとんちなのに、なんだか感慨深い。住んでいたならなおのことだろうな。

 ウチのあたりは半世紀くらい前にたくさん家が建てられたあたり。
 ウチも含めて当時の普請はあまり耐震などに配慮はしていないし、地盤も砂地であまりよくないところなので、10年くらい前からあちこちで建て替えがはじまりました。消費税が10%になっても、コロナ的不況や物不足があっても、生活は転がっていく。
 なんだか、そういう意味ではパワーを貰う光景でもあります。

 今日もおつかれさまでした。

より以前の記事一覧