2021年1月21日 (木)

山賊

P_20210121_103608

 トリアゲルから山賊だって聞いたときは「へー」と思いました。揚げてるのに「焼き」だし、なかなか不思議な名前の山賊焼き。
 今日の小学校の給食になっているようです。

 塩尻は糸魚川とは姉妹都市。とても素敵な図書館もあるし、駅のホームにはブドウ畑があるし、しばらく行ってないけれどまたいってみたいなあ。

 というわけで、これから一週間くらいは給食が特別版のようで、出雲・諏訪にまつわる給食もあるんだとか。
 糸魚川世界ジオパークのFacebookページにも、なんだか四コマまんがで紹介されているようです。
 https://www.facebook.com/ItoigawaGeopark/posts/4133480293341974

 御神渡サラダの日までに、御神渡はおきるのか。
 朝子どもを送るために車を出したら、温度計は -2℃ だったけれど、陽がさしてかなりあたたかくなりました。
 こういう昼間も、ないとね。

 そろそろお昼。みなさん、おいしいお昼ゴハンを。

2020年12月30日 (水)

ようやく年末行事

P_20201230_101842

 今年から少し少なめにしたお餅。
 それでも5臼。鏡餅は7対。あとは伸し餅。
 お昼には大根おろし、きなこ、お汁粉。

 これで、明日神棚を掃除してしめ縄を変えると、ようやくお正月気分になるのかな。
 スーパーに行くとすごい人手。ガラポン抽選もやっていて「ああ、お正月だ」という感じがしてきました。
 午後から大量の水ようかんも買ってきました。

 相変わらず明日も仕事なのですが(笑)、それでもお正月は誰にでもやってくる。
 なんとなく、佐野元春のChristmas time in blueを思い出したりもしながら。

 起きたら、真っ白になっているのかな。
 おやすみなさい。

2020年12月 3日 (木)

大吟醸の~

832a2968

 昨日の夜、ウチの夕ご飯は鮭をつかった粕鍋。寒くなってくると出現頻度がだんだんとあがっていきます。
 この間、冷蔵庫にあるストックの酒粕を見たら吟醸酒の酒粕で驚きました。昔は、もう汁気も出ないくらいにがちがちにしぼった板粕しかシロウトは手に入らなかったのに、ふつうにスーパーでこういういい粕が、手に入るようになったんですねえ。

 というわけで、職場のおとなり、木金だけ開く「わいわいマーケット」で、いといがわ甘酒米食パンを発見。甘い酒米の食パンなのか、甘酒風味の米食パンなのか(笑)。
 袋には「田原酒造 大吟醸酒粕入り」の文字。大吟か、いいなあ。
 お昼は食べちゃったので、家で楽しんでたべようと思います。

 最近はお酒を控えているので「ちがう酒」の楽しみということでのご紹介なのです。
 強い風の午後ですが、お気をつけてお過ごしください。

2020年10月 6日 (火)

紙の先行事例

P_20200930_121755-1

 昨日から、全国の先陣を切って、Go to Eatキャンペーンが新潟ではじまりました。
 デジタルクーポンとか、予約サイトでポイントとか、いかにもIT的な手法は採らず「おまけつき食事券」として昨日から新潟日報関係のいろんなところで販売されているんだそうです。
 https://niigata-gte.com/

 今回のキモは、新聞販売店での販売ということかもしれません。離島とか、コンビニがないところはあるけれど、新聞販売店や郵便局がないところは、ないものねえ。
 個人的には、新聞やさんがお食事券を売る事業をコンペで提案して受託するというのは、ある意味「ラジオの報道番組の途中でさっきまでニュース読んでたアナウンサーがそのままCMやラジオショッピングで商品絶賛する」のにどこかつながる違和感がないわけではないのだけれど、それよりも「大手やチェーン店、都市部以外にも人は住んでいて、COVID-19で困っているんだ」ってことを考えれば田舎ではいいやり方だったと思います。

 こういうとき「ICTのうまいつかいかた」ということ、考えちゃうんだよなあ。
 自分の仕事はそっち方面。今回の件でも、デジタルチケットにすることで出るメリットも出すことはできるような気がする一方で、デジタル弱者のひとが利用できないってのは本末転倒だしなあ、と。

 これが「だから紙の方がいいんだ」につながって、いろんなことでいらない手間を大量にかけるようになるのも本末転倒なのだけれど、「すぐやる」「ちょっとだけの期間やる」時に、場合によっては「紙」でやるというのも、ひとつの選択肢だなあなどと、そんなことを思ったりもするのです。

 一方で、たとえば博多の「さきめし」のような、ITを使い、行政から出てくるお金に期待もしない工夫をさっさと立ち上げてきたひとたちもいるわけで、そういう「行政とは別に勝手にやる」というのも、うまくできるといいなあと、そんなことも思いながら。

 写真は、9月末までの市内のプレミアム商品券を使った、精進ちらし。昼間にあんまりごちそうを食べて、アタマが宴会モードになっても困るので(笑)。そうはいっても、プロが煮たかんぴょうってのは、うまいんだよねえ。

 そんなこんなで、そろそろ夕方。あとひとがんばりしませう。

2020年9月28日 (月)

比較

P_20200927_191952

 昨日は、ウチのばあさまの喜寿な誕生日。
 きちんとお祝いする甲斐性はないので(笑)、ご近所で夕ゴハンをたべてきました。

 デカい海老フライ。はずした頭のとなりに八幡屋磯五郎を並べてみると、ほんとうにデカいな、と。
 大海老フライといえば、旧銭形(あげ藤)さんが市内では有名だけれど、昨日は魚祭さんにて。
 あげ藤さんではお店に出なくなってしまった辛造りもこちらにはあるので、なんだか懐かしくいただいてしまいました。

 体重には効きそうだけれど、ごちそうさまでした。

2020年9月13日 (日)

ベリーベリーベリー

P_20200913_152005

 今日は、糸魚川の夏の風物詩のひとつ、能生・佐藤菓子補さんのかき氷の最終日。

 いくつかのフレーバーはもう売り切れ。僕らが頼んでいる途中にも、あらためてひとつが売り切れになる最終日は、小雨交じりだったこともあり風が通り抜ける外のテーブルでではなく、テイクアウトを駐車場で食べることになりました。
 まあ、仕方ない。コロナのとしのなつだもの。

 自分は、ベリーベリーベリー。その他、キャラメルとか、いちごにおだんごとか、宇治ミルクとか、家族でたのしみました。
 来年は、真夏のジリジリ暑いときに、外でガラスの器でがっしがっしといきたいなあ。

 というわけで、今年は今日が「たべはじめ」で「たべおさめ」。
 今年もごちそうさまでした。

2020年7月 3日 (金)

吟醸無銘

P_20200703_195842
 市内の酒屋さんと、市内の酒蔵さんの企画の一本。
 味の濃いいい味のお酒でした。おなじく、市内の居酒屋さんが市内の海水からつくった塩としないの酒蔵さんの酒粕で仕込んだ塩辛とともに。

 幸せだなあ。
 今週もお疲れ様でした。

2020年5月23日 (土)

あまえびさま、あまびえさま

P_20200523_140559

 というわけで、糸魚川駅ちかく、キターレの土曜キタ市で、家族がこんなアマエビ唐揚げをかってきました。
 糸魚川は甘エビがとても身近なところ。僕の小さい頃は刺身のエビといえばこれしかみたことがなかったくらいだったで、最近の妖怪アマビエのもてはやされ方には妙な親近感を感じるひとも多いはず。

 んで。

 21日からの週1の小中学生のスポーツ活動が(ようやく)容認されたこともあって、今日はあちこちで練習の声。
 天気もいいし、これが正しい姿だよね。

 野放図に「緩む」ことがないようにするには、徹底的に自粛するのではなく、節度を持って動けるタイプのひとたちが、野放図に動く人たちよりも先に「節度を持った外出」のスタンダードな形をつくることが大事なのではないかと思う。

 外でゴハンたべたり、スポーツしたりも含め、できる配慮をした上で、ちゃんと「出て」いきましょう。
 だって、いついつで収束なんてことなく、これから数年はずっと「ヤツ」とはつきあっていかなきゃ、いけないんですから。

 みなさん、たのしい週末を。

2020年5月18日 (月)

実はこれがいちばんうれしい

P_20200518_123839-1

 今日のご近所のお店での日替わりランチ。本体もなかなか豪華で、ものすごくごちそう感があったのだけれど、個人的に一番うれしかったのが、これ。
 もずく(ウチの言い方的には、も[ぞず]く、発音記号の æ みたいな感じ)の酢の物が小鉢としてついてきました。
 沖縄産などの太くてふうわりとしたものとは別物の、日本海のシャッキリした食感のもずく。ウチは、祖父が鬼伏、祖母が外波ということで、もずくは外波スタイルの、ショウガの効いた味噌味の酢の物をどんぶりいっぱいに作って大量に食べる形で食卓にあがります。
 もずくの酢の物に味噌がはいることはほかではあまりないので、この地元スタイルで小鉢が(しかも小鉢というには少々多い、まるでどんぶりから自分の小皿にとりわけたような量で)出てくるのは、かなり幸せなのです。

 となりのテーブルから「ああ、呑みたくなった」の声も聞こえてきました。ほんとだね(笑)。
 というわけで、写真は「魚祭」さんの今日の日替わりについてきたもずくです。

 ランチがんばってるお店、いっぱいあります。ぜひ、みなさんも時々ご近所ランチを。

2020年5月10日 (日)

アマエビ

P5124925

 ではなくアマビエ(笑)。
 全国あちこちでCOVID-19退散願いで妖怪アマビエのお菓子やお酒などがでてきていますが、これはお隣上越市、大杉屋惣兵衛さんのアマビエ生菓子。

 いろんな願い、いろんな商いの機会が失われている中でのいろんな挑戦。
 こういうの、いいよね。

より以前の記事一覧