2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

こんな写真を撮っています

2017年7月18日 (火)

フォワードのつらさ

P_20170718_065116_hdr_1

 海の近くで、まじまじと眺める防風林の松。
 いちばん前は、まるで逆さまにしたUの字のようになっているし、その次も風に煽られたように後ろにまがっている。
 そして、だんだんと後ろに行くにしたがって、背が高くなる。

 今日は風の強い朝だったけれど、こんなふうに体張ってくれてる連中がいるので、昔は「砂だらけでこんなところに住むのはイヤだ」と言われた(そして、古い家はみんな、家の周りにけっこう高い塀がめぐらせてある)僕らのあたりで、あまり海風や砂を気にせずに暮らしていられるわけです。

 いつもはあんまり気にしないんだけれど、この右肩上がりのグラフみたいな松林を見ると、なんだか、思うんだよなあ。

 途中で強い雨が降ったかと思えば、またもわっと暑く照ってきたり、梅雨明け前のなかなか難儀な天気ですが、そんなこんなでお昼からも熱中症にならないようにお過ごしください。

2017年6月29日 (木)

いけーーー

P6283314

 自転車での通勤は、楽しい。海岸沿いを眺めていると、釣りをしている親子連れを見つけました。お父さんが竿を振って投げるときは、子どもさんも一緒にアクション。きっと、こういうのって、楽しいだろうなあ。
 強い光が眩しい季節、ときどき思い出したように雨が降るけど、なんだか光りの色はあんまり梅雨っぽくないまま、そろそろ6月が終わろうとしています。こういうときは、梅雨明けの最後の一雨が、酷かったりするんだよなあ。くれぐれも、天の神様には「おてやわらかに」お願いしたいところです。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年6月18日 (日)

ソラと海とでおおちがい

832a2972

 ときどき「海の色は空の色」なんてタイトルで写真を載せることがあります。ほんとに、海ってのは空の色が写ってるんだなと思う。でも、それは光りの届き方で全然ちがって、上に重たい雲がのっかってて水平線あたりだけが開いているような時には、こんな風にソラだけ明るく、海はもう黒い色になっているなんて夕暮れも。

 最近、ドローンを飛ばす方が増えてきて、いろんな場所の空撮を見せていただくことが多くなったのだけれど、ちがう角度で見ると「ああ、こういう仕組みになっているのか」と思うことも多いもの。この風景も、雲の上から見れば全部が朱色に染められていて、そのうちほんの一部だけが雲の裂け目から入り込んできている。そんな感じなんだろうなあ。

 そういえば、金曜日のNHK BSプレミアムの「美の壺」では、糸魚川の翡翠のことがずいぶん取り上げられていました。こうやって石を探しながら海岸を歩くひとの姿は、昔から見慣れた風景。そして、オヤジが山奥で昔拾ってきた原石を切って、指輪やペンダントみたいなものを作ったりなんていうDIY的な翡翠装飾具も、身近にあったお話。
 考えてみれば、そういったことも、案外と珍しい「この土地だけのこと」なのかもしれないなあ。そして、この年になってもまだ、地元との再会がある。こういうのって、なかなか楽しいコトかもしれないなあと、今になって思ったりするのです。

 さて、痛かった足もずいぶんよくなってきたので、今日はカメラ持ってちょっと散歩してみようかな。その前に、お昼くらいまでの仕事を一段落させて、まずは昼寝かも(笑)。

 おはようございます。

2017年6月15日 (木)

船は、行く

832a2889_1

 夕方、海岸から見えるところにちょっといつも見るのとはちがう形の船がありました。網が見えるから、漁師さんか、釣り人か。いろいろ工夫してあるなあ。
 朝ちょっと煙っていた雨もあがり、昼はそこそこあたたかく、そして日が落ちる頃にはすこし肌寒くなってきた昨日。なかなか梅雨には、なりませんねえ。

 さて、昨日は近所のちっちゃい子と「ちょっとそこまで競争」しようとして、一歩目でいきなりふくらはぎがつり、今日はシップしてひょこひょこと歩いてます。
 サッカー前のこどもたちによくいう「ちゃんと真面目にアップやクールダウンしないと、怪我するよ」は、まさに実感(笑)。彼ら小学生は、いきなり動いたり止まったりしても、あんまり怪我、しないもんね。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年6月 8日 (木)

茂る

832a2704

 海藻がもっさもっさと海中で茂っているところに、強い夕方の斜めの日差しがあたると、時になかなかきれいな眺めになります。
 こういう模様の和服とか、ありそうだなあと思ったり。

 関東甲信までが梅雨入り。この時期いつも「新潟はどこだ」と思うのだけれど、「北陸(新潟を含む)」も、近く梅雨入りなのかな。こういう強い夕陽は、ちょっと登場頻度が下がってくるのかも。

 そんなこんなで、今日はしとしと雨の朝です。黒姫山も、下から見ると「雪形」がずいぶんと小さくなってきました。

 おはようございます。

2017年6月 6日 (火)

これも蜃気楼?

832a2763

 昨日は、涼しげながら日差しは強烈。きらきら光る海面を写真に撮ると白黒写真のようになるような一日でした。でも、お昼を食べたあと、公園の中をすこしウォーキングしたら、Tシャツへの風は心地よかったなあ。そうかと思うと仕事のためにテザリングの電波がいいようにダッシュボードに出しておいたスマートフォンが触れないくらい熱くなったりと、どんどん季節はめぐってるのだなあと実感します。

 んで。

 昨日は、水平線の向こうに能登がよく見える日でした。
 で、拡大してみると、陸地の右端が海の上に浮き上がって見えます。
 海面もだいぶぼこぼこしてるし、これも蜃気楼みたいなものなのかな。

 今日は昨日とはうってかわって、見た目と気温がリンクしている晴れ。そこそこ暑くなりそうです。

 おはようございます。

2017年5月31日 (水)

海ですること

832a2505

 やっぱり、やるよなあ。
 夕陽の頃には、叫んだり座り込んでいろんな話をしたりも、するんだろうか。
 石で水切りしたり、どこまで届くか競争したり。

 それもまた、浜。

 そんなこんなで、今日もなんだか暑くなりそう。
 おはようございます。

2017年5月30日 (火)

告白

832a2536

 キラキラした光りの前にひとがいると、なんだか自動的にモロボシダンが友里アンヌ隊員に宇宙人であることを告白する、ウルトラセブンのワンシーンを思い出します。
 この時期、海岸近くでいくらでもこういう写真は撮れるなあ(笑)。

 さて、昨日は海岸線あたりがふうわりと霞む天気。だから、鮮烈ではなく、どことなく優しい色の夕景でした。海面も波立ったり平らだったり風が吹く場所吹かない場所があるのか、夕陽の真下に一本線で光の道ができるのではなく、左右にすこしずつぶれたり切れたりしながらの光り方で、どんな仕組みなんだろうといろいろ想像してみたり。

 19時過ぎでも夕方の海が楽しめると、仕事帰りでもちょっと海を眺めてみようって気分になります。陽が長いのって、なんだかいいなあ。

 そんなこんなで、今日はちょっと暑い日になりそうですが、しっかり水分を取って、一日のりきりましょう。

 おはようございます。

2017年5月28日 (日)

夏色

832a2467

 だなあ。三角波がたつ風の強い日曜日。坂の上から海を見下ろして、ふとそんなことを思う。まぶしい太陽の光。ここから自転車で下っていくのも、きっと気持ちがいいだろうし(ここまでのぼってくるのはちょっと・・・だけれど(笑))。

 あちらこちらの田んぼでも、苗が風に揺れていて、水面にはアメンボだかミズスマシだかがうろうろと動き回ってます。

 朝からのトラブル対応も一段落ついたし、これからのんびりしよう。
 そんなこんなで、みなさんも、おいしいお昼を!。

2017年5月 7日 (日)

休日

P_20170505_182312_hdr_1

 昨日は「カメラの休日」。ホントにカメラでも、スマートフォンでも、一枚も撮らない日でした。しっかり働いたなあ。
 連休中、休みの日は万歩計によると毎日3~4時間は動き回ってて、けっこうカロリーも消費してるのに、働いてる日には30分くらいしか歩いたりしてなくて、消費熱量も少なくて。やっぱり、仕事って体に悪いなあと思ったり(笑)。

 なにはともあれヒトが休んでいるときしかできない仕事もおおむね終わり、来週からの通常営業に無事移っていけそうです。
 というわけで、写真は一昨日の夕方の須沢海岸。ふうわりと暮れていく夕陽って、いいよなあ。

 今日は風が強いですが、いい天気のようです。松本悠斗くんの糸魚川での大きなコンサートもありますね。

 みなさん、よい日曜日を。

より以前の記事一覧