2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こんな写真を撮っています

2017年5月 7日 (日)

休日

P_20170505_182312_hdr_1

 昨日は「カメラの休日」。ホントにカメラでも、スマートフォンでも、一枚も撮らない日でした。しっかり働いたなあ。
 連休中、休みの日は万歩計によると毎日3~4時間は動き回ってて、けっこうカロリーも消費してるのに、働いてる日には30分くらいしか歩いたりしてなくて、消費熱量も少なくて。やっぱり、仕事って体に悪いなあと思ったり(笑)。

 なにはともあれヒトが休んでいるときしかできない仕事もおおむね終わり、来週からの通常営業に無事移っていけそうです。
 というわけで、写真は一昨日の夕方の須沢海岸。ふうわりと暮れていく夕陽って、いいよなあ。

 今日は風が強いですが、いい天気のようです。松本悠斗くんの糸魚川での大きなコンサートもありますね。

 みなさん、よい日曜日を。

2017年4月30日 (日)

片葉の松のモト

P4291223

 昨日は、コドモがお世話になってるサッカーチームに妙高で合宿中のチームがやってきて、海岸近くのグラウンドで合同練習。ものすごく風が強い日で、交代で休んでいる子たちと、グラウンドを囲んでいる松の木の形の話なんかしてヒマつぶししてました。

 海に近い方が低くて、はなれるにしたがってだんだん高くなる。海に近いほうほど、枝が海に向いていない。葉も、幹も、山側に傾いで伸びている。さらに、東寄りに。
 昨日も、北西から南東へと強い風が吹いていました。まさに、松の形は、風の向きなんだよなあ。

 そんなわけで、良く晴れた日でもそこそこ海は波が高かったりします。波打ち際であそぶときには、さらわれたり上からかぶったりしないように、気をつけて下さいね。

 おはようございます。

2017年4月26日 (水)

毎日ちがう色

832a1373

 昨日もおだやかな夕方。でも、おなじく夕陽が沈んでいく夕どきでも、一昨日は鮮やかな赤で、昨日はふうわりとした紫。毎日、ちがうものだなあ。そして、それをちゃんと楽しめるというのは、ありがたいことだなあ。

 さて。

 昨日は、毎年夏にやっている芝居の仲間たちが仕込むお化け屋敷の一回目の打ち合わせ。僕は毎年「ちっちゃくてお化けが怖い」子たちのためのおばけおはなし会の部分の担当なのだけれど、ひとつ間違えばお隣の国絡みでトンでもないことがあったかもしれない日、去年とはずいぶん姿をかえてしまった界隈での大きな催しの打ち合わせをするということに、あらためて「あたりまえにいつもの日々」ってのは、ありがたいことなのだなあとつくづく感じる日になりました。

 そんなわけで、今日は雨降り。こんな色の海を眺めることはできないだろうけれど、それもまた「日々ちがう色」。毎日眺められるから、毎日のちがいを楽しめる。海の近くって、楽しいなあ。

 おはようございます。

2017年4月20日 (木)

計算できない

832a1097

 今朝は、良く晴れていて風もだいぶおさまったものの、波はやや高め。
 いつもより陸の方まで波はやってきて、強い引き波が砂浜の上に模様を作ります。

 毎回波の下にはいるときにはリセットされるはずなのに、ちゃんと引くときにそのたびに律儀に模様は作られる。そして、その模様はというと、石のまわりでは妙に菱形がきれいにならぶのです。
 ちゃんと計算して、図面引いたりしたら、けっこう時間がかかりそう。
 ざっと水ながして、ざっと引かせただけで、こんな砂型作っちゃうのだから、うまくできてるものだなあと、妙なことに感心した朝なのでした。

 荒れたあとの海岸は、石拾いのメッカ。でも、なかなかまだ波も高いですし、行かれる方はくれぐれもお気を付けください。

 おはようございます。

2017年4月19日 (水)

何度見ても

832a1035

 あれは「赤いろうそく」だなあと思う。
 僕は、この美山のゴルフ練習場あたりから見下ろす海が本当に大好きで、仕事の移動中もときどきこうやって眺めているのだけれど、よくはれた日だけでなく、昨日のように雨が降って海が荒れているような時も、日差しが差すときれいなんですよね。
 そんなわけで桜はだいぶ散ってしまったけれど、風のある日の眺めも、楽しんでいます。

 風、というか、風邪といえば、お祭りとか選挙とか、大人が集まる催しが多かったこともあってか、市内で妙にインフルエンザ(B)が流行してるようです。みなさん、くれぐれも手洗いうがいなどして、お気を付けください。

 おはようございます。

2017年4月17日 (月)

大漁

832a0860

 昨日の夕方、海岸に夕陽を見に行くと、ちょうど家族連れが釣りから戻って来るところ。ちっちゃい子が30cmくらいの魚を何匹もぶらさげていて、すごく自慢げに見せてくれました。「すごいねー」といったらにこにこして帰って行ったけど、こういうとき、釣りに連れて行ったオヤジって、きっと「うちのとーちゃんすごいぞ!」なんだよね。とってもほほえましくて、おもわずこちらまでにこにこしてしまいました。

 んで。

 今朝歩いていたら、土曜日地域のこどもたちが一斉清掃したばかりの臨海公園にたくさんの空き缶が放置されていて、なんだかしょんぼりしてしまいました。ほんの100mくらい先には、缶を捨てるくずかごがあるのになあ。
 誰が悪いとか、どうするべきだと言っているよりは、拾っちゃったほうがはやい。そう思うので目に付くヤツは拾ってきたのだけれど、いろいろ困ったコトがあるときって、たぶんいろんな面で「動いちゃった方がはやい」のだと思う。
 大げさにうごかなくても、たくさんのひとを巻き込まなくても、思ったこと、さっさとやるようにしたいなあ。そんなことをふと思った月曜日の朝なのでありました。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年4月 6日 (木)

塩はかわくと

832a0049

 白いんだなあとか、海の水って「塩水」なんだなあとか、まじまじと思うのは、最近海面の上に出ているものが塩で真っ白になってるのをよく見かけるから。
 これは、「波が穏やかになったんだなあ」でもあり「あったかくなったんだなあ」ということでもあるのだけれど。

 さて。

 昨日は、茨城から年の離れた友人が、お子さんを連れて糸魚川へきてくれました。この電柱も立ち寄りポイントのひとつだったのだそうで。ここではお会いできなかったけれど、このあと仕事をちょこっと抜け出して、ホームグラウンドの須沢の浜でお会いできました。
 よその土地のひとがここに縁を感じて、「帰って」くるように遊びにきてくれるのって、うれしいなあ。
 そして、僕も茨城方面にいつか・・・とあらためて思ってしまったのです。カラダとおなじでフットワークも重くて、なかなかお伺いできないのだけれど、他の土地にこういう感じが持てるのって、なんだか憧れるワタクシなのです。

 おはようございます。

2017年4月 4日 (火)

千鳥足

P4049848

 酔っ払ってまっすぐ歩けないとき「千鳥足」なんていうけど、海岸近くの砂の斜面、鳥の足跡は確かにまっすぐ歩いてないなあ。坂を滑り落ちたり、また戻っていったり、足をとられたり。いろんな痕跡があって、なんだか妙に親近感。

 海岸の植物も、新芽が出てきていたり、あちこちのサクラのつぼみが相当赤くなってきたり。なんだか楽しみなあったかい午前中。これなら、呑んで千鳥足になって歩いて帰ってきても、寒くないかも(笑)。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年3月30日 (木)

逃げ水も、水

832a9680

 去年は、じりじりと暑い夏の昼間におなじ場所でおもったことを、まだ3月の昼間「あ、この季節でも逃げ水おきるんだ」と思ったときに思う。

 「逃げ水に、向こうの屋根の色、映ってるなあ」。

 逃げ水が水たまりに見えるってことは、振る舞いも水たまりなんですねえ。

 去年の夏とおなじようなことを思ったんだから、花粉も夏並に収束してほしい今日この頃です(笑)。
 年度末。みなさんお忙しいと思いますが、もし「あ、今日19:00からバイオリンのミニコンサートか」と思い出したら、ぜひ市民会館の入り口あたりにお越しください。

 おはようございます。

2017年3月25日 (土)

でこぼこ

832a0598

 はれたり雪が降ったりと、なかなか忙しいソラだった昨日は、水平線の「でこぼこ」も大きな日でした。
 夕方から、たぶん四半世紀くらいぶりに会う友人とお酒。すこしずつの呑み比べのセットで、まだ去年の仕込みの加賀の井が呑めたのは、幸せだったなあ。

 さて、今日はいといがわバル街の日。もしかしたら夕方から街をふらふら歩いているかもしれません。みかけたら・・・みのがしてください(笑)。

 おはようございます。

より以前の記事一覧