2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

こんな写真を撮っています

2017年11月 7日 (火)

確保

Pb069507

 先週みたときには、ここを通りかかるひとたちの努力でだいぶきれいになっていた海岸の遊歩道。週明けに立って見たら、ここはすっかりきれいにしていただいてました。
 流木は海岸にたっぷりあるけれど、これから冬に向かってまた何度も何度も荒れるし、これはこれで春までそのままでいいのかも。

 ちゃんと見てるひとがいて、仕事の手配をして、ちゃんと確保される。いろんなひとがこういうことをしてくれているから、日々の暮らしはまわっているのだよね・・・という話しを、ちゃんと子どもとしておこう。そんなことを思った朝なのでありました。

 さて、暦の上では立冬だそうですが、今日はあったかくていいなあ。なんだか昼寝しちまいそうな昼下がりです。みなさん、午後からもがんばりましょう(笑)。

2017年10月25日 (水)

爪痕

Pa249479_1

 夕方、海岸へいってみてびっくりしました。
 遊歩道のところにまで流木が押し寄せていて、ほとんど歩けない状態。
 砂浜は流木で一杯で、なんだかすごい様相でした。

 これ、片付けるの大変だなあ。これだけのパワーが、あるんだなあ、台風って。
 あらためてびっくりしています。

 僕は驚いてるだけだけど、ちゃんと仕事としてこれを片付けることを計画したり、お金をつけたりしているひとももちろんいるわけで、だからしばらくするときっときれいになると思うのだけれど、それも、あらためてありがたいなあ、と。

 流木がここや、場所によってはこの山側(左側)の公園のところにまできているということは、そこまで波が来たということ。やっぱり、荒れてるときは海に近づいちゃいかんってことですね。

 さて、今日は冷たい雨の朝です。風邪など召されませぬよう。
 おはようございます。

2017年10月19日 (木)

オールドメディア・ニューメディア

832a0728

 一昨日の晩、NHK教育(Eテレ)の夕方の小学生向けの番組で、緑のキャラクターを勇気づけるアイテムを探しに登場人物が糸魚川にやってくるというシーンを放映した回がありました。
 いつも散歩している自宅のすぐそこの海岸でのロケ。「田沢小学校6年生のみんな」とバーンと紹介されたこどもたち。オンエア後の昨日の学校は、けっこう狂喜乱舞だったようです。

 ちょうど、インターネット史をふりかえる本を読んでいたこともあって、その中で紹介されていた「ネットがメディアとして力を持ってきたというけれど、結局オールドメディアの圧勝じゃないか」という2010年くらいの頃を振り返る文章が妙に腑に落ちたり。その後ネットはどんどん接する人の個人の嗜好を学習して、そのひとには「その人に引っかかりやすい(そしてなにかを売りたいヒトがそのひとにひっかけようとする営業活動を含んだ)ものを選んで」見せるようになっていく。そうなると、みんなでおなじものを見せるメディアって共感度は下がるのかもしれないけれど、いっしょに見た人へのインパクトはすごいんですよね。
 「みたみた?、昨日の天テレ」。案外、僕らがコドモの頃とかわらない姿は、今の学校にもあるんだなあ、と。

 もちろん、いろんなメディアの登場や接し方の変化で、ものすごくかわっているところもあるんですけどね。

 さて、ここ数日全然写真を撮っていないので、今日のは今週はじめの朝のもの。この草の間を抜けると、あの番組でみんながヒスイを探していた須沢の浜なのです。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年10月17日 (火)

これから晴れるぞ

832a0719

 そんな兆しの、朝のソラ。
 段々と連なっている雲を見ていると、ああ、繋がっているなあ。広がっているなあとつくづく思う、そんなすごく構造的な雲が広がるソラ。
 ここんとこ、秋雨な日がぽつんぽつんとあるだけに、雨が降らないと、なんだかトクした気分になります。

 さて、今日は遠くから久しぶりに帰省する客人。
 あわせて、ゼンマイを煮たり、きのこ汁を作ったり、新米の「白飯」をあわせて夕方に炊いたり。

 そんな話をしていたら、下の子が水でもどしていたゼンマイをみて「ゼンマイ、たのしみだなあ。僕大好きなんだよ」。小3なのに(笑)。

 田舎の子は、ちゃんと田舎のたべものを好きで大きくなる。
 日曜日の子ども神輿は雨で練り歩けなかったけれど、ちゃんとそういうところは繋がって行ってるんだなあ。

 さて、そんなこんなで、おはようございます。

2017年10月16日 (月)

どちらに見えますか?

Pa149392_1

 久しぶりの、浦本の海岸にある「密漁禁止」ブイ人形。
 この人形を見るといつも思うのだけれど、口の上の点々が「目」に見えると、なんだかかわいいし、「鼻」に見えると、なんとも怪しい。
 みなさんは、どちらに見えますか?。

 このご近所の、作者さんらしい方のお宅の横を通ると、いろんなデザインに工作されたブイがならんでいて、なんだかうれしくなっちゃって、通りかかるたびにまじまじと眺めてしまいます。今回も、青海中学校のチャレンジウォークのお手伝いで通りかかったので、また楽しく眺めてしまいました。

 というわけで、週明けはなんだか降るんだか降らないんだか微妙な感じの肌寒いソラ。
 そりゃそうだよなあ、今週末には蓮華温泉へのゲートが、締まっちゃうんだものなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年10月 4日 (水)

シマだねえ

832a0044

 糸魚川の海岸から見ると、能登は高いところだけがぽこっと見えて、なんだか半島じゃなくて島みたい。
 そうほかのひとから言われるまで、毎日のように見てても気づきもしませんでした。

 ほかのひとがどう思うかを聞くことって、おもしろいなあ。
 だから、ちがうってことを面白がれるほうが、きっといろんなことが面白くなるんだろうなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年10月 1日 (日)

人の目のすごさ

832a9592_1

 昨日の夕方は、おなじ高さの雲がつぎつぎと並んでいるようで、家人曰く「雲のパレード」のようだとのこと。
 大きな夕陽が赤く沈んでいき、そのまわりにはとても立体感のある雲が広がって「ああ、きれいだなあ」と言葉が洩れる夕暮れでした。

 だけど、写真に撮ると、夕陽に迫ればまわりの雲は外に切れてしまい、全部を眺めれば夕陽がどこにあるかもわからない。
 あらためて、注目しながらも全体も感じられる、人の目ってのはすごいんだなあと。
 「!」の場面の写真を撮るときいつも思うワタクシなのです。

 さて、今日もいい天気。昨日下の子が「ジオパーク探検隊」でおしえてもらってきた白山神社のシーボルトコギセルを探しにいったあと、フェルのはなれでレゲッドベンさんのパンを買ったりして戻ってきました。

 ここは、いいところだなあ。

 ではみなさん、おいしいお昼ゴハンを。

2017年9月26日 (火)

長いレンズで海岸に

832a9396_1

 そうはいっても海水浴の時期には水着のお姉さんたちもいるので、海岸にゴツいカメラをもっていかないようにしていました。そろそろ9月も終わり。ふうわりと沈みゆく夕陽にレンズを向けていても、あんまりいろんな気をつかわなくてもいいな・・・と思っていたら、今日のお昼時須沢の海岸をのぞくともぞもぞ動く水面(笑)。

 ラッシュガードとかじゃなく、しっかり水着の女性が、浅いところでどっぷり浸かって石探しをしていました。確かに今日はけっこう暑いものなあ。
 今年は、あっというまに夏が手仕舞ってしまった感があって、残暑残暑とあまり言ってなかった気がするのだけれど、しっかり暑い日は、暑いのだなあ。そんなことを思いながら焦って仕事をしております。

 それではみなさん、おいしいお昼ゴハンを。

2017年9月22日 (金)

海面模様

832a9249

 川とくらべて海というのは「流れがない」という印象があります。黒潮とか親潮とか、そういう大きなものはどんどんと流れているようなイメージがあるけれど、それ以外のところはただたくさん水があって、波がいったりきたりしているという感じ。
 だけど、まじまじと見ると、海面にはいろんなパターンが、出ているのだよなあ。

 写真は、今朝のもの。このあと、太陽があがってきたら、曇のある青空をそのまま映した「海の色は空の色だなあ」と思うような海面になってきていますが、色が一色だとしてもこんな風にいろんな流れのちがいが表面に出ている。
 こういうのを日々「毎日一枚」みたいな感じでドローンとかで見てると、きっと面白い移り変わり日記になるんじゃないかなあ。

 そんなこんなで、9月もあと一週間。気ばかり焦る「下旬」です。
 おはようございます。

2017年9月18日 (月)

台風一過

P9187361

 青空が広がったかと思えば、突然すごい雨が降り出したりと、なかなか不安定な天気の午前中。「台風一過!」って感じの青空は午後からなのかな。ちょっとでかけてずぶ濡れになってかえってきて、そのあとはおとなしく家で仕事をしています。

 それにしても、太陽が照っている時間帯の海面の色は、なんともきれいな色でした。川からの濁りがほのかにはいって薄緑色の海。そして、姫川近くは濁々としたコーヒー牛乳色で、境界線がはっきり出ています。それがたぶん今日の午後とか、明日くらいになると、この堺が見えにくくなって、全体的なグラデーションになっていく。
 それが抜けてもう一度青っぽくなる頃には、ちがう河口の形が見られるんじゃないかと、そんなことを思ったりも。

 風は強い夜だったけれど、心配したほどでもなく、ちょっとほっとしています。
 おはようございます。

より以前の記事一覧