2021年4月17日 (土)

埋まる

P4150041

 ひさしぶりに海岸を歩いてみると、波打ち際のテトラ帯のむこうの砂浜が少し広がっていました。ここしばらくの波と風の動きは、削り取るのではなく運んできて堆積させる働きだったのだなあ。
 そんなことを思いながら臨海公園のテーブルと椅子のところを見てみると、もうすっかり埋まってしまって地面と高さが変わらなくなってしまっている椅子。まわりには草もけっこう生えていて、これは昨日今日の話じゃなく、けっこう前からなのだろうなあと思ったりも。
 ただ、このあたりの草がどれくらいのはやさで増え育つのか、そして砂がたまるのにどれくらいの時間が必要なのかを思うと、案外今年の冬以降の短い期間で埋まったのかもしれないし、このあたりはちょこちょこ見ていると「大人の自由研究」になるのかもしれないですね。

 さて、いろんな人の名前が大声で飛び交う日々も今日でおしまい。静かな明日にはどんな結果が出るのか。楽しみに待ちたいと思います。
 本当に大切なのは、月曜日以降のことですしね。

 おやすみなさい。

2021年4月16日 (金)

海山近接

P4150040

 今日の写真も、徳合のいろんな桜から。
 糸魚川本当に海山近接地域。ちょっと小高いところに行くと、あちこちから海が見えます。ここだって、海岸線から15分くらい車を走らせただけのところ。

 海山近接というのは、言い換えれば「平地が少ない」ということでもある。それをネガティブに捉えるか「大して移動せずにどちらも楽しめる」とポジティブに考えるかで、転がり方はかわってくる。
 人が少ない以上、大規模になにかをやってスケールメリットという方向がなかなか難しいだけに、ニッチの宝庫として楽しむという方向性は、きっといいことなのだろうなと思います。

 文句を言ってやってもらい、やらないことにまた文句を言うよりも、まあ勝手にいろいろやらかそう。
 そんなことを思うけれど、思うだけで実行はなかなかしんどく・・・(笑)。

 おはようございます。

2021年4月11日 (日)

BBQの季節

 P4110044

 夕方、海沿いの公園を通りかかると、バーベキュー中のひとたちが二組。
 だいぶあったかくなったし「そういう季節」になってきたんだなあ。

 このとなり、人工芝のドームは、先週末から柱の腐食でトラロープで囲まれて立ち入り禁止になっています。
 みなさん、ご注意を。

 さて、今日は市長選、市議会議員選の告示日。名前を連呼する車も走り始めました。
 代議士の選挙などとちがい、市長も、市議さんも、知っているひとがいます。だから、そのひとがどんなひとでどんなことを訴えたりしそうだということはある程度想像がつきます。でも、選挙運動は「知らない人」に伝える工夫をしてほしい。そんなことを思うのです。
 「このひとは信頼できるヒト。だから信頼してくれ」は、身内にしか伝わらないこと。身内以外のひとに対しての「これをやりたい」「ここはゆずれない」「これが目標」をきちんと呈示すること。これからの時代にあらためて議員になろうとするひとならなおのこと、ここをきちんとやってほしいなと、そんなことを思うのです。

 そんなこんなで一週間。いろいろ見ていきたいと思います。
 今日もおつかれさまでした。

2021年4月10日 (土)

雨上がり

P4110045

 雨が降ると、舗装されたところは表面を流れ、それが砂の所に流れ込むと浸食します。
 砂浜は、スジができてるなあ。

 午前中は、となりまちでコドモの試合。そのあと、彼の「後輩」の試合を見に行って戻ってきました。
 声変わりしている下級生にからかわれて「パイセン」と言われる声変わりしていないなりたて中学生。
 なんだか、微笑ましい時間でした。

 だんだんと、グリーンシーズンに、なっていくんですねえ。

2021年3月19日 (金)

春霞

832a4134

 というほどいいものじゃなくて、もしかしたら大量にやってきている黄砂なのかもしれないけれど、まるで空気遠近法のように、遠くの山ほど霞んでみえる、こんな空気感の日々が戻ってきました。
 冬が終わればこんな感じ。

 そういえば、夕暮れもずいぶん遅くなったし、太陽もだいぶ海の方に沈むようになったなあ。

 そんなこんなで、今日もお疲れ様でした。

2021年3月14日 (日)

ばちばち

832a3888

 海沿いは風が強いので、あちこちに防風林、防砂林的な松が植えられています。
 今日も、ちょっと海岸をのぞきにいったら、かえってきたら耳の中が砂だらけ。たしかに、痛かった。

 そんなわけで、砂にも風紋ができていました。ここに夕陽がさしていると、写真では静かな風景なのだけどなあ(笑)。

 さて、また週明けからがんばりますか。

2021年2月27日 (土)

Yロウ

832a3797-1

 小学校の頃、ドラえもんに「渡すとなんでも言うことを聞いてくれる『Yロウ』」なるひみつ道具が出てきて「?」になったのを思い出します。
 受託収賄は「家でお金を貰うから、自宅収賄なのか」などと、「お食事券だか汚職事件だか」みたいな勘違いをしていることもありました。

 ヘンな話しですが、今大騒ぎになっている「7万円のゴハン」の件も、渦中の広報官の方の話しを伝え聞くと「女性だからこそそれがハンデにならないように」いろんな面で突っ張ってきた「名誉男性」みたいな雰囲気を感じます。こういう時、女性の地位の向上をと語るひとたちは、なんでこういう「もしかしたら大いにあるハンデと戦うなかで落とし穴にはまってしまった」ひとたちを守る方向にいかず、スポイルする方向で発言するのだろう。「呑み会はひとつも断らない」という無理をしなくてもいいように仕事ができるような世の中になるためには、こういう人たちを「あんたたちがこうやってきたから旧態依然」というよりは「あなたたちの骨は次の世代が拾ってやる。大変でしたね」のほうが、ずっといいんじゃないかと思うのだけれどなあ。

 こういうことは、どんな分野でもあるころ。いつか自分が撃たれる側に回る。僕らは、自分がスポイルされてきた世代だという自覚症状はあっても、その反動で無意識に下の世代をスポイルしていることに気付かなかったりもする。なぜなら、どの世代も、実は相当に意識しないとアップデートせずに今までの考え方でいろんなことを進めてしまうのだから。
 あすは我が身。我々も、たとえば森サンみたいなやらかしを下に対してやっているのかもしれない。
 だから、こだわる部分はこだわりながらも、意識してアップデート。

 知らぬ間に、Yロウを掴ませて言うコトきいてもらう面倒なひとになってしまわないためにも。
 2月もそろそろ終わり。「去る」3月がやってきます。

 おやすみなさい。

2021年2月26日 (金)

探してるねえ

832a3795

 先日のグレートトラバース3の黒姫山の回では、登る前の「海岸で石探し」は残念ながらおとなり朝日町でした。
 せっかくなら、糸魚川で拾ってから登ってくれたらよかったのになあ。

 そんなわけで、ちょっと荒れて、天気がよくて。そんな日は、石探しのひとも出没します。
 ここは、市振の海岸。
 いい石がみつかると、いいですねえ。

2021年2月15日 (月)

もりあがる海

832a3677

 なんで、日が沈みそうな海の光っているところは、もりあがってみえるんだろう。
 不思議だなあ。

 これから天気もだんだん下り坂。数日は夕陽もみられないかな。
 いちにちおつかれさまでした。

2021年2月 6日 (土)

波の力

832a3628

 1月はじめに続いた大雪の後、ひさしぶりに上越方面に向かったとき、筒石のちょっとさき、R8沿いにある漁船小屋がいくつか傷んでいることに気がつきました。なんだか、フォルムが「丸い」感じがする建物があったり、「数が減ってる気がするなあ」と思ったり。

 金曜日、仕事で行ったとなりまちからの帰りに、ちょっと車を降りて歩いてみたのだけれど、すごい波と風に洗われたのだなとあらためて思い知りました。

 こういうところで、漁師さんたちは仕事しているのだなあ。
 あらためて思う「ご安全に」なのです。

より以前の記事一覧