2020年10月24日 (土)

ナツメ社

P_20201024_094008

 という出版社が、パソコン黎明期の頃のいろんなアプリケーションのマニュアル本を出していたなあ。使い方の解説というよりは「ハンディリファレンス」。当時はどのアプリにも分厚いマニュアルがついていたわけだし、みんな不法コピーしてたんだなあ(笑)。

 というわけで、今日は地域の小学校・幼稚園の資源回収。段ボールやら新聞雑誌やらを保護者(と一部の小学生)が総出で集めて、それを活動資金にするというコトをやっていました。かつては「廃品回収」と呼ばれていたので、名前が時代の変化だな、と。
 今日でてきた段ボールには、IBMの当時の個人向けPC、Aptivaの箱がありました。たぶん四半世紀は前なんじゃないかと。懐かしいなあ・・・と、そんなこともあってナツメ社を思い出してしまいました。

 ナツメの実、ちょうどブツを集めていた自治会館駐車場の木にちょうどいくつかいい色でついていました。
 ちょっと手を伸ばして届く高さにはなかったのだけれど、またかじってみたいなあ。

 終わった頃から突然ひどい雨。晴れたり降ったりいろいろの一日。
 午後からもいい「のんびり」を。

2020年10月14日 (水)

ありがとうのタネ

832a1714
 高いところのプランターに植えていた朝顔。こぼれたタネが発芽して、二期作的に短いのが生えてきて小さな花を咲かせ始めました。
 このタネは、市振小学校の最後の春に「ありがとうの種」としていただいたもの。
 しっかり生き残ってるなあ。

 数メートル下の地面で生えている朝顔は、全長20cmくらい。花が咲いているのは地面から10cmくらいのところ。先はとなりの雑草につるを固めています。
 これだけ寒くなっても、ちゃんと夏の花は咲くんだなあ。

 強いぞ、市振小の子たちがとった種。なんだか、うれしい朝なのです。
 おはようございます。

2020年10月 5日 (月)

そろそろやつらも

832a0646

 ススキよりすこし遅れて、セイタカアワダチソウもあちこちでほのかに黄色い花を咲かせ始めました。
 困ったヤツ、空き地を蹂躙するヤツ。
 だけど、一時期のように一面コイツだけ、黄色い毒々しい花に枯れた足回りという、なんとも魔女めいた雰囲気の場所は少なくなってきて、かといっていままでものすごくコイツが生えていたところにその前の植生が戻ってきているというわけでもなく、なんとも不思議な「その後」になってきているところが増えてきている気がします。

 こういうの、見るたびに「ヒトって、勝手だよなあ」と思って、申し訳ないなあと思いながら駆除したり。
 オオキンケイギクとかコイツとか、迷惑なのだけれど、そのたびにいろいろ考えるワタクシなのです。

 今日もおつかれさまでした。

2020年9月14日 (月)

秋新

832a0082-1

 秋の新蕎麦の季節が見えてきました。
 ウチのご近所のそば畑は、あちこちで花がまっさかり。
 稲刈りもだんだん進んでいるし、いろいろ楽しみな秋だなあ。

 いつも楽しみにしている泉家さんが「霧下の秋新」とよぶ新蕎麦の粉には、まだあと二ヶ月くらいあるけれど。
 朝晩も涼しくて、ほんとうに「秋だなあ」と感じることが増えてきました。
 昼間はたとえ暑くても。

 というわけで、一週間はじまりました。
 今日もおつかれさまでした。

2020年9月 8日 (火)

ぎんなん

P9070052

 昨日の夕方、戻ってくる途中にぎんなんがたくさん落ちている場所を通りかかりました。
 遠く、九州の西を通っていった台風10号。うちのまちでは朝方から強い風は吹いたものの、その程度の影響。ただ、強い風で実りきらない(からあんまりくさくない)ぎんなんがずいぶんと落ちたんだろうな、と。

 普段ならもう少し先の季節の風景なので、なんとなく「ああ、秋も来るのか」なんてことを思ったり。
 そして、夜が明ければまた夜明け早々30度越え。暑い一日です。

 みなさん、しっかり水のみましょう。

2020年8月30日 (日)

思い返す一日

P8307152

 今日は、年数は逆だけれどオヤジとばあさまの法事。
 COVID19絡みを言い訳に、身内だけでこじんまりと執り行いました。
 暑いいちにち、下の子のチームメイトたちは昨日に続いての大会二日目、強豪を相手に金星を勝ち取って、盾を貰ってきたとのこと。暑い中、がんばったねえ。

 そんなわけで、ウチの鷺草と、その向こうの夏空を一枚。
 今日もおつかれさまでした。

2020年8月24日 (月)

再生

P8247130

 2018年に伐採された姫川漁港の「書き割りの木」。
 とうとう上までつながりました。まだ「木」ではなく、「草」だけれど、再生への渇望は、強いものなのだなあ。

 さあ、当市の小中学生の夏休みも最終週。今週途中から学校だ。そして今日からはラジオ体操も復活して、早起き。ざまあみろ(笑)。

 というわけで、だんだんと普通の生活サイクルに。
 おはようございます。

2020年8月17日 (月)

ウチの鷺草

832a8985

 糸魚川駅界隈での鷺草展がなくなって久しいですが、ウチの鉢もおくればせながら今日あたりから咲き始めました。
 それにしても、本当に鳥の形してるよなあ。

 お盆休み明けの月曜日。
 いろいろ「すぐなんとかして」があって、結局隣県まで急いで移動したら、近く定年退職されるお世話になった方にお会いすることができました。お年を聞いてびっくりしてしまったのだけれど、もう定年されるお年だったんだなあ・・・と。フットワークが軽いと、なにかご縁もある。再認識できた日になりました。もう少しサクサク動こう、オレ(笑)。

 今日も暑かったですね。みなさん、おつかれさまでした。

 

2020年8月12日 (水)

収穫?

P8127075

 長野や岐阜などでは、もうすこしすると新栗の栗菓子の季節。
 ご近所でも、自治会館近くの栗の実が少しずつ落ちてくるようになりました。

 日頃は「あちこちに木があるなあ」と思うだけなのだけれど、春の桜のように、花が咲いたり実がなったりするたび「いろんな木があるのだなあ」という再認識がときどき訪れて、たのしい。だから、散歩はいいな、と。

 昼間はもう暑くて歩くどころではないので、少し早起きしなきゃ。
 そんなことを思いながら。

 おはようございます。

2020年7月13日 (月)

拡散の、こわさ

832a7512

 今日は、ご近所の小学校で「eネットキャラバン」なるネットリテラシーの授業にいってきました。

 格好の題材・・・というと怒られてしまうのだけれど、土曜日に市内ではじめてのCOVID19罹患者の方の発生を受けて、どこの家でもいろんな噂話が繰り広げられたようです。

 ○○さんちの親戚が、○○教室にいってるひとで、○○って会社のヒトで・・・。
 不安だから、いろんなところにいる「情報通」のひとがわざわざ教えてくれるから、なんだかよくわからない情報が流れてくる。

 でも、一方で感染がわかった11日の夜には「子どもが濃厚感染者となる可能性が低い状況であるため、感染予防を確実に実施し、普通通り授業を行うようにと指示がありました」と学校からの連絡があり、実際に今日は普段通り授業が行われていました(で、僕も予定通り授業を1コマさせてもらってきました)。

 濃厚接触者のひとの調査をして、感染がわかったらさらに治療に進む。それだけのこと。
 市のサイト
 https://www.city.itoigawa.lg.jp/2004.htm
 に表示されているPCR検査の対象者の数は、7/11現在46人となっていますが、このあと数日の間にこの数字が増えていくのだと思います。母数が少ないだけに、たとえば1人、2人と感染が見つかれば、見かけ上の「陽性率」は異様に高くなるかもしれないけれど、それは統計として取り扱うだけの母数がない状態なのだということ。

 子どもたちに「コロナの話、どうだった?」と聞くと、いろんな噂話をおしえてくれました。
 そこに釘をさすのが、僕の仕事。

 子どもは、大人の姿を見ています。
 子どもを扇動しないように、冷静でカシコい対応を。

 そもそも、ネットでの「拡散希望」なんて、昔の不幸の手紙とおなじ。メディアリテラシーの高いひとが、きちんと考えて「あえて」やる以外は、ほとんどやっちゃいけないことなのですから。

 今週は、あと2つこの手の授業の予定がはいっています。子どもたちのいいお手本に、大人がなれますように。

 そんなこんなで、写真は青海駅前の「竹のからかい」の竹藪。今年の竹がずいぶん高く上ににょきにょきと飛び出ている一方、足下にはまだこんなタケノコもみかけます。案外長い期間、タケノコって出てくるもんなのだなあとあらためて思いながら。

 ではみなさん、おいしいお昼ゴハンを。

より以前の記事一覧