2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こんな写真を撮っています

2018年6月16日 (土)

サヨナラ

832a2222

 昨日、姫川漁港のところの道を走っていて「あれ、なんだかちがうな」と思って戻ってみたら、魚市場お向かいのここがにあった、あのカキワリみたいな木が伐採されていました。

 確かに、真ん中あたりがすこし壁からはがれてでっぱっているなあとも思っていました。細い幹がぴったり壁に沿って広がっているから、はがれて倒れたりしたら、確かに危ないし。

 でも、何年も四季の風物詩として、葉っぱが出、花が咲いて、また落ちて冬の風情になって・・・というのを楽しんできただけに、なんだかさみしい気持ちになりました。

 どんなものであれ、別れってのは、切ないものですねえ。

2018年6月12日 (火)

ありがとうのほんば

832a2189

 市振小学校の閉校の春、こどもたちからもらった色紙についていた「ありがとうのたね」。
 先日植えて、芽がでてきたのだけれど、今日眺めてみたら双葉の間からにょきっと、本葉のモトがのぞいていました。
 アサガオの観察は、小一くらいの子の定番観察。でも、1ミリかそこいらの本葉のモトを接写してちいさなヒゲがあるとか言ってる子は、あんまりいないだろう・・・というわけで、ときどきやりたくなる大人の自由研究での一枚。
 もらったタネから出てきた双葉も、いろんな形があって、しかもどれも発芽率がすごくよくて、なんだかすごく大事にされてきたアサガオなんだろうなあと、そんな気持ちが伝わってくる元気な育ち方。今日は、市振小の子たちが通っている青小での朝読書にも顔を出してきたんですが、なんだかこういうやりとり、いいですね。
 そんなこんなで、そろそろお昼。みなさん、おいしいお昼ゴハンを。

2018年6月 6日 (水)

ありがとうのたね

P_20180606_064101_vhdr_on_1

 今朝、車庫の上にいくと、先日まいたアサガオの芽がいくつか出ていました。
 このアサガオは、今年の春閉校した市振小学校の子たちから、「本を読みに来てくれてありがとう」ということで寄せ書きの色紙といっしょにもらったもの。タネの袋には「ありがとうのたね」と書いてありました。
 こうなると、このタネの連鎖は繋いでいかなきゃいけない。
 先週末はふるさとウォークで市振と上路を歩いたのだけれど、そのときに小学校にも久しぶりにはいって「そうだよなあ、トイレの水盤、こんなふうに低いよな」とか「あたりまえだけど教務室の壁、なんにも貼ってないなあ」とか、そんなことを思ったりもしました。そんな気持ちになるのも、土曜日にこのタネを植えたからかも。
 しっかり芽も出てきたし、夏が楽しみです。咲いたら、写真を撮って、合併で春から彼ら絵が通っている青海小の朝読書に行ったときに報告しなきゃ。
 それにしても、植物のふたばをまじまじと見るのなんて、小学校以来かもしれません。これもまた、たのしいこと。いろんなきっかけで、日頃ない遭遇があることは、たのしい。
 おはようございます。

2018年6月 3日 (日)

二代目

P6031621

 「まつぞう」こと、市振の街道の松。二代目をひさしぶりにまじまじと眺めてきました。
 今日は、年に一度の「青海ふるさとウォーク」。4つの公民館毎年持ち回りで、その地区を歩くイベントで、今年は市振と上路を歩く半日でした。
 そういえば、上路にいったのは小学校以来。GPSをONにして地図を見てみたら、思っていたのと全然ちがって、集落が親不知観光ホテルの近くだったりもして、こんなに道を東に戻ってきているのかとびっくりしたり。いろいろ発見が、あるなあ。
 のんびり「となりむら」を歩くのは、たのしい。来年は、ウチの近所を歩くプログラムになるらしいとのこと。それも楽しみにしてたいと思います。
 そんなこんなで週末もおしまい。ちょっと風邪を引いたのか声がでなくなってますので、明日は仕事の連絡は電話ではなくメールでおねがいいたします(笑)。
 ではおやすみなさい。

2018年5月25日 (金)

夏への扉

832a1653

 タイトルをつけた途端に、T-Squareの「明日への扉」が頭の中になり始めました。ポジティブな空気に満ちた曲。まだ暮れきらないシャンパン色だのほのかな緑だのの海面を見ながらだとなおのこと、いい気分になります。
 浜にも、ハマナスやハマヒルガオの花が増えてきました。かーっと照る夏の入り口の頃には、ハマヒルガオが一面に広がっているイメージがあります。どちらかというと、一面のヒマワリの黄よりは、ぼくにとってはこちらのほうが夏のイメージかもしれません。
 まだ、そこまでは、ない。ちょぼちょぼと咲いていて、その回りには今の季節の嫌われ者、オオキンケイギクが咲いていたりもするのだけれど。

 今日は暑い一日でした。きっと、冷たいのをきゅーっとやると、気持ちいいですよ。
 そんなこんなで、一日お疲れ様でした。

2018年5月24日 (木)

法面にて

P5221594

 削った法面を補強したあとの斜面では、ネットの下に草が生え始めていました。
 この季節だとあっという間に生えてきて、どんどん増えていって、みるみるうちに緑一面になる。

 お客さんの工場の丘の上の新設部分の仕事で、歩いて登っていく。こういうのも、時々なら、楽しい。 そして、ネットの下の花を見つけて「きれいだなあ」と思う。これも、車なら絶対に、気がつかないよねえ。

 そんなこんなで、午後からもがんばりましょう。

2018年5月23日 (水)

書き割りの木・初夏

832a1616

 姫川漁港の「書き割りの木」は、だいぶ葉が茂ってきて、夕方通りかかるととてもきれいです。
 しとしと雨の夕方の今日とは全然ちがうなあ。

 この雨もそんなには続かず、花いっぱい運動とか、市内あちこちの小学校の運動会とかの土曜日あたりにはいい天気になりそうだとのこと。あんまり極端にON/OFFしないでちょうどいい天気で、おねがいしたいところです。

 そんなこんなで、そろそろ夕ゴハンの時間。みなさん、おいしい夕ゴハンを。

2018年5月 8日 (火)

スーピーピー

832a1502

 雨の中、あちこちの藪にカラスノエンドウの花がさきはじめました。うすい実もちらほら。もちょっと厚みが出てくると、吹けるな。

 僕ら、田沢小学校の連中は「スーピーピー」でした。近所でも場所によっては「すびび」だったり「すっぴー」だったり、いろいろだったなあ。
 まだウチの下の子はあんまり上手に吹けないので、目の前ででっかい音をたてると、ものすごく悔しがります。自分でも帰り道に工夫して、それがいつのまにか自由に音を出せるようになって、それをまた下の学年の子がマネしたり、できなくて泣いたりする。そんなふうに、遊びって伝わっていくんだなあと思う。ツツジの花の元を吸って「甘い」とか、そんな遊びをみんながやる季節。いいよね。

 そんなこんなで、一日おつかれさまでした。

2018年4月13日 (金)

春の資材祭り

832a0624

 今朝新聞を見ていたら、LACさんの春の資材祭りのチラシが入って来ていました。
 子どもがちっちゃい頃はあれに行くのが楽しみで、わたあめ貰ったり絵を描いて持っていったり、ヒーローショーを見たりして、お昼ちょっと前に糸魚川を出て高田に花見に行くというのがパターンだったような気がします。でも、今年は今週末に行くと、名残の桜。「今日はまだちょっと寒いね」とか「桜咲いてるかなあ」とか言いながら行ってたことが多かったことを思うと、今年はほんと春の足が速いなと、つくづく思います。

 そんなわけで、写真は美山公園の足下。
 もう、桜もだいぶ散ってきました。その分、風が吹いたり、歩き回ったりすると、足下がずいぶんときれいです。

 今日はいい天気だからあちこちで名残が楽しめそう。でも、週末は荒れるとかで、今年の春はお休みにも優しくない、ですねえ。

 さて、もうじきお昼。みなさん、おいしいお昼ゴハンを。

2018年3月29日 (木)

路地の楽しみ

P3280009

 昨日は、今シーズンはじめての自転車通勤。もちろん、路地をいろいろ移動することになるので、見るモノもずいぶんかわります。
 まだ咲かぬ桜も、つぼみはだいぶ膨らんできたなあ、とか、つくしがずいぶん伸びているなあ、とか。コイツらも陽当たりのいいところではずいぶん増えてきました。ちっちゃいときはこのピンクのところ吸って「甘い」とか、やってたなあ。

 春休み中のこどもたちも「水芭蕉みてきたよ」と教えてくれました。須沢のはそろそろピークとのこと。

 この調子だと、週末には開花はありそう。桜が咲けばお祭りで、そしてそのうちあちこちで田植えがはじまって。急に春から初夏へとスイッチが切り替わる。そんな時期がもうじきなのだなあと、そんなことを思う朝なのです。

 おはようございます。

より以前の記事一覧