2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こんな写真を撮っています

2017年9月24日 (日)

丈夫になった「半島」

832a9346_1

 先日から何度か番外編で能生川の河口の写真を載せてますが、今日はひさしぶりに姫川のものを。

 だいぶん丈夫な右岸側からの「半島」ができあがり、青海方面に向けて注いでいます。半島先っぽにはずいぶんたくさんのカモメ。この積み上げは先日の台風前後の雨によるものだと思うのだけれど、しばしの秋晴れのあと、いつごろまたこの形はかわるのかな。

 そんなわけで、秋晴れの気持ちよい日曜日です。
 おはようございます。

2017年9月16日 (土)

嵐の前の・・・

832a9059

 七月の終わりにはこんな感じだった能生川河口。
 今朝眺めてみたら、こんな風にまるで河口は池みたいにまあるく貯まった砂利で囲まれています。ここしばらく強い流れの日がそんなになくて、浅くなったところにすこしずつ積もってきたのかなあ。

 台風18号は明日からあさってにかけて、不気味な予報円を書いているだけに、台風が過ぎた後にはきっと河口の形もかわっているのだろうけれど、できるだけお手柔らかに・・・してほしいなあ。

 そろそろ三連休初日も夕方。なんだか、昼寝したいなあ・・・なワタクシです。

2017年8月24日 (木)

自由研究:締め切り迫る(笑)

832a6408

 だいぶ、中州が育ってきました。「右腕」と中州。左側はいまのところないけれど、そのうちこの中州と左側がつながったり、中州の細いところが切れてまっすぐ流れ出たりするのかなあ。
 今日は雨で茶色い水がだくだくと流れているし、明日の朝にかけてはかなり酷い雨の恐れがあるとのことだから、それが一段落つくとまたちがった感じになるのかも。

 当地では夏休みは今週末まで。あわてて自由研究やってる子も、いるんだろうなあ(笑)。

 そんなわけで、僕も時折の「大人の自由研究」で、姫川河口の写真です。
 そういえば、黒姫山の写真もしばらく載せてないし、夏の終わりの黒姫も、そのうち乗せなきゃ。

 そろそろお昼。みなさん、おいしいお昼ゴハンを。

2017年8月 1日 (火)

摩天楼ブルース

832a4949

 なんでだろう。暮れていくすこし青い海の風景を見ると、昔赤坂泰彦がドラムを叩いていたバンド、東京JAPの「摩天楼ブルース」を思い出します。
 きっと、ドラマのエンディングで流れてたから、そのときの映像の色なんだろうな(笑)。

 というわけで、ひさしぶりにまじまじと姫川を見てみると、先日の能生川とおなじく、沖の方に大量に土砂が運ばれて「島」ができています。これ、右岸側から出てる「半島」なのかな。それとも、弓形に河口部にある「島」なのかな。こんど、まじまじとちがう角度で見てみよう。

 しばらく水位がひかなかった7月の増水前にはずいぶんと色が違った小滝川もすっかり元に戻ってしまったようで「翡翠色の姫川」ではなくなってしまったけれど、かわった川筋で、やっぱり本流を流れてくる水とショートカットしてきて放水路から来る水とでは多少色がちがったりと、意識してみるとなかなかおもしろいです。

 足の調子がよくなったら、あらためてうろうろしてみようかな。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年7月30日 (日)

沖合中州

832a4917

 今日は「姫川河口の変遷」番外編。能生川河口の写真を。
 先日堤防の一部が切れたりして避難勧告が出たりもした能生川。あの流量はものすごかったので、ずいぶんと土砂が沖へとはこばれて、河口のちょっと先にまるで矢印のような中州みたいなのがあらわれています。これ、いつまであるのかな。形がどうかわるのかなと、日々通りかかるたびに楽しみにしています。

 んで。

 通りかかると言えば、きのう夕方R8を通りかかったら、海辺の展望台近くの駐車場で、プロレスもやってました。もうじき夕陽がおちてくる海辺でのプロレス、いいなあ。
 おまんた祭りも盛況だったようで、足いためてなかったら、夜もうろうろしたかったなあ・・・などと思いながらも、夕方ちょこっとひやかして、おとなしく家にかえってきました。

 おまつりは、非日常。なにかがやってきて、日常と交わっていくもの。
 きっと、あの場所になにかマジックをもたらしてくれたんじゃないかと思います。

 シンドい中、準備されたみなさん、ほんとうにご苦労様でした。
 さあ、「おばけの館」まであと一週間。がんばって準備しなきゃ。

 おはようございます。

2017年5月22日 (月)

姫川河口の変遷

P_20170519_055300

 ここのところ、あまり川が大荒れするほどの雨がふることがないこともあって、姫川河口には岸から10mくらい向こうに月の形の島ができてきました。

 さて。

 昨日、上の子と話していて、「学校で糸魚川のほかとちがうところは?と聞かれたので、海岸が石だらけだとこたえたら先生にへ?って顔をされた」なんて話が出ました。
 考えてみれば、僕自身砂利浜があたりまえだと思っていたので、こんな風にちょっと沖に出ても足にあたるのが砂利ばかりって浜はそれほど多いわけじゃないということに気付いたのは大人になってから。これも、もしかしたら海と山がちかくて、急な川がどんどん上から石を運んでくるからなのかなあなどと想像してみたりしています。
 で、その結果として、流れがものすごく急じゃないときには、こんな風に川が海に注ぐあたりにどんどんつもっていくのかな、と。そのうち、どちらか片方と繋がって、長い「腕」みたいにならないかなあ。それより梅雨の大雨が先かなと、ひさしぶりに姫川河口の形に注目しています。

 そんなこんなで月曜日。
 おはようございます。

2016年9月 4日 (日)

八千川河口の変遷

832a3801

 河口が埋まってしまって夏の初めに重機で掘って道をつけなおした八千川の河口。ここしばらく何度か増水したことがあったのでひさしぶりにまじまじと見てみると、まるで埋まったテトラが「ここ、出口でっせ」と道案内でもするように、その場所からちゃんと注いでいました。石の間から「伏流水」のようににじみ出ていたことを思えば、今はちゃんとしてるなあ。

 姫川のほうも、左岸側に大きくあった湾のような部分に砂利がずいぶん貯まって高くなり、その分さきっぽがすこし短くなって右岸側がすこし伸びたような感じ。水が出るたびに、河口の形はかわっていくし、ときどき眺めるのも面白い。まさに大人の自由研究だなあ、と。

 しばらくお休みしてましたが、またときどき、河口の形、眺めていきたいと思います。

 さて、今日は日本海クラシックカーレビュー。多くの方が糸魚川にお越しのこととおもいますが、くれぐれも安全運転でたのしくお越しください。

 おはようございます。

2016年8月13日 (土)

大人の自由研究

832a2051

 ひさしぶりに姫川河口を歩いたら、さきっぽのところに土の板のようなところがありました。
 河口の先端は、川が荒れるたびに形のかわるところ。川の近くに最近盛られたばかりって感じの小石の帯があったり、雨がふらなくてだんだんひあがってきた感じのところに土や細かい砂の場所が出てきたりいろいろなのです。

 で、ここ。

 たぶん、泥水いっぱいの雨の後の増水で上にまず細かい泥が貯まって、それが乾いて。そのあと、前回の雨ほどじゃないほどほどの増水があって、それはこの上を流れるほどじゃなくて、まわりを流れて洗っていった後なのかな、とか。

 河口をうろうろしていると、いつもなんだかおもしろい場所に出くわします。今、自由研究の宿題があれば、いいのになあ。

 そんなこんなで、今日も暑くなりそうです。おはようございます。

2016年6月12日 (日)

八千川河口の変遷

P_20160611_185654

 たまにはいつもの姫川のちょっと西側、八千川の河口のお話を。

 この川は、古くは西回り塩の道の起点の荷揚げ・荷下ろしのための船着き場があったりした川なのですが、今は最後50mくらいからこんなふうに暗渠を通って海に注ぐ川になっています。
 つい先日までは、この口から流れ出た川は、ちょっとだけうねってすぐ海岸へとつながっていたのですが、その「河口部」が先日の波で埋まり、今はこんな風に行き止まりになっています。
 とはいえけっこう水は流れてくるので、ここから1~2mほど地面の下、石の間を通って、波打ち際のあたりでまたじわじわわき出すように流れ出しています。
 で、この「川の行き止まり」のあたりはフィルタのようになっていて、泡とか、草とかがいっぱい張り付いている、と。

 たぶん、次の雨でまた形はかわるはず。期間限定の形(笑)だと思うので、日曜夕方の散歩にでも、ぜひ。
 昼間は今日も暑くなりそうです。熱中症に気をつけて、楽しいにちようびを。

 おはようございます。

2016年5月19日 (木)

時々黒姫

832a0445

 もちょっと日が長くなったら、もちょっと朝はやく明けるようになったらなんて言っているウチにもう夏至が近づいてきてしまったので、ひさしぶりに朝の散歩。ついでに姫川河口の変化も冷やかしにいってきました。

 今は比較的オーソドックスな、まっすぐ来て東側で注ぐ形。こんな風に多少西側に貯まりのようなものはあるものの、あまりフクザツな形はしていません。あちこちに乾いた土のひびわれの部分があるところを見ると、今はこのたまりが縮小中のようです。
 そのうちつゆの時季には、どーんと水が来てまた形がかわるんだろうなあ。そんなことも、また眺めていきたいと思います。
 そろそろハマヒルガオもあちこちで咲き出したし。

 そんなこんなで、おはようございます。