2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こんな写真を撮っています

2017年1月29日 (日)

かるた会、やってます

832a9763_1

 昨日に引き続き、今日も 糸魚川の町屋文化を守り伝える会 さんの恒例カルタ会、開催中です。
 写真は、糸魚川で何度かつくられている地元のカルタのひとつ「糸魚川ふるさとかるた」の「ま」。これは、昭和の大火災のあと、しばらく駅北の商店街の界隈で、ごはんは夕食前に朝の分のまとめて炊いておいて、朝はそれをおかゆにして食べるという習慣を詠んだもの。夜に大きな災害があったときに、炊いておいたごはんをすぐに差し入れしたり、持って逃げたりできるようにということだそうで、翌朝は、なにもなかったことを感謝して温めて食べたのだとか。
 話を聞くと、昭和40年代に入るくらいまでは残っていた習慣のようです。

 そういえば、先日読んだ「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」という本でも、1965年くらいが「キツネにばかされた」という話を急に聞かなくなる境界なのだという話が出てきたけれど、まわりの家々との関わり方とか生活スタイルとか、いろんなものが急激にかわっていった時期なのかもしれないなあ。

 そんなこんなで、このあとも 13:30からと19:00から、旧小川茶舗でやってます。ぜひ、お立ち寄りを。

2016年8月 1日 (月)

化石をさがした

P8010333

 今年の夏の 糸魚川の町屋文化を守り伝える会 の子ども向けイベントは「化石をさがそう in 町屋」。
 僕は仕事でいけなかったのだけれど、下の子がお世話になってきました。

 意気揚々とみせてくれたケースは、あっちとこっちに二枚貝がひとつずつ。
 自分で割って、らしいものを見つけ出して、先生とクリーニングしてこんな形にしたら、こうやってラベルを書き、箱に入れて持ち帰ることができるという体験だったのだけれど、みんな自分の化石を持ち帰ることができたようです。暑い中、ホントお世話になりました。

 そういう僕はというと、お客さんのところでとじこもり作業。そちらの休憩室ではテーブルごとに塩タブレットが山積みされ、温度があがると警告放送が鳴ってました。暑いところではたらくひともたくさんいて、世の中はまわってるんだよなあとあらためて実感。

 そんなこんなで、今日も暑くなりそうです。みなさん、くれぐれもお気を付け下さい。
 おはようございます。

2016年1月17日 (日)

カルタ会 in 町屋

832a6709

 みんなで麹の甘酒をいただき、大声で「はいっ!」と札をとり、表ではカコン、カコンと羽根をつきコマをまわして、お駄賃に上刈ミカンをいただいて・・・。
 旧暦のお正月に伝統のお正月遊びを楽しむ恒例の「カルタ会 in 町屋」が昨日、今日と開催中です。

 夏に「やっぱり冷たいねえ」と歓声をあげた手押しポンプの井戸の水、今の時期だと逆に水道よりあったかいんですよ。「季節を通して一定」「夏冷たくて冬温かい」。ものの本で読むことはあっても、なかなか実感できないよね。そんな体験もあわせて、ぜひ。

 旧倉又茶舗にて。今日1/17は10:00~、13:30~、そして百人一首を楽しむ19:00~の三回。
 ぜひお出かけあれ。

 さて、では僕はこれから出張にいってきます。

2016年1月14日 (木)

2/14までですよ

832a6647_1

 去年の夏に 木村太亮 さんを糸魚川にお迎えして催したワークショップ 「糸魚"川"をつくろう」。
 そのとき、みんなでつくった壁画を、今糸魚川駅アルプス口側の待合所兼観光案内所「ジオパル」に飾ってもらっています。HOゲージコースのとなりのあたりです。

 全部で88人のひとが自分で選んだ色の紙のアウトラインをちぎり、そこに木村さんが目とか口と模様をカッターで入れ、でもそのひとがつくったアウトラインはそのままでなにかに化けさせてしまった。そんなイキモノが88匹、肩寄せ合ってみっしりと暮らしている架空の川、糸魚"川"。いろんなヒトがつくったイキモノは、どれが先生の作品でどれがこどもの作品なのかもよくわからなくなる、ある種「一目瞭然ボーダーレス・ダイバーシティ」な作品なのです。

 つくっているときは、こどもたちも、先生も、みんなにこにこで、しかも「!」でした。
 こういう体験、一回で終わりにするんじゃなくて、何度でも何度でも、糸魚川でやらかしたいなあ。

 というわけで、学校で、観光案内所などで、フォッサマグナミュージアムで。
 そういうことをやらかしたいと賛同してくれる方、ぜひお声かけください。

 で、そのわくわくの共有の第一歩のために。
 ぜひ、期間中にジオパルで眺めてみてください。

 2/14まで、展示中です。ぜひ。

2015年9月19日 (土)

The Beatles Magical Popup

832a9497

 あ、ちがった。Musical Popupだ。つい Magical Mystery Tourを思い出しちゃう "The Beatles Musical Popup"というタイトルの仕掛け絵本は、ペニーレーンでの演奏シーンにはじまり、見開きごとにメンバーが年を重ねていくちょっとびっくりする一冊。
 操作するとちゃんとリンゴがドラムを叩いたりしてね。

 そんな仕掛け絵本もある、今月の紅梅文庫のイベント。市のサイトでも「永遠の少年にちなんで」と、今回お披露目の「ピーターパン文庫」とからめてご紹介いただいています。
 http://www.city.itoigawa.lg.jp/dd.aspx?itemid=17913

 23日(水・祝)まで。16:00までやってます。この週末、市内はいろいろ盛りだくさん。
 大紅屋さんでの清水心澄さんの「ほのぼの観音」原画展も、見に行きたいなあ。
 http://ameblo.jp/tsumugi-biyori/entry-12057305257.html

 そんなわけで、みなさん。たのしいお休みと、街歩きを。

2015年7月25日 (土)

今日から「きむらだいすけ恐竜イラストレーション展」です

832a8984_1

 連日の告知モード恐縮です。

 23-24のワークショップ「『糸魚川』を創ろう!」は、おかげさまで100人近い方に木村太亮さんとの共同作業で「イキモノ」をつくってもらい、こんなふうに壁画(3600x90cm!)にすることができました。

 今日からのきむらだいすけ恐竜イラストレーション展では、この「糸魚川」も展示します。
 このワークショップ中「せっかくつくったイキモノ、持って帰りたいなあ」と思われた方も、今日明日の木村氏在廊中は、サインを入れてお持ち帰りいただくフレームワークショップやってますので、ぜひお越しください。

 展示するのは、昨年改訂された小学館の図鑑「NEO恐竜(新版)」で使われた恐竜画。図鑑のために最新学説を反映させた監修を受けた絵が展示されるというのは、国内でもあまり例のないコトだそうです。
 あわせて、天使やフクロウのペン画、小学一年生の教科書に使われた四季の生き物の原画などを展示。展示している作品のポストカードもありますよ。
 入場無料(ワークショップはおひとり1,000円)です。

 詳しくは、こちらを。
 http://www.itoigawa-machiyakai.com/info/daisukesdino2015/

 ぜひ、おでかけください。

2015年7月24日 (金)

本日も開催中

832a8963

 「『糸魚川』を創ろう!」二日目。
 今日は、旧倉又茶舗裏の土間でやっています。
 幼稚園の子たちはじぃっと食い入るように、木村さんの手元をのぞき込んでいます。

 昨日のもの、今日の午前につくったものに加えて、このあと、午後からつくったイキモノたちもあわせて、おおきなパネルに貼り込んで「糸魚川」をつくりますよ~。

2015年7月23日 (木)

「糸魚川」を創ろう! 初日おわりました

832a8876

 木村太亮さんをお迎えしてのワークショップ「『糸魚川』をつくろう!」。初日おわりました。

 いろんな色と模様の紙の周りを手でちぎっておおきなひとつの形を作り、ちぎったヒトと木村さんが会話しながらそれをなにか生き物に化けさせていくというこのワークショップ。どんどん生まれていった「生き物」をパネルに貼って、糸魚川には実在しない「糸魚川」という架空の川のパネルをつくります。もちろん、生き物いっぱいの川として。

 二日目(7/24)の夕方にはパネルに貼り込んで完成予定。25日から旧倉又茶舗で開催の「きむらだいすけ恐竜イラストレーション展」で展示します。
 25,26の両日はこのワークショップ、ふらっと来ても楽しめますし、こちらはフレームに入れて持ち帰りできますんで、ぜひお越しください。
 詳しくは、町屋会のサイトで。
 http://www.itoigawa-machiyakai.com

2015年7月22日 (水)

明日から

P7226818

 去年、ひょんなことから福井のカフェギャラリー 群青 さんで遭遇した木村太亮さんのフレームワークショップ。
 図工の時間はずっと下を向いてはやく時間が過ぎ去らないかと思っていたクチの僕としては、自分が手を動かして作った形をベースにしてなにかができあがっていくのに立ち会うことがこんなに「!」だということに本当にうれしくなって、いつか糸魚川にも来ていただきたいなあと思っていたのだけれど、ひょんなことから今週末に来ていただけることになりました。

 子どもゆめ基金の助成事業「"糸魚川"を創ろう!」は明日明後日。
 そして、週末からのイラスト展も、7/25、26の土日はご本人が在廊されて、フレームワークショップを随時やってくださいます。
 ぜひ、お出かけ下さい。
 詳しくは糸魚川の町屋文化を守り伝える会のウェブサイトで。
 http://www.itoigawa-machiyakai.com/

2015年1月18日 (日)

和のこころ

832a1629

 日本の昔からのいろいろを楽しむ絵本「しばわんこ」シリーズが妙に好きで、家族でにこにこしながら時々ながめています。
 で、昨日ちょこっと町屋会のカルタ会をのぞいてきたら、そのしばわんこのカルタの箱の中にサインも発見。絵本好きなひとにはけっこう貴重なカルタかもしれませんよ。

 というわけで、遊びに来た子たちはカルタだけではなく羽根つきをしたり、手押しポンプで水をくんでみたり、麹の甘酒を飲んだりと、いろんな遊び(ポンプはお正月遊びじゃないけれど)を楽しんでいます。今日もう一日ありますから、ぜひお出かけを。
 http://www.itoigawa-machiyakai.com/info/2015karutakai/

より以前の記事一覧