2023年1月26日 (木)

ようやくの0度超え

P_20230126_073249-1

 この寒波の間は氷点下が続き、雪は降るけれど零下にはならない当地にはめずらしく、さらさらの雪が風に吹き飛ばされてつもらないけれど、消雪パイプは溶かしても凍るからほとんど役に立たないという珍しい数日間になりました。

 今朝の近所の道路もこんな感じ。
 はっきりスタッドレスタイヤのわだちが残る一方、消雪パイプの噴出口のところからほんのすこしだけアイスバーンが凹んでいるものの、その上に雪がうっすらとのっかったままのこの状態。たぶん、水を出しても溶けた雪が凍ってしまうだけなので、途中からは消雪パイプを使っていなかったのだと思います。

 消雪パイプは、日常的に氷点下になるエリアでは使われない雪対策設備。
 それだけに今回は本当に寒かったんだなあとしみじみ思います。

 さて、日差しも出てきて気温も少しあがってきました。
 このあとも雪模様の予報だけれど、こんなに寒くはないだろうし、少しずつ「戻して」いきますか。

 おはようございます。

2023年1月24日 (火)

ついていきます

2o2a1562

 午後から上越で仕事をしていたら、途中で北陸自動車道もR8も通行止めの連絡。
 ここ数年、何度かものすごく長い距離の立ち往生案件が発生している関係で今回の寒波でも何度も何度も「なにかありそうなら止めるよ」予告が出ていたので覚悟はしていたのですが、さすがに両方とまると糸魚川に戻れないので調べてみると

・高速は通行止め
・国道は、両端を止めて、域内に入れないように。域内では通行可

 で、国道は高速を出された車がどんどん流入して収拾がつかなくならないようにした上で、生活車両は通すという方針だったようです。
 おかげさまで無事戻ってくる途中で除雪車の後ろになり、ゆっくり走ったり時に止まったりしながら、戻ってきました。

 こういう時の除雪車は、新潟Tシャツ委員会のTシャツにもあるけど「SNOW HERO」。
 ノロノロだけれど、追い越すとその前には雪の多い道があるわけだし、時にそこでハマってしまうとそのあとの除雪にも支障が出たりするわけで、除雪車がゆずってくれるまではのんびりと後ろを走る方が安全。幸い、海岸線は風がものすごく強かったこともあって、凍るけれど雪はたまらないという状況で今回の寒波はそれほど大きな影響はなかったように思います。

 今回は、ヤマトさんや佐川さんも「集荷・配達はしません」とはやめにおしらせがあったし、だんだんと「ヤバいときは止める・休む」がみんなの共通の認識に近づいているようで、いいことだなと思います。明日はしないの学校が休みだけれど、「急に休みになるとコドモ預かってくれる場所がない。なんとかして」よりは「そういう事態のときは、親も休んだり家でリモートワークしたりする」に進む方が健全だものね。もちろん、全部の業種でそれができるわけではないので、厳しい雪の中ちゃんとリアルワークをしてくれている方たちには感謝しかないのだけれど。

 そんなこんなで、寒くて凍る夜。
 あったかくしておやすみください。

2023年1月 6日 (金)

道を空ける

2o2a9795

 雨は残らないけれど、雪は残る。
 だから「昨日たくさん降った」というような日じゃなくても、どこに雪が残っていてどこにないかを見れば、降ったときどんな対応があったのかが見えてくるのです。

 小さな神社の鳥居の向こうへのルートだけ、ない雪。ちゃんと氏子さんが、初詣のひとを迎え入れる準備をしたのだなあ。
 そんなことを想像しながらの、スナップなのです。

 今日もおつかれさまでした。

2023年1月 5日 (木)

ほっとする夜明け

2o2a9770

 3時頃家の前を除雪車が通っていき、屋根の上からぼとんぼとんと雪が落ちる音が聞こえる朝は戦慄します。
 もちろん、それくらいの量降って除雪車がきてくれなかったらもっと戦慄しなきゃいけないのだけれど。

 それだけに、雪の朝、玄関から出てみてうっすらと雪化粧くらいの雪だと、なんだかほっとするのです。
 スキー場には雪がないと困るけど、ご近所はこれくらいでいいなあ。そんな虫のいいことを考えながら。

 午前中は青空が見えていましたが、だんだんとまた天気が落ちてきた感じです。
 冬は、冬だなあ。

 そんなこんなで、午後からもあったかくしてお過ごしください。

2022年12月23日 (金)

P_20221223_081303

 今週末はこれから天気が荒れるらしい。
 そして、北向きの壁に、はりつく雪。
 海風が強いと、雪はたまらないのだけれど、風は、いたいのだよなあ。

 あまり荒れませぬように。

2022年12月19日 (月)

れんこん

2o2a9716

 水の中に腰まではいって、ジェット水流で作物を浮き上がらせての収穫。
 お正月用の作物ということで先日くわいの収穫のニュースを見たのだけれど「ああ、あれもれんこんと同じで、大変だなあ」と感じてしまいました。そして、東洋一のはすといわれる高田公園のことをふと思い出すワタクシなのです。
 さて、降る雪はすこしずつたまっていき、あっちこっちでおもしろい形をつくっていきます。
 鍋物で、つくねの中に刻んだのがはいっているとうれしいレンコンを想像してしまったこの苗カップの上の雪。
 まだ「埋まらない程度」だからこんなことを楽しめるけれど、山間部はしっかりもう除雪がはじまるんだろうなあ。

 そんなこんなで、また新しい週がはじまりました。
 おはようございます。

2022年12月14日 (水)

いよいよやつらが

2o2a9704

 夕方にはだいぶ白くなったそこいら。
 ライブカメラなどを見ていると、R148沿いはおもったほどではなく、海岸沿いがけっこう多かったようです。

 何日も続くわけではなく、何十センチも積もるわけでもなく、明日の夕方にはもうないんでしょうが「ああ、やってきたな」とつくづく思うこの風景。
 こんなにびちゃびちゃな雪で足下びちょびちょになるなら、もう少し寒くなって雪が乾いてくると、いいのになあ。
 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。
 

2022年12月 1日 (木)

雪が来る

2o2a9618

 寒気が降りてきて山では雪。平地でも県の北のほうでは雪という予報の今日。
 しっかりかなり近くの山まで白くなりました。
 「3回来たら平地でも」の黒姫は雲に隠れているものの、雲の切れ目から時折のぞく山肌はけっこう下の方まで白く「ああ、黒姫も来たなあ」と。

 今週末はタイヤ交換だな。
 そんなこんなで急に寒くなりましたが、みなさんあったかくしてお休みください。

2022年11月16日 (水)

バラバラと

2o2a9506

 屋根を叩く音が朝方聞こえてきた。そんなSNSでのつぶやきをいくつか見かけました。
 そして、朝読書で西海小学校にお伺いした帰り道、ちょっとまわりみちしたら路肩にこんな場所も発見。
 たぶん、昼過ぎには溶けてしまったのだとは思うけれど、白いものをあちこちで見かけました。
 そういえば、もうひとつ手前の山まで、白くなったなあ、と。

 三度くればさとにも雪といわれる黒姫は、今日はどうだったのだろう。
 そろそろタイヤのことも考えなきゃ。そんな11月の半ばなのです。

 今日もおつかれさまでした。 

2022年8月 8日 (月)

納涼

832a3233_20220808094701

 週の初めだけれど、今日も暑いので「納涼」で雪景色を。
 あの頃、いろんなところで道の確保のために早朝から深夜まで働いてくれていたひとがいたように、今も冷房が止まらぬようにインフラを頑張って用意してくれているひとたちがいることを忘れないでいたいと思います。

 そして、命のためにちゃんと冷房をつかってお過ごしください。
 おはようございます。

より以前の記事一覧