2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

こんな写真を撮っています

2021年4月30日 (金)

まだある

832a5228

 仕事のついでに・・・というにはずいぶん山奥なのだけれど、シャルマン火打スキー場のところを通りかかりました。
 例年GW頃までオープンしているここだけど、しっかりやってました。
 今年はシーズン序盤はものすごい雪だったけれど、3月後半以降はあたたかい日が多く、春が早いイメージだったので「もうないのかな」と思ったのだけれど「白銀」ではないにしろ、ちゃんと雪、あるんですねえ。

 そんなこんなで、今日はあの「プレミアムフライデー」らしいですよ(笑)。
 みなさん、ステイアットホームが強烈な同調圧力とともに強要されている感がありますが、飛沫を求めて飛ばさず、おとなしく理性的に、きちんと「やってもいいこと」を重ねて新しい生活様式をつくりだしながら、お休みを楽しみましょう。
 なにもかもやめる必要なんて、ないんですから。

2021年3月27日 (土)

雪の溶け方

P_20210328_125744

 河原の雪捨て場の大量の雪はスジをつけたり崩したりして表面積を増やしてはやく溶けるようにしているところが多いのだけれど、ただただ放置されている雪山も、その形のままに小さくなるのではなく、なんだかでこぼこして自動的に表面積を増やしながら溶けていく気がします。
 時に20度ちかくあっても、まだまだ場所によっては残っている雪。雪割草なんて名前がついている植物じゃなくても、雪の間からちゃんと緑色がでてきたりしています。
 これもまた、春だなあ。

2021年3月13日 (土)

雪の下には

P_20210312_172009

 姫川河川敷は、市内の雪捨て場のひとつ。はやく消えるように、上に泥を薄くかけて、黒くして熱を吸収しやすくしています。最近は日差しが温かくなってきたこともあって、はしから崩してさらにはやく消えるように作業中。
 昨日読んでいたネットニュースによると、おなじく雪捨て場になっているおとなり上越市の関川河川敷では、積み上げた雪をはやく溶かすために、溝をつけて表面積を増やす作業をしているとのこと。確かに、言われて見れば重機をつかって長い溝を掘っている作業、毎年みかけます。
 その記事の最後にあったのが「溶けた後残ったごみを片付けてから返す」というくだり。
 確かに、雪にはいろんなものがまざっているし、雪は溶けるけれどゴミは溶けないものね。溶けた後にはいろんなものが残るはず。
 雪捨て場のあたりは高田城址観桜会のときの駐車場になるあたりの近く。その頃眺めても、ごみだらけなんてことはないし、溶けた後の掃除、されているんだなあとあらためて認識しました。

 んで。

 写真は、今日の田沢小学校の駐車場。
 積んであったおおきな雪山もあとほんのちょっととなり、前に山があったあたりにはたくさんの松葉が落ちています。さすがに松の防風林に囲まれた小学校。これも、体育祭前の保護者活動で掃除になるのかな。

 それもこれも、春の訪れのひとつの形なのです。

2021年3月 8日 (月)

場所によりけり

832a3843

 ウチの子たちのサッカーチームのホームグラウンドは、ひとつが海岸のすぐ近く、海が荒れると砂が飛んでくるようなところなので雪はなし。ただ、もうひとつの能生のグラウンドは小高い丘の上なので雪もずいぶんありそうだな・・・と思っていたら、先日いってみたら全面きれいに消えて、使えるようになっていました。
 もう春なのだなあ。そう思いながら今度美山を通りかかると、美山球場はこんな感じ。まだ雪でゲートを動かせないくらいでした。

 谷に入っていくと雪がたくさんあるのは織り込み済みとして、まちから近い場所でも、こんな風に雪の量は場所でちがうのだなあ。

 雪が消えたところを歩くとあちこちで盛大に木が折れていて、今年は本当に雪が酷かったのだなと思う一方、おなじ3月はじめの雪の残り方としては「案外ことしは消えるのがはやい」という気もします。そうはいってもここんとこ、あったかい日が多いからなあ。今日はとても寒かったけれど。

 いろんな意味で埋め合わせが行われながら、季節は進んでいく、のだなあ。そんなことを思いながら。
 おやすみなさい。

2021年2月23日 (火)

走るときは半ズボン

832a3746

 今日は寒くなってきたけれど、そうはいっても予報通りの雪天にはなりませんでした。
 昨日はこんなにあったかくて、こんなカッコで走っているひとがいたくらいなのに。
 日によっての振れ幅が大きすぎて、風邪引いちゃいそうだなあ(笑)。

2021年2月20日 (土)

すこしかわいい足

832a3717

 数年前、ウチの前の電柱に雪が付着して、シロクマみたいになっていたことがありました。
 この間の雪では、付着具合がちょっとちがって、小動物のようなちょっとかわいい四つ足でしがみついているような形に。
 顔のトコロに白い光るマルがあるのは、ザクか、それとも銀河鉄道999に出てくる機械の体のひとたちか(笑)。

 それにしても、今週は寒かったのに、日月とめちゃくちゃあったかくなるようです。
 今晩発の出張。かえってきたら雪はどれくらい消えているんだろう。
 それでは、気をつけていってきます。

2021年2月19日 (金)

きりたんぽ

P_20210219_063930

 この数日の雪は、なんだかあちこちにぺったりとくっつく雪。おとといの夕方、雪の中を車で戻ってきたら、走っているのにサイドミラーのミラー面にどんどん雪がついて見えなくなってきてしまいました。前じゃなくて後ろにまでこんなにつく雪。ほんとに付着する雪なんだなあ、と。

 というわけでウチの物干し竿も、妙に太い雪がついてきりたんぽだかちくわだかみたいな状態になっていました。
 夜中、降っているときにはコナコナした感じだったのに、あの雪がこんな風になっちゃうのですね。

 おなじ雪でも、前回と今回でこんなにちがう雪質。これも「よくとれば」春が近づいているから・・・なのかもしれません。
 はやく春になると、いいなあ。

2021年2月18日 (木)

除雪車渋滞中

832a3709

 雪が降ると頼もしいのが除雪車。
 でも、除雪車だって車。立ち往生した車にあちこちで止められてすっかり流れがとまっている道では、仕事ができないのです。
 昨日の雪で、午後からR8はほとんど動かなくなりました。そして、その車列にはこんな風に先を急ぎたい除雪車も。きっと、じりじりしているんだろうなあ。

 夜があけて、R8はちゃんと流れていました。流入抑制。夜中の除雪。みなさん、本当にありがとうございます。
 今晩から明日にかけての雪はもう峠を越えているとのこと。
 明日は、気持ちよく移動したいなあ。
 というわけで、今日もおつかれさまでした。

2021年2月17日 (水)

モトクロス

832a3707

 狭いところにもいかなきゃいけない。ちょっと停めるときにその前後が大渋滞になるようじゃ困る。だから、郵便配達の方は圧倒的にバイクが多い。

 雪が降ると、停まっているクルマはいつも以上に簡単に渋滞を引き起こすからなおのことちょこちょこ走り停まるクルマで配達はできない。

 ・・・そうは思っても、雪道でモトクロスのように足をひらきながらバイクに乗っている郵便屋さんたちを見ると、すごいなあといつも思ってしまうのです。あれ、できないよねえ。おつかれさまです。

 各所にいる立ち往生車両の影響で、ほとんど動いていないR8。回復はいつごろになるのかな。
 まさに「不要不急の外出は避けて、道路の車を減らしましょう」だなと、あらためて思います。

 今日もお疲れさまでした。おやすみなさい。

2021年2月11日 (木)

ごうごうと

832a3655

 水を流せば、雪は消える。でも、ちょろちょろだと凍るから、相当大量に流さないと消えない。
 そうなるともう、ひとは歩けないよねえ。

 そんなわけで、西海の奥の方では側溝を流れる水を大量に道に導いて、路面をごうごうと水が流れるようにして対応しています。
 この斜面でも、この区間は雪なし。
 さすがに人は歩いてないなあ。

 というわけで、今週前半の雪も一段落。今日はそれほど寒くない一日のようです。
 おはようございます。

より以前の記事一覧