2023年2月 1日 (水)

Sunset

2o2a1623

 あとどれくらい経つと、ここから眺める夕陽は海の方に沈むようになるのかな。
 調べてみると、この冬は
 ・冬至 12/22
 ・もっとも遅い日の出 1/7頃
 ・最もはやい日没 12/7頃
 ・ここから見て海に沈むようになる頃 2/10頃?
 のようです( https://hinode.pics/ を参考にさせてもらいました)。

 海に沈むようになるまで、あとほんのすこし待てばいいのだな。わかってしまうと、なんだかまた春を近く感じます。
 まあ、1月2月はまだまだ雪はあってあたりまえな時期なのだけれど、それでもどんどんと春を待つ気持ちがつのっていって、それが春祭りの頃に火が付くのだろうな、と、昔は「なんであんなに一生懸命なんだろ」と思っていたあちこちの春祭りに関わる人たちの気持ちがわかるようになってきたワタクシなのです。

 さて、今日の朝はいい天気。午後から荒れるそうですが、みなさんお気をつけください。
 おはようございます。


 

2023年1月18日 (水)

今沈むのはこのあたり

P1170005

 R8姫川橋から青海方面を眺める夕方。
 夏は海に沈む夕陽も、今はこのあたりに沈みます。

 夕陽が沈むのをみられる夕方って、冬じゃないみたいだなあ。
 そんなこんなで、今日もお疲れさまでした。

2023年1月 8日 (日)

ほのかに夕焼け

2o2a9797

 年が明けてから、午前は多少天気がいいもののちゃんと午後には落ちてくるという日ばかりだったので、今日のようにほのかに夕陽で雲が焼けているというのは久しぶりな気がします。

 冬は、日差しや春のちいさなちいさな兆しを見つけては「!」する日々。
 テレビでのサッカーやラグビーの試合を見ていると青空が広がっていて、ああ日本は広いのだなと思ったり。

 これからまた少し寒くなるようです。
 みなさんくれぐれもあったかくしてお過ごしください。

2022年11月23日 (水)

夕陽

2o2a9512

 日本vsドイツのゲームを待つ間に見ていたモロッコとチュニジアのゲームは現地時間では午後1時スタート。
 ゲーム後半になるとピッチや客席ののほんの一部だけにさす斜めの光は見事な夕焼けで、ああ、世界のどこでも朱色の日差しというのはあるのだなあとしみじみ感じました。
 さて、降ったりやんだりの天気でも、ちょこっと夕方の光が差してくると、埠頭の一部だけがオレンジになったり、妙に灯台だけが極彩色に見えたりします。
 雨もちゃんとあがってくれると、いいなあ。

 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。これからゆっくりもう1試合見ます。

2022年11月10日 (木)

山に沈む

2o2a9281

 だんだんと陽が短くなってきていますが、今は須沢海岸から眺めるとこのあたりに夕日が沈みます。
 ここに沈んでいくのも、この季節ならでは。

 立冬も過ぎて、どんどんと季節が切り替わってきました。
 そのうち、10度くらいだと「あったかい」とか言うようになるんだろうなあ(笑)。

 今日は、午後からご近所小学校で、カードゲームを使った防災知識を得るためのワークショップ。
 半日休んで、楽しんできます。

 ではみなさん、たのしいお昼ゴハンを。

2022年10月23日 (日)

おなじ日本海でも

2o2a8815

 ご近所とは風情のちがう夕暮れ。
 なにがちがうのだろうとよくよく考えてみると、浜が「砂浜」なのですね。
 糸魚川の浜は浜徳合の入り口などのように岩盤がそのまま出ているところもあるけれど、ほとんどの場所では波打ち際は砂利浜。場所によって夕焼けもいろいろだなあと思いながら眺めていました。

 さて。昨日は子どもが入っているサッカーチームの今シーズンリーグ戦最終戦。
 なかなか厳しい試合でしたが、途中雷雨になったりしながらも無事終えることができました。
 「外でやること」の季節が終わっていくのも、また冬を待つかぞえごとのひとつ。

 なんだか、せつないなあ。
 そんなこんなで、起きてみたら今日は青空がすこし広がっています。
 糸魚川バル街ふつかめ。呑み歩きのみなさんも、たのしい一日を!。

2022年10月18日 (火)

スキマの夕焼け

2o2a8312

 午前にはすごい雨の時間帯もあり、その後もなんとなくしとしと。でも、夕方になってから面倒くさそうに雲が切れてきました。
 そして、スキマだけすこし夕焼け。

 「ヨーグルトが切れてるよ」で近所のスーパーに買い足しにいったら、10月からは冬時間営業で19時で営業終了とのこと。最寄りのコンビニが現在改装中で1ヶ月ほどお休みなこともあって、ちょっと足を伸ばす散歩になりました。まあ、それはそれで体に良いのでヨシ。

 明日は、あたたかいらしい。
 それを楽しみに。

 今日もおつかれさまでした。

2022年9月22日 (木)

沈んだ後の...

2o2a5185

 この時間帯のことを再認識させてくれたのは、映画「ザ・マジックアワー」。
 どうしても鮮烈な光のマルに目を奪われてしまうけれど、夕陽がいってしまったあと、水平線の向こうにまだある太陽がしたから照らすこの立体感やふわっとした空の色に、しばしば魅せられます。

 一日遅れの台風一過とでもいう雰囲気の青空。朝は寒かったし、夕方からはまた冷えてきた昨日だけれど、ソラはきれいでした。
 今日はうってかわって微妙な天気ですが、それはそれ。やわらかい間接光を楽しみたいと思います。

 そろそろ市展の準備もしなきゃ。写真もなければ、プリントする紙の準備もしていない。ヤバい(笑)。

 おはようございます。

2022年9月17日 (土)

撮りたい気持ち

2o2a3405

 月は毎晩少しずつ形をかえていくけれど、太陽は晴れさえすれば毎日丸く沈んでいく。
 きれいな日に出くわせば、おもわず撮りたくなるよね。

 そんなわけで、僕は撮っているご同輩の後ろからスナップを1枚。
 みんなが「きれいだなあ」と思いながら眺めている夕陽。
 鮮烈な光とともに沈んでいく日もいいけれど、すこしガスがかかってやさしい光と色のまま沈んでいく、昨晩のような夕陽もいい。

 夕陽を見送る時間もずいぶんはやくなりました。

 そして、夜が明ければ今日は真夏日。台風はどんな感じでやってくるのだろう。風か、雨か、フェーン現象か。
 コースによって一喜一憂することになりそうですが、さて。
 

2022年9月14日 (水)

涼風

2o2a3316

 夕方になると、ちゃんと熱気が抜けていくのはいいですね。
 今日は真夏日だったけれど、ちゃんと午後からすこしずつ気温が落ちてきていて、秋だなと思います。

 今日は、2校に顔を出しているプログラミングクラブのうち、片方の学校の「ラス前」の一回。
 最初は課題を用意して「やってね」だったのに、今や勝手にやってるの見ているだけだものなあ。なんだか、あと一回で終わってしまうのが惜しい感じ。
 一方、もう一校のほうは夏休み明けの一回目がCOVID-19で中止になりました。ある意味「学校ごとの裁量」がいろいろあるのだろうなと、この時期校長先生の考え方や学校の仕切り方の違いをいろいろ感じる日々です。

 そんなこんなで、今日もお疲れさまでした。

より以前の記事一覧