2020年11月24日 (火)

緑色

832a2587

 写真ではなかなか伝わらないニュアンスながら、夕景は朱色と群青色だけでなく、青空が青ではなくなっていくときにいろんな色になります。
 昨日は、上の方がどこか緑のニュアンス。

 日暮れがかなりはやくなって、こういった海を眺めるのが仕事の移動中にちょこっと手を休めて・・・になってきました。
 だんだんと、マルい太陽が沈む風景をみられない季節に、なっていくんですねえ。

2020年10月30日 (金)

まだかろうじて

832a2354

 冬になると、北アルプスの急に落ち込む斜面に沈むようになる夕陽ですが、まだかろうじてこのあたりに落ちています。
 だんだんと「左」に移動していく夕陽。暦の上での「秋」も、もうじき終わりですねえ。

 たしか「プレミアムフライデー」だったはずの金曜日の夕方に。

2020年10月29日 (木)

スキマ

832a2314

 漁船小屋の間から見える海が、きれいな色だなあ。
 そう思って、仕事途中に姫川漁港で車を止めて写真を撮っていたら、「おおきなレンズだねえ」と声をかけられました。
 こういうやりとり、戻ってきたなあ。

 遠くからちょっと大きな声でひとに声をかけるのも、なんとなく自粛していたりした世の中だけれど、さしあたり実害のないところではだんだんと元通りにしていったほうが、いいものね。
 (とはいえ、マスクしてなくて、大声で品のない罵声を飛ばしまくる某永田町名物の「ヤジ」なるものは、新しい生活様式にしていただきたい、あれはコドモに見せられない大人の恥だなと、今までにまして思っているワタクシではありますが(:-P )。

2020年10月20日 (火)

鮮烈より、ふうわり

832a1871

 となりまちからの帰り道。
 仕事の移動だけれど、ちょっと足を止めて眺めるのも、たのしい。

 鮮烈な夕陽もいいけれど、ふうわりと雲がうかぶ、朱から青へのグラデーションも、好きなのだよね。
 紅葉に青がまじるとより素敵に見えるように、夕焼けにもどこか青空がほしい。そんな好みのワタクシなのです。

 さて。

 川でそのまま立っている鷺が目立つようになりました。
 そのわりに遡上してくる鮭が見当たらないのだけれど、連中もそろそろ来るのかな。
 秋だなあ。そんな感じのさらっとした日々なのです。

2020年10月12日 (月)

ゆっくり話すこと

832a1652

 あらためて、しみじみと話すことがなかったりするとき、なんだかこういうソラの下にいたりするといいのかもしれません。
 いいよね・・・って気分で、並んでなんでもないことをぽつぽつと話す時間。

 海の近くって、いいよな。そんなことをあらためて思ったりも。
 夕方、けっこうひどい雨だったので、週末の天気がそこそこの日の一枚をかわりに。

 今日もおつかれさまでした。

2020年10月11日 (日)

下から照らす

832a1666

 昨日の夕方の写真を今日も一枚。
 水平線付近は雲があって、大きな夕陽が沈んでいくような夕方ではなかったけれど、その分下から照らされる雲の立体感はなかなか素敵でした。

 台風の日の夕方。関東のほうはけっこうな雨だったそうですが、その雲の端っこが上空でここにつながっていたりするのかな。

 そして、今日は昨日よりだいぶ気温の高い、昼間はちょっと汗ばむような陽気。かとおもえば雲が増えてきて暗くなったりしながらも、なんとか降らずに踏みとどまっている日曜日です。

 今日は、午後から読んでいた本の最後の最後で、予想もしていなかったことながら糸魚川が登場。フォッサマグナの南端で栽培がはじまったわさびの栽培のイノベーションが、北端の糸魚川でなされているという作物の品種改良の本の結びでの紹介が、なんだかとてもうれしくて「今日は刺身を食べたい」とか突然思ったり(笑)。はつもののもたせに、今日から食卓にのぼる新米。なんだか今日は夕ご飯がたのしみです。

 そんなこんなで、そろそろ日曜日もおしまい。のんびりたのしい夕どきを。

2020年10月 8日 (木)

雨だとばかり

832a1585
 今日は雨だとばかり思っていたら、なんとか途中で降り止んで、夜はサッカーの練習ができることになりました。
 ここんとこ、故障者が多くてみんなゆっくりしたいところ。
 でも、先週末に出した成果で気分が高揚していて、すこしでもなにかやりたい気分もあるところ。

 なかなか、フクザツなんだろうなあ。

 テレビの中では、またいろんなことが侃々諤々。
 ひとのやりかたを批判するのに「教養レベルが露見」と言ってしまうひとの教養は、豊かには思えないよなあ・・・などと、ひとのふりみてわがふり直さなきゃいけないことはたくさん。

 言葉での戦いってのは、まさに「教養が出る」なあとあらためて思います(毒)。
 おやすみなさい。

2020年9月30日 (水)

夕陽は橋桁の間

832a0613

 ほんのりと暮れゆくソラ。
 夕日はどこかな・・・と思ったら、新幹線の橋脚の間にありました。

 海の近くでも、海にばかり沈むわけではない夕日。
 朝晩は本当に涼しくなりました。
 ラジオで「暑さ寒さも彼岸までって、ホントなんですねえ」なんて話をしていて、なるほどなあと思うひととき。
 なんだか、秋ですねえ。
 栗は食べたし、今度は柿だな(笑)。

2020年9月26日 (土)

流木

832a0578

 いつもだと、夏前にきれいに片付ける流木。なんだか今年はあちこちに集められたまま大量に積んであって、天気がわるいとどこか冬めいた風景。
 その分、おもしろい流木をいろいろ探すには楽しいかもしれません。

 今週は、コドモの学校などに爆破予告があったりもしたけれど、まあおだやかにおわっていくのはありがたい限り。
 それにしても、陸上自衛隊の駐屯地のお向かいにある高校に爆弾をしかけたと予告するのは、ある意味チャレンジャーだよなあ(笑)。

2020年9月20日 (日)

ブロッコリー・夕景

832a0550

 となりまちからのかえりみち。
 ちょっと沈む夕陽には間に合わなかったけれど、きれいに染まるたにはま公園の「ブロッコリー」。
 10月はじめの節目に向けて、今週から毎週末はトレーニングマッチが続くコドモに付き合っての外出。
 COVID-19絡みでいろいろなことが中止になったこともあって、意気込んでいたにしては、さみしい夏だったけれど、せめて最後の秋は充実した秋にしてほしい。
 そんなことを思いながら。

 なにはともあれ、ちょっと前は雨予報だったのに、ちゃんと晴れててよかったなあ。
 そんなこんなで、皆さんお疲れ様でした。

より以前の記事一覧