2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

こんな写真を撮っています

2021年9月15日 (水)

空がそんなに青いはずがない

832a9646

 スターダストレビューの曲で、そんなタイトルの曲がありました。
 今日はその反対。
 夕焼けが真っ赤に焼けて沈むその瞬間でも、空が全部赤いわけじゃない。ちゃんと青空もあり、赤いところも、雲の影の黒い怪しさも、ある。
 いろいろあるのが、夕景。ただただ赤い夕陽もきれいだけれど、こういう夕陽を見ると、ああ、夕陽だなあと思う。そんなワタクシなのです。

 個人的には「なぜ?」と思っていた新潟県独自の全域への警報が予定通り9/16で解除になることが発表され、お酒を出すお店の営業短縮要請も終わり、高校の部活動も再開になり、市内の体育施設などの閉鎖も明日で終わりになるようです。

 いいことだ。

 よくわからない状況で最大限の安全のため、効果が見込めることも不明なこともとにかくなんでもやってみる(やめてみる)という緊急時対応のフェーズはもうそろそろ終わりにして、この状況が長く続くという前提のもと、「平常時対応」として続けられる、効果の見込めることに絞ってやるようにシフトしていかないとね。そういう意味ではこれだけ広い、状況も場所によってちがいのある新潟での「県全域で一斉に同じ対策」なんてのは言語道断。二度とやらないでほしい。

 さて、少しずつあたらしい「普通」を作り出していくために。
 今日もお疲れさまでした。

2021年9月13日 (月)

ヤツは呼んでいる

832a9535

 海の向こうに、なにかいるのかなあ。
 このトットコ岩のくちの「ぴよ」な感じ、ほんと好きなのです。
 季節によっては、沈む夕陽をくわえていたりもするしね(笑)。

 なんだか、ばたばたした週明けでした。
 おやすみなさい。

2021年8月28日 (土)

思い出になるといいね

832a9298

 と、夕陽をながめるわこうどを眺めながら、オヤジは思う(笑)。

 さて、昨年中止につき二年ぶりの糸魚川の市展に写真を出してきました。
 今年はたぶん出品ではじめてピクトリコの紙を使わなかった年。来年はもうすこしきちんと準備して、写真にあう紙も考えて、出品したいなあ。ちなみに今年は「下水の写真」なんかを出しています。そんなやつ、普通いないよねえ(笑)。

 そんなこんなで、今日もお疲れさまでした。

2021年7月13日 (火)

家路

832a8197

 昨日、コドモをサッカー練習に送っていく途中に海を眺めたら、海面にうつる夕陽が逆さまの「!」になっていました。
 あ、おもしろいなと思って置いたあとに戻ってみたら、もうそんな形ではなくなっていたのだけれど、それでも海面の一部だけに赤が映り、他の場所は全体がほのかに染まっているというちょっと理科心が刺激される眺め。
 違うのは波なのか、濁った川から注がれた水の色なのか、水温か、海流か。
 ちょこっと水を汲むことができるドローンがあったりすると、いろんな観察ができそうだなあ。

 そんなことを考えながら、竿を納めて帰るひとと、そろそろ海の向こうへ帰る太陽を、一枚。

 昨晩はすごい雨と雷でしたが、今日はなんだかむしむしと暑い昼間になりそうです。
 みなさん、十分水分を取ってお過ごしください。

 おはようございます。

2021年6月26日 (土)

モビルスーツ

832a7891

 真ん中に光る瞳があると、なんでもザクとかに見えてしまう。そんな年代です。
 海岸の流木の向こうに沈む夕陽。
 今週はそこそこ天気の良い日が続いてきたけれど、そろそろ崩れてきそう。
 午前中のあの暑さが嘘のように、すうっと涼しい風がやってきました。
 ちゃんと季節はその季節なりに、動いていくのだなあ。

2021年6月24日 (木)

夕涼み

832a7866-1

 躍起になって釣るよりも、暮れゆく夕陽をながめながら、風に吹かれている。
 しかも、平日。

 なんだか、優雅な夕暮れだなあ。

 僕は、やっているひとではなく、それを眺めている人のほうですが、僕も含め、夕陽を見送るひとの多い夕暮れ時。
 いい季節になりました。

 さて。

 どうも、特定疾患持ち向けのCOVID-19のワクチン接種申し込みが当市でもはじまったようで、まずは予約券の優先発行の申し込みができるとのこと。早速申し込みをしてきました。Webでの申し込みも混み合うことなく、さくっと終了。
 本当は、この対象者にならない健康なオヤジでいるのがいちばんいいことなのだけれど、なにはともあれありがたい限りです。
 はやく、必要に応じて気兼ね少なく動きまわれるようになりたいなあ。

 そんなこんなで、今日もお疲れさまでした。

2021年5月29日 (土)

花道

P5286381

 スポットライト、当たってるなあ、釣り人さん。

 ひさしぶりにコドモの試合のない土曜日。
 考えてみれば、去年は今頃は長々続いた一回目の緊急事態宣言があけたばかりで、いろんなことが中止になっていた中、おそるおそるいろんなことを再開させていた頃。
 「いつまでもCOVID-19の位置づけがかわらないからいつまでも延々自粛」とよく自分も怒ってるけれど、それでも「去年の今頃の状況で去年の今頃の自粛」のセットを今やるとすれば、もう1年でも2年でも自粛しないといかん状況。そう考えるとすこしずつでも、普通の生活のための試行錯誤は続き、やってもいいことは広がってきたのだと思います。
 これは断じて「緩み」ではなく、人間の知恵だと思うワタクシなのです。

 少し疲れがたまっているので、すこし今週末はのんびりしよう。

2021年5月26日 (水)

回れ右!の空

832a6886

 せっかくの皆既月食。しかも、月が大きい「スーパームーン」の日。
 降らないけれど、曇り空。
 もったいないなあ。

 ただ「雲、切れないかなあ」という「ちぇっ」な気持ちではあるけれど、みんながおなじものを見たいと願う時間というのは、幸せな時間だったのかもしれません。

 次は来年の暮れとのこと。雪雲の邪魔されず、次は見られると、いいなあ。
 というわけで、写真は月の反対側、沈んでいく西側のソラです。
 今日もおつかれさまでした。

2021年5月23日 (日)

窓の向こうの

P5236370

 わざわざ海岸まで、夕陽をみにはいかないけれど。
 それでも、台所の窓の向こうに見える、カドの廃工場の窓の光りで夕焼けがわかる。
 そろそろ一日もおしまい。

 土日と、下の子のサッカーの試合がありました。
 半分以上一年生で臨む試合はなかなか毎回厳しいのだけれど、先輩のお父さんに「結果はともかく、毎試合ちゃんと進歩しているのが見えてすごいと思う」と言ってもらってずいぶんと気がラクになりました。
 どんどん勝ち進んでいけるのは、一握り。なかなか勝てない数多の子たちにも、学びもブレイクスルーもあるわけで。
 そういうの、楽しみに眺めたいと思います。なにせ、あっという間におわっちゃうのだから。
 ・・・と、一人暮らしをはじめてしまった上の子の不在を思ったりもしながら。

 いちにち、おつかれさまでした。

2021年5月18日 (火)

石を積む

832a6316

 海岸にはいろいろ「自然にそうなったわけではないもの」があります。
 テトラの上のこの石も、誰かが拾って、置いていったのかな。
 須沢の浜は、楽しかったかなあ。
 楽しかったら、いいなあ。

 いろんなところのひとが、この浜を楽しんで、いい思い出をもって帰って行ってくれると、いいなあ。
 緊急事態宣言が出ていたり、まん延防止措置指定がされていたりするエリアの人たちの車に眉をひそめたりする、そんな狭量なことは、少なくとも僕はしない。そして、そういう輩ができるだけ少ない糸魚川であってほしいなあと、あらためて思います。

 今日もおつかれさまでした。

より以前の記事一覧