2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

こんな写真を撮っています

« あと3週間? | トップページ | 啓蟄 »

2022年3月 4日 (金)

姫川河口の変遷

832a3331

 ちょっといい天気の3/4朝のスナップショット。
 八千川は暗渠東西の口のうち西側からちょろちょろ。そして、一時期は合流までしていた姫川河口は、あいからわず西にうねっているものの、だいぶ八千川からは遠くなりました。
 そして、平日の朝にも石拾いのひとの姿。

 今日は、久しぶりの青空。
 お昼からのとなりまちへの移動も、きもちのよいドライブになりそうです。

 では、みなさんおいしいお昼ゴハンを。

« あと3週間? | トップページ | 啓蟄 »

姫川河口の変遷」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!何となくまだ寒そうですが、雪も消えたのか?大雪の中での生活から抜け出せたようですね。

現在、ロシアとウクライナの戦争で毎日新しい情報が入ってきますが、ウクライナからの難民受け入れの話とかは糸魚川市では取り上げられていないですか?

須沢の海の近くにあるデンカのアパートが空いてそうだなと思いました。。。まだデンカのアパートあるのかな?

東日本大震災の時、被災者にデンカのアパートを仮住まいとして提供しようとしたら「怖くて海を見たくない」との理由から糸魚川市に来なかったということでした。

群馬県の田舎の町も町営住宅をウクライナ難民に提供するらしいです。

また、情報が入ったらお教え下さい。

 難民受け入れかあ。
 糸魚川は貨物港はあるけれど、人が海外と出入りする場所はとおい町なので、そういった話が出てくるのは相当たくさんの方が入ってこられてからだろうなと。
 ただ、東日本大震災のときは青海の町民会館がしばらく避難所になったりもしていたし、そういったことは他人事じゃないなとも。あのときも「高台だから安心」と言われる方も「海が見えるから怖い」と言われてる方もいましたね。なんだか思い出します。

 そうそう、デンカのアパートは、独身寮も、須沢のも、きれいに建て替えて今はけっこうたくさん入居されているようです。

今朝のニュースで「難民受け入れ」も触れていました。
予定しているとのことで、こんな支援ネクタイを作ったりもしているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あと3週間? | トップページ | 啓蟄 »