« 雪国の雪が少ない日 | トップページ | 雪の朝の始業準備 »

2022年2月 3日 (木)

祭りは遠い

P_20220203_134606-1

 今年も、春の天津神社のお祭り「けんか祭り」は神事のみの縮小版にすると決まったというニュースが流れてきました。

 お祭りはたくさんのひとにとって本当に大切なものなのだけれど、一方でいろんなひとが「もちより」でやる、誰かに「責任取れ!」と言われたとき、誰かが大きな責任をかぶるようなものではないものでもある。
 風の通る屋外の祭りでのCOVID-19の感染クラスタはかなり可能性は低いとも思うけれど、もし「ここのお祭りのせいだ」となると、祭りの存続に対して致命的なことになってしまうかもしれない。

 個人的には「やればいい」と思うのだけれど、一方で本当に祭りを大切に思う人たちの逡巡も想像がつきます。
 なんとも切ない世の中になってしまいました。

 とはいえ、ある病気が完全に根絶なんてことはほとんどないこと。どこまで下火になればいいことにするのか。このあたりは「よいしょ」と決めて力をいれて、意思を持って乗り越えないと、いつまでもいつまでもこのままになってしまう。そんなことも思ってしまうのです。

 小さなコトでも、できることはどんどんやっていく。それがいつかちょっと大きめのことの再開のための力になるといいなあと願いながら。そんなことを考えながら、小さなコトからコツコツと。

 今日もおつかれさまでした。

« 雪国の雪が少ない日 | トップページ | 雪の朝の始業準備 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪国の雪が少ない日 | トップページ | 雪の朝の始業準備 »