« 河口後退 | トップページ | レンガの向こうの青空 »

2021年12月 1日 (水)

朔日

832a2060

 12月最初の日。
 早速市内あちこちに「配備」された除雪車を見ました。

 先週末は平地でもざらっと白いものがふる時間帯があり、高速道路などでも長野との県境方向ではチェーン規制になったりと、冬の小手調べが発動。そして、12/1から3/31くらいまで、わざわざどこかからそのたび持ってくるのではなく「あらかじめ置いておく」ことで雪に備える準備がはじまった。そういうことなのだと思います。

 雪国は、人が雪に対応しているのではなく、準備にこれだけ手と金をかけているから対応できている。それはそれで、この土地に生きるひとたちの「選択」なのだと思うのです。

 さてさて、師走に入りました。あと一ヶ月で今年がおわりなんて、信じられないなあ。
 今日もお疲れ様でした。

« 河口後退 | トップページ | レンガの向こうの青空 »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河口後退 | トップページ | レンガの向こうの青空 »