« さらにかわる形 | トップページ | 佐渡島の「尾」 »

2021年10月 2日 (土)

書き割りは残った

832a9732

 ずいぶん育ってきたな・・・と思っていた姫川漁港前の壁に育つ、書き割りのような草木。
 通りかかると、一部を残してまた伐採されて、すっきりした漢字になってしまっていました。

 ただ、全部とっちゃったわけではなく、排水口から生えてきている1本は、そのまま。
 コイツはこのあと、どんな感じに育つのか、それとももう少し育つとまた伐採されちゃうのか。

 一時期の壁一杯の大木感の記憶があるワタクシとしては、思わず楽しみにしてしまいます。
 静かな土曜日の朝。今日はもそもそと仕事しています。

 おはようございます。

« さらにかわる形 | トップページ | 佐渡島の「尾」 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さらにかわる形 | トップページ | 佐渡島の「尾」 »