« 半影月食 | トップページ | 大吟醸の~ »

2020年12月 2日 (水)

このカコミは北斗座

832a2962

 ふと「なにかまた作るのかな」と思った、電化体育館跡地のカコミ。仮説の建物横にある工事表示によると、なにかの工事の間の資材置き場かなにかになるようです。

 僕が小さい頃はかろうじて北斗町も「青海でいちばん店の多い通り」だったはず。
 そもそもが「ウチから離れればはなれるほど都会になる」と思っていた田舎の子としては、僕が住む田沢小の校区よりは青海小の校区のほうが「まち」な感じがしただけに「このあたりに昔は映画館があったんだよ」と言われてもなんとなく「そうかもなあ」と思ったり。今の子は、糸魚川の駅前に映画館がいくつかあったと言っても、想像できないんじゃないかなあ。

 というわけで。

 なんとなく「ここに昔あった建物」の匂いを感じさせるバリケード囲みを見下ろす昼下がり。
 まちの歴史的な匂いって、かわっても残るのか。それを感じるのは昔の記憶があるオヤジだけなのか。

 そんなことを考えながらの午後なのです。

« 半影月食 | トップページ | 大吟醸の~ »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半影月食 | トップページ | 大吟醸の~ »