« 40分100円 | トップページ | いいなあ、昼呑み »

2020年7月22日 (水)

神様の尊厳

832a8374

 たとえば、お地蔵様に毛糸の帽子やマフラーというのは微笑ましく感じるのだけれど、正直マスクはちょっと違和感があります。
 日本の八百万の神の物語はとても人間くさくて、病気になったりとってもしそうなのだけれど、一方で神様は「超越した存在」として、そういうことを言うのはすこし敬意が足りないような気もしたりして・・・。

 そういう意味では、人間くさい神様たち(たとえば貧乏神!)が、足りない力の中で与えられた仕事をできるかぎりまっとうしようとする小説「すべての神様の十月」(小路幸成)をふと思い出したり。

 実際のトコロ、奴奈川姫はCOVID19よりツヨいのか、ヨワいのか、それとも、自分は大丈夫だけれど、啓蒙の姿を見せてくれてるのか。
 そんなどうでもいいことを考えながら(笑)。

 では、おやすみなさい。

« 40分100円 | トップページ | いいなあ、昼呑み »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 40分100円 | トップページ | いいなあ、昼呑み »