« 木陰の涼しさ | トップページ | 次世代 »

2020年6月29日 (月)

832a7375

 いろんなものを見て「ああ、鏡だなあ」と思うことの多い季節。
 陽炎のむこうに見える逃げ水が、妙になにかを映していたりとか。

 そして、立体的な雲が出ていると、ちゃんとその下あたりの海面も白くなるんだなあ・・・と、ちょっと高台でまじまじと眺めるワタクシ。

 川の濁りや、それを受けての海の濁りの出方は雨が降ってから数時間遅れ。もうソラははれているときに、その変化を海面で楽しむ。そんなことも、梅雨時の楽しみの一つかもしれません。

 今日もおつかれさまでした。

« 木陰の涼しさ | トップページ | 次世代 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木陰の涼しさ | トップページ | 次世代 »