2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

こんな写真を撮っています

« 既得権益? | トップページ | 水は少なく »

2020年4月 1日 (水)

直前のイメージ

832a5824

 いつもは「もうじきだな、あと数日だな」と胸ときめくこの時期の桜。
 でも今日はふと、「満開でものすごくきれいな風景より、曇り空の下の、少し咲いていてあとはつぼみのこの暗い感じが、今の季節には似合っているのかもしれないなあ」と思う。
 たとえば、青空で満開で桜吹雪で「素敵だよねえ」という風景を撮れば、やっぱりそこには行ってみたくなるものね。
 でも、今の状況は、結局の所「ひとに会うな、集まるな、近づくな、熱を入れて話すな」ということ。接触がなければ、他人にはうつらない。だからその接触をいかにして最小限にするかという努力と、長くてしんどい冬を終えて「さあ、春が来たぞ!」と桜を愛でる気分は、正直なところ相性はよくない。

 だから、この曇り空の下の咲ききらない感じ、まるでポップコーンをフライパンで煎っていて、まだ一つか二つはじけただけみたいなこの感じは、案外と今のこの閉塞感あふれる状況に、どこか似合っているのかもしれません。

 とはいえ。

 風が通り抜けるところで、わんさか集わなければかえって室内密集よりも、「三密」ではないはず。自分だけが知っている素敵な場所に、他人が入り込まない自家用車で出かけて、ひとりで眺めるなんてことは、たぶん田舎町に住むひとならではのことのはず。
 密集地に住まないからこそ、この状況でもほんの少しは、息つく日々を過ごすことができる・・・のかもしれないですよ。

 ひとに迷惑をかけない、桜のめでかたを工夫しなきゃ。

« 既得権益? | トップページ | 水は少なく »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 既得権益? | トップページ | 水は少なく »