« 水平線 | トップページ | 雪が消えると出てくる花 »

2020年2月19日 (水)

煉瓦のつかいみち

832a5314

 かかわりはじめが糸魚川駅の検修庫がきっかけだったこともあって、なんとなく「鉄道周り」「陸のもの」というイメージがある赤煉瓦。
 でも、見ればけっこう海の周りのも、あるんですよね。

 こちらも筒石の海岸。ずいぶんと波に洗われてまるくなった赤煉瓦。
 普通の場所だとどんどんくすんで落ち着いてくる色が、ここだとどんどん鮮やかになっていく気がします。

« 水平線 | トップページ | 雪が消えると出てくる花 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水平線 | トップページ | 雪が消えると出てくる花 »