« テスト中 | トップページ | 三度目 »

2019年11月28日 (木)

タイムラグ

832a1701-2

 新幹線の下をR8が通る須沢南の交差点では、信号が高架の影になって見えにくいということで補助信号がついています。で、片方がランプ、片方が最新のLEDなので、時々こちらにも写真を載せているようにこんな感じで切り替わりにタイムラグがあります。信号待ちのとき、つい狙って撮ってしまうワタクシも物好きというかなんというか(笑)。

 さて。

 先日ラジオを聞いていたら「高齢者は免許を返納しないほうがいい」という話しに出くわしました。話していた方曰く「多くの方にお叱りを受けるのは承知の上で」とのこと。趣旨としては「おそらく数年で自動運転車が普及しはじめる。でも自動運転でも車は車。日本では免許がないと運転できないことになる可能性が高い。返納してしまっていてそのときあらためて取れないのであれば、運転はしない。免許はしまっておく、で更新を試みてそのまま持っていたほうがいい」というものでした。
 公共交通機関が充実している都市部はともかくとして、田舎町では確かに車は一人一台に近い足。それが運転できないから、たとえば隣の市まで通学しているコドモを駅まで送迎することになってしまうわけで(始発に乗ろうと思うとまだバスは走っておらず、歩けば1時間近くかかる)、一人暮らし、老夫婦暮らしの家で車が使えないというのは、かなり大きなハンデになってしまうのはよくわかります。
 もちろん、クルマは「動く巨大鋼鉄凶器」だから、運転がアヤシイひとが運転することは絶対にやめてもらいたい。でも、その一方でテクノロジーが解決できる余地があるなら、「目がだいぶ弱くなった」とか「時々ブレーキが間に合わなくて怖いことがある」とか、そういうひとたちがより安全にクルマを運転する手段というのは、選択肢としてはありかもしれないな、と。

 おなじ方向の信号が赤と青のとき、自動運転のAIはどんな反応をするのだろう(笑)。
 そんなことを考えながら。

 今日もおつかれさまでした。

« テスト中 | トップページ | 三度目 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テスト中 | トップページ | 三度目 »