« 自画像との定期再会 | トップページ | あなたのそばで »

2019年10月20日 (日)

IBARA"KI"

P_20191020_084624

 何期か前のNHKの朝のドラマ「ひよっこ」で、いなくなった家族を親身になって探してくれない警官が「いばらぎ」って言うから「いばらきです!」って絶叫するシーンがありました。僕は田舎の子なので、別に東京くんだりに住んでいるだけのことで地方の人を軽く扱う輩に敏感に反応するのですが(笑)、一方で「地方」ってのはいっぱいあるわけで、おぼえてもらうためにはいろいろ工夫をしたほうがずっと得なのだと言うこともまた、いつも感じています。

 んで。

 昨晩からお世話になっているホテルには、WiFiサービスが2つあります。
 ひとつはホテル独自のサービスなのだと思うのだけれど、もうひとつは主に外国からのお客様への茨城県の統一サービス IBARAKI-FREE-Wi-Fi 。

 https://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/joho/chiiki/ibarakifreewi-fi.html

 ESS-IDは流れているのを拾えばいいことだけれど、パスワードの ibarakiken は、一度は自分で入力しなきゃいけない。いまどこにいるのか、茨城は「いばらき」なのだということ、WiFiにつなごうとする人は、かならず意識することになる。ちいさいことだけれど、これは案外いい手だなあ。

 糸魚川も難読地名です。この間の時効警察で「要玲蔵」(かなめたまぞう)というヒトの名前が貼ってある箱がずっと冷蔵庫に入れられていた(「要冷蔵」と見間違った)という導入部の小ネタがあったけれど、なんとなく漢字って流れで読むモノ。糸魚川とか青海とか、はたまた能生とか、ちょっとひっかかる地名について、ESS-IDに対してのパスワードで読み方を意識してもらうっていうのも、案外楽しいかもしれないですね。

 ・・・と、ここまで書いてきて「茨木」って書いてないよな・・・と確認するワタクシ(笑)。
 今日もしっかり働きます。おはようございます。

« 自画像との定期再会 | トップページ | あなたのそばで »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自画像との定期再会 | トップページ | あなたのそばで »