« クマ大量出没中 | トップページ | 砦 »

2019年10月29日 (火)

海は穏やか

832a0878-1

 のんびり海岸を歩くことができるような天気になってきました。波打ち際もふうわりと。
 おだやかなときは、おだやか。荒れるときは荒れる。その振れ幅が大きいのが、自然というものなのだなあとあらためて感じることが多い秋が過ぎていっています。
 きっと、今が特別酷いわけでなく、江戸時代に浅間山が噴火して飢饉になったりとか、どこぞの暴れ川が大暴れしてみんながなにもかもなくしたりとか、そういうことが繰り返されて今に至る中、なんとかすこしでも手なずけようとした成果として、これくらいの生活ができている。そういうことなのだろうなあと時々思います。

 インフラを維持するひとたちの使命感を、僕らはもっと信用して、敬意を持っていていいんじゃないか。そんな気がします。
 自然は、時にひとがどうにもできないようなことをやらかす。それはそれとして、少しでもそのときの被害が酷くならないように、心を砕く人がいる。
 そのことに、きちんと敬意を持つ。
 じゃないと、みんなが避難している中、ひどい雨や風の中どうにかしようとしているひとたちが、やりきれないものね。
 そんなことを思いながらの火曜日なのです。

« クマ大量出没中 | トップページ | 砦 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クマ大量出没中 | トップページ | 砦 »