« 運動しなきゃ | トップページ | 電線の向こうの赤 »

2019年8月22日 (木)

窓の外は雨

P_20190822_074127-1

 すごいイキオイの雨に目が覚めると、屋根から樋に落ちるはずの雨がいきおいそのままに放水状態になっていました。
 避難のための「レベル1~4」のどこに相当するかをスマホのアプリがおしえてくれるようになり、市内、または県内のどこかがちょこっと高レベル相当にひっかかるだけでぴこーんと警告されるので、ちょくちょく「ちゃんと調べなきゃ。もしかしたらヤバいのかも」と意識するようになりました。仕組みって、ちゃんと思考回路を変えるんだなあと、そんなことも思ったり。

 今年育てているバケツ稲のバケツも、一杯になって水があふれていました。「単位面積あたりの降雨量はおなじなのに、なんで田んぼは溢れないでバケツはあふれるんだろうね」なんて話しを理系の娘としたりもした朝。そりゃ答えは「出口があるから」なんだけれど、なんとなく「広いから」みたいな気がしてしまうのも不思議だなあ、と(笑)。

 予報ではお昼ころにはピークをすぎて、夕方には曇り空ながら雨はあがるような話しだったのに、なんだかまだ「しとしと」雨は降っているようです。だいぶ地面に染みこんで、今日の雨はあがっても簡単に路面が乾いたりしないのかもしれないなあ。

 そんなわけで、高校野球を見ていない働いているみなさん、お互い頑張りましょう。

« 運動しなきゃ | トップページ | 電線の向こうの赤 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 運動しなきゃ | トップページ | 電線の向こうの赤 »