« 晴れの日の立体感 | トップページ | ひろった石 »

2019年7月14日 (日)

多くの人を迎えるということ

P7143942

 昨日は小布施見にマラソン。もちろん、ワタクシは走りませんが(笑)、家族がふたり(うちひとりは初参加)エントリーしていたので、一緒になって小布施のまちなかをうろうろ歩き回って遊んできました。去年はめちゃくちゃ暑くて、日が高くなった頃にはレース中のひとたちが回収されちゃうような感じだったのだけれど、今年は雨のスタートでほどよい陽気。その分、毎年私設でやってる塩あめ配りはやらなかったのですが、みなさんここちよいレースだったんじゃないでしょうか。

 市民マラソンがあちこちで開かれている中、小布施見にマラソンは「見に」と名前にはいっているように、まちを歩き回り、見てもらうためのもの。序盤1/3くらいは混みすぎで半分くらいは歩いているんじゃないかという感じなので、本気で走りたいひとには向いていないかもしれないけれど、その分たっぷりと小布施を満喫できて、たのしいハーフマラソン。

 車だと、道路は通過されちゃう。自転車だとすこし目線がゆっくりになる。歩きや走りだと、もっとゆっくりになる。あ、ここにはすももの木、ここには栗。あそこに牛いるよ。あそこのお店でたべられるもの英語表記「oudon」って描いてあるよ。レースがおわったらあそこのメロンパンたべよう…。ゆっくりまちのなかをみてまわってもらう、全行程歩いても大丈夫なくらいの制限時間が設定された「ハーフマラソン」。なんだか、いいなあといつも思うのです。

 というわけで、町民撮影者の方の動画もたっぷり使われた「どうもありがとう」動画をご紹介。
 https://www.facebook.com/watch/?v=355844015307377


 ふるさとのみてもらいかたのひとつの形として、毎年の楽しみの一つ。そのうち、自分も…いや、それはやめておこう(笑)。
 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。大会を支えた多くの皆さん、どうもありがとうございました。

« 晴れの日の立体感 | トップページ | ひろった石 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晴れの日の立体感 | トップページ | ひろった石 »