« うみのいろはそらのいろ | トップページ | となりまちのおしらせ »

2019年7月26日 (金)

ことしも、百物語

832a4360

 昨日は、糸魚川の本町通り商店街の前が歩行者天国になるお祭り。
 去年もこのお祭りにあわせて、旧倉又茶舗であった「百物語」の続きが、昨晩催されました。

 ちょっと怖い話しをひとつするたびにろうそくを一本吹き消していくこの趣向。裏土間に蚊帳も吊って、その中に入っての怪談は、昨年消した残りの数、70本弱からスタート。残り30本ちょっとのところまでいきました。この調子だと、来年は99本までいけるかな。

 真っ暗は、こわい。真っ暗な場所がなかなかないだけに、その感覚を思い出すというのも、実はいいことなのかも。
 昨日お越しいただいた方、ありがとうございました。

 あ、そうそう。
 昨日の会場の土間に壁に飾られていた、4年前のワークショップでつくった生き物いっぱいの架空の川「糸魚"川"」のセンセイ、木村太亮さんの新作絵本が、今日発売になっています。
 お近くでみかけられたら、ぜひ。

 というわけで、おはようございます。

« うみのいろはそらのいろ | トップページ | となりまちのおしらせ »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うみのいろはそらのいろ | トップページ | となりまちのおしらせ »