« とおさないぞ | トップページ | トロピカルその後 »

2019年6月13日 (木)

トロピカル濁海

832a1360_1   雪国の海の色が一番「トロピカル」なのは、実は雨の翌日の晴れ間。
 濁った川の水が海に流れ込んでできた青とコーヒー牛乳色の中間の緑っぽい海面に、強い日差しがあたると、時にこんな色に見えたりするわけです。

 もちろん、こんなときは透明度満点なわけではなく、しっかり濁っているのだけれど、おかから見ている分にはとてもきれいな海。
 それも、姫川、田海川、海川、早川と、近くにある川によって濁りの出方、海の色のかわりかたや、どんなグラデーションが出るかはちがいます。ずいぶん遠くまで色が変わっていて、しかも色の境界線がはっきりしていたりすると「ああ、川の水はあんなふうに海に流れ込んでいるんだなあ」と思ったり(笑)。

 そんなわけで、いまいち天気の良くなさそうな週末にむかって、真夏のような平日の一日は、そろそろおしまい。
 今日もおつかれさまでした。

« とおさないぞ | トップページ | トロピカルその後 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とおさないぞ | トップページ | トロピカルその後 »