« はかない境界線 | トップページ | 酒粕ラーメン »

2019年6月 2日 (日)

相撲のまち

P_20190602_094514-1

 今日は、能生の小高い丘の上、布引グラウンドでコドモのサッカーの練習をながめていました。
 途中、ちょっと用があって、クルマが一杯で出しにくかったこともあって、ちょっとした酔狂で歩いて「下界」へ。
 けっこうな高低差。歩いていてしんどいのに、何台もの細いタイヤのチャリとすれ違って、自転車でヒルクライムするひとは、すごいなあとあらためて思ったり。

 この布引グラウンドへのぼっていく道は、中部北陸自然歩道の A-12「緑あふれる神道山へのみち」という全行程9.4kmのコースになっているんですが、これ、けっこう歩いたらキツいだろうなあ。

 そんなわけで、ついでにお茶を買おうとおもったら、こんな自販機も発見。おなじ市内に住んでいても、ちょっとエリアがちがうとなかなか気付かないもの。こういうサポートも、あるんですねえ。
 そして、坂を登ってグラウンドに戻ったら、帰宅した頃からももが筋肉痛のワタクシなのです(笑)。

 では、おやすみなさい。

« はかない境界線 | トップページ | 酒粕ラーメン »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はかない境界線 | トップページ | 酒粕ラーメン »