« 雪の朝 | トップページ | 始動 »

2019年4月 3日 (水)

はるの「きけん」

832a4076

 最近あちこちで見かけるようになった田畑のまわりの電気柵。
 一度設置すればそのままでいいのだとばかり思っていたのだけれど、話を聞けば電源を都度ON/OFFしたり、雪が降る前に撤去して春先また設置したりとなかなかいろいろ手のかかるものなのだとか。確かに「さわれば感電」する線なんだか、雪に埋まってもそのまま放置してたら漏電しっぱなしになっちゃうものねえ。

 というわけで、冬の間はみなかったこの柵も、またぼちぼちとあちこちで見かけるようになってきました。
 猿とか、イノシシとかが、まただんだんと動き回り始める頃。これもまた「春にしなきゃいけない仕事」の見え方なのだろうなあ、と。

 春先は、いろんな仕事がたくさん突然増えるはずの農家の方たち。おつかれさまです。

« 雪の朝 | トップページ | 始動 »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の朝 | トップページ | 始動 »