« 時々黒姫 | トップページ | 海を見下ろす桜 »

2019年4月16日 (火)

再選挙

832a4848

 長野県小谷村の一部は、生活圏が糸魚川と重なっているところがあって、仕事をしていると「通りかかる」こともあります。
 先日見かけたありふれた村長・村議会選挙のポスター掲示板に「え?」と二度見してしまいました。

 「再選挙って、なんだ?」

 定数の1/6の欠員があると、再選挙が行われるとのこと。小谷村は村議の定数が10なので、候補者が8人だと再選挙になる可能性があり、昨年の選挙では9人が立候補して無投票当選、欠員1になっていたんだとか。そして、今回村長選にあわせて、残りひとりを「募る」再選挙が行われるんだとか。

 NHKで昨年のこんなニュースも見つけました。
 https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0418.html


 議員のなり手がいないという話しは地方ではよく聞く話しなのだけれど「無投票当選も成立しないくらい候補者がでない可能性があった」ところが、ごく近くに現れる時代になってるんですねえ。
 限界集落とか、消滅市町村なんて話しも、比喩の話しじゃなくて、現実の話し、なんだなあ。

 今日告示だそうですが、候補者がちゃんとあらわれますように。
 おはようございます。

« 時々黒姫 | トップページ | 海を見下ろす桜 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時々黒姫 | トップページ | 海を見下ろす桜 »