« 埋まった埋まった | トップページ | セットポジション »

2019年2月20日 (水)

海の境界線

832a3066_1

 雨の翌日は、川が濁ります。そして、川が濁ると、川の近くの海も、濁ります。

 最初は、段階的に。そして、それはだんだんとグラデーションになり、ほとんど全部が緑色っぽくなって、まただんだんと青へと戻っていく。
 このはじめのころの「だんだん」を見ると「ああ、あそこまで川の水はいってるんだなあ」という色分けのよう。そのうち、簡単に着水してすこし水をとってこられるようなドローンがおもちゃでできたら、それぞれの色のところから水をとってくると、塩分濃度がちがうんじゃないか…などと自由研究気分ももりあがります(笑)。

 それにしても。

 写真を撮っているときには気付かなかったのだけれど、あとで見てみると、波打ち際には派手なカッパを着た、たぶん石拾いの方の姿が。
 この日はおだやかな波の日だったけれど、そうはいっても冬の日本海の小雨の日。くれぐれも石拾いはお気をつけて。
 では、おやすみなさい。

« 埋まった埋まった | トップページ | セットポジション »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の境界線:

« 埋まった埋まった | トップページ | セットポジション »