« 一引きの変化 | トップページ | 工場の向こうの黒姫 »

2019年1月 6日 (日)

雲の切れ間

832a2201

 すっかりあきらめていた今日の部分日蝕。コドモを迎えに出たついでにふと見ると、車のフロントガラスの上の色がついているところの中になんだかいびつな月のようなものが(笑)。ちょうど雲の薄いところにいた太陽が、さらに色ガラスの向こうで光りが弱まって、偶然気付くことができました。
 そんなわけでNDフィルタもつけず、マイナス補正だけで短いレンズで撮影。
 もうすこしかけるはずの時間帯だったけれど、このあとすぐまた雲の向こうにいってしまいました。

 月蝕なら、うすい雲だともうアウト。それだけに、太陽って明るいんだなあとあらためて思いながら撮影してました。となりでは娘がスマホで挑戦してたけど、どうだったのかな。

 そして、今はまた「本日は雪天なり」状態。
 今年もう一回部分日蝕があるのだけれど、それもまた年末。で、このページを見ていたら、次の皆既日食はもう「定年」の先の年なんだなあと、あらためてそんなことにも驚いていたりしているワタクシなのです。
 https://www.astroarts.co.jp/special/20190106solar_eclipse/index-j.shtml
 おはようございます。

« 一引きの変化 | トップページ | 工場の向こうの黒姫 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲の切れ間:

« 一引きの変化 | トップページ | 工場の向こうの黒姫 »