« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月)

いきそこねた

P_20181231_211844

 仕事を終えてふと財布を見ると、一枚残った抽選券。
 ほかのは昼間、こどもたちがいってきて、ティッシュをもらってきたらしいのだけれど、これもちゃんと渡しておけば、よかったなあ。

 そんなわけで、ひとつまちがうと年越しメンテナンスになるかとも危惧していたんですが、無事19時頃にはかえってきて、家族で御神酒をいただいたりしながら過ごしています。
 みんなに「おかえりー」と喜んでいってもらえるオヤジでいられるってのは、いいなあ。

 今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。
 みなさん、よいお年をお迎えください。

2018年12月30日 (日)

年越しの準備

P_20181230_102531

 年越しの準備のひとつが、餅つき。
 今日は弟の家族も来て、一緒に白いのやら、豆餅やら、草餅やらをつきました。
 白と赤餅米ので紅白の鏡餅を作ったりも。赤餅米は今回はじめてだったので勝手がわからず、なんとなくクランチチョコレートみたいな雰囲気になりました(笑)。

 やってきた弟家族のうち、姪のひとりはもう社会人。高校生の連中も、あと何年かすれば家を離れていくのだろうし、こういうことを大勢で一緒にできるのも、あと何年もないんだなあ。

 雪の寒い日曜日。でもなんだかのんびりしています。
 さあ、明日は仕事納めだ(笑)。

2018年12月29日 (土)

デカいねえ

832a2148_1

 加賀の井さんの前に、真新しい酒林が飾られました。
 これが新しくなるのは、新酒ができたよ~という季節のお知らせ。でも、新しい蔵での本格的な造りははじめての今冬、蔵のみなさんはお酒を醸すだけで精一杯で、それ以外のことにまで気を配る余裕は、きっとなかったのだと思います。

 蔵の方のSNSにあった「X'masプレゼント!スゲー!マジ嬉しい!」の文字。眺めている僕まで、うれしくなってしまいました。
 毎年、ここが定位置になるのかな。そして、僕が楽しみにしている白藤を醸したお酒も、そろそろ出てくるのかしらん。年越しを前に、いろんな新酒が5つの蔵から出てきて、なんだか楽しみなワタクシなのです。

2018年12月28日 (金)

発掘の日

P_20181228_111652_1

 大掃除の日は、発掘の日。今日、職場の掃除をしていたら、pepperの箱の後ろからこんなパネルが出てきました。たぶんこれは赤煉瓦ネットワーク全国大会を糸魚川で催したときにつくったもの。終わった後一時的にここに・・・で、そのままになっているものだったような気がします。

 市内のレトロな建物の番付のパネルには、平安堂旅館や京屋分店、鶴来家、加賀の井など、今となっては懐かしい建物がいくつもあります。

 いろんなお宅の壁など、散歩しながらのスナップ写真も、残っていれば町の記憶になる。ここしばらく、駅北エリアで写真を撮ることはほとんどなかったのだけれど、また少しずつ、まちの姿を残していこうかなと、そんなことを思う「発掘」でした。

 さて、明日起きたとき、どれくらい白くなってるかな。
 おやすみなさい。

2018年12月27日 (木)

少しの晴れ間

832a2136_1

 ずっと雨っぽいと、すこし日が差すと虹が出る。それが、きれいだったりするんだな。

 東京にバスを仕立てて「大会」にいってるコドモは、ちゃんと雪道かえってこられるかな。

 今日も寒いですが、みなさんあったかくしてお過ごしください。

2018年12月26日 (水)

冬至の朝(の写真)

832a2132_1

 ここ数日写真を撮っていないので、つい先日、冬至の朝のものを。この日は、このあとちょうど焼山のてっぺんあたりから朝日が昇ってきて、きれいだったなあ。
 明日からは雪模様の予報。28日あたりは大雪という話もありますし、みなさん、お気をつけて。
 

2018年12月25日 (火)

今年最後の?

P_20181225_072830_1

 予報では、27日から上空におりてくる寒波は相当強いものらしいとのこと。今日もだんだん下り坂の予報で、もしかしたらこんな風に冬のクリアな空気の向こうに見える黒姫山をみられる朝は年内最後かもしれません。

 葉っぱが凍る寒い朝ながら雪はなく、グラウンドでは毎朝のゴルフ練習をしている方もいて、ウチのもリフティングなんかやってたりします。

 それでも手が切れるような寒さ。やっぱり冬だなあ。
 さあ、ほぼ今年最終週。

 おはようございます。

2018年12月24日 (月)

第一便

P_20181224_093731_1

 毎年12月は、まず親戚に届ける分の餅をつき、年も目一杯押し迫った頃にウチの分の餅をつきます。なので今月は、もちつき2回。
 今日は、その第一便用にひと臼だけ豆餅。でっかいせいろを出して、ぐらぐらお湯を沸かすところからはじめてのわずか1時間ほどの作業なんですが、「をぉ、年末だなあ」と気分は盛り上がりました。クリスマスイブなんですけどね(笑)。

 外では雪が降ったり止んだり。かといってつもる気配はない12/24なのです。
 みなさんによい聖夜が訪れますように。

2018年12月23日 (日)

ようこそ糸魚川へ

P_20181223_104458

 今日も引き続き、コドモのサッカーで黒部の体育館にお世話になっています。
 会館の中で、こんなポスターを見つけました。そうか、黒部の親子スキー教室は、シーサイドバレースキー場でやるのか。

 黒部の近所では、宇奈月温泉スキー場もあるけれど、山が急峻すぎるのか、あんまり富山県はスキー場がない印象があります。で、最寄りのスキー場ということで、糸魚川に来てくれる。なんだかうれしいことです。

 この連休のオープンは見送ったものの、きっと、この頃にはシーサイドバレーも雪がしっかりあるはず。ぜひ、楽しみにしてお越しください。昨日今日と、黒部カップではホント楽しませてもらいました。

 というわけで。

 ご近所。いったりきたり。いろいろ楽しめるのは、やっぱり楽しいなあ。
 そんなこんなで、一日お疲れ様でした。

2018年12月22日 (土)

つきあかり

832a2121

 黒部でのこどものサッカーの試合を終えて戻って来ると、バックミラーの中は真っ赤なソラ。そして、前方にはそのまま日本海へと落ちていく北アルプスから明るい月がのぼってくるところでした。雲がいっぱいでているけれど、それもまた、きれいだなあ。

 明日ももう一日おなじ会場で、ひとつ下の学年のクラスでの試合。もう一日楽しんできたいと思います。去年のその大会では、大雪が降って大変だったんだとか。今日はだんだんとぽかぽかしてきた天気で、おなじ12月のおわりでも、トシによって、日によって、大違いなんですねえ。

 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2018年12月21日 (金)

おまけ

P_20181221_180727

 今日は、上越での打ち合わせの帰りに、親戚に頼まれたカニを送る手配で能生の道の駅へ。さすがに平日の夕方ということで店じまいもはやく、17時頃についたらもうほとんど閉まっていてあわてて飛び込んだんですが、なんとかお願いできてほっとしています。

 で、発送ということで僕が持ち帰るものはないはずなんですが、例によって「晩酌のつまみに」とちっちゃいのを一杯いただいてきました。これは明日留守番の家族のお昼ゴハンになるらしいぞ(笑)。

 ほんとはもちょっとはやく行って、いろいろやりとりして味見の足をちゅるっとやって・・・とか、やりたかったなあと思いながらも、もうほとんどしまっている状態からでもこうやって出してきてオマケしてくれるってのは、いいよなあと、あらためて思ってしまうワタクシなのです。

 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。

2018年12月20日 (木)

ことしもE7

832a2094

 いますねえ。

 昼間は1cmくらいあるようなひょうがふったりもしていたけど、明日は晴れらしい。
 師走感満載なあわただしい日々ですが、みなさん、風邪など召されませぬよう。
 おやすみなさい。

2018年12月19日 (水)

賞品

P_20181219_091329

 先日、近所の公民館で小学生の年忘れ将棋大会がありました。
 参加費もかからなければ、親がスタッフとしてお手伝いをするわけでもない、地域の将棋の先生がたがやってくださる、将棋好きな子へのご褒美のような大会。

 小学校のクラブに教えに来てくれていた方が「よかったら土曜日に公民館にもこないかい?」とみんなに声をかけてくれての将棋教室。地域のアマ有段者のみなさんは、こどもたちにとてもよくしてくださいます。

 思えば、サッカーも、野球も、バスケも、指導者の方たちってみんな「地域に『コレ』がちゃんと根付くように、『コレ』を続けるひとがなくなって絶えてしまわないように」と、いろんなことを手弁当でしてくれている。こどもたちは幸せだなあと思います。

 というわけで、この小学生将棋名人戦の、現在のタイトルホルダーがズラリと並ぶポスターは、そのときの大会の「6位賞品」でいただきました。ウチのヤツは、ひとつ順位が上の子がいただける、今季の竜王戦のポスターが欲しかったようですが、これも「かっこいいなあ」といって喜んで部屋にはり、しばらく積んであった「泣き虫しょったんの奇跡」を読み始めました。そして、全然鍛錬していない僕は、そろそろ酒がはいっていると将棋ではかなわなくなりつつあります。

 「小学生名人戦」にはカスりもしない、全然レベルのちがうところでも、「!」はある。
 なんだか、いいよねえ。

2018年12月18日 (火)

てっぺん

832a1899

 ソラ全部がはれてる日はなかなかなくなってきたので、こんな風に細く空いたところから照らされた色がごちそうに感じられるように、アタマのほうがすこしずつきりかわってきました。

 川のところから見る山は、景色もちゃんと「空いて」いて、いいんだよなあ。そんなわけで、海川や根知川からは雨飾とかを、早川からは焼山を、信号待ちのときには眺めています。

 今朝の新聞で、焼山温泉が温泉営業を近く休止するという報道がありました。
 昔の支配人、Tさんがとてもダンディで、そこに集うおなじく怪しくも素敵なオヤジたちがフルートを吹いたりするのを眺めに行ったのが、ついこの間のようで。
 時々、仕事をサボって昼間に風呂入ってたりすることも(ほんとに時々ですが)ありますが、そういうときはみなかったことにしてやってください。あと何回か、こそっと出没しようと思います。

 そんなこんなで、おはようございます。

2018年12月17日 (月)

寒い一日

832a1889_2

 雪が降る日も出てきた中、雨が降っていっるならあったかいはずなのだけれど、なんだか今日は冷たい日だったなあ。
 みなさん、あったかくしておやすみください。

2018年12月16日 (日)

なかはあったかいよ

832a1903

 最近、すっかり定着した感のある、きらら青海のアトリウムコンサート。だけど、今の季節は、寒いよね。それに、糸魚川は「会館」より小さい、市内のアマチュアがライブをやるようなちょうどいい「小屋」があまりない…ということで、今回は市民会館のエントランスで、Liveというあたらしい試みなのです。
 外は寒いけれど、中はあったかい色の照明。そして、ダルマストーブ。
 フュージョンの1時間ちょっとのミニライブ。最後は、中高年なら誰でも知っている(笑) T-Square の "Truth"が、ゲストふたりとともに演奏されてフィナーレ。思えばSquallのみなさんは、きららのカルチャースペースとか、フォッサマグナミュージアムのエントランスとか、いろんなちっちゃい小屋を「開発」してるなあ。
 今回は、市民会館のMサンの発案とのことで、きららのアトリウムよりもちょっと狭いここも「小屋」として今後使われていくきっかけになるんじゃないかと、そんなこともちょっと楽しみなワタクシなのです。

2018年12月15日 (土)

二時間ドラマの崖

832a1892

 この、ほんのすこしだけくだけている波を見て、ふとずいぶん昔のTOTOかなにかのCMを思い出しました。船越英一郎が二時間ドラマっぽい崖で「ほんとうにそんなに大きな波がいるのか。これくらいでいいんじゃないか」とか言うと、ちょこっとだけ水が流れる、みたいなヤツ。

 そんなこんなで、風が強いと大きな波。そして、ゴロゴロと雷という当地の冬ですが、今日みたいな日は濁った海がえせエメラルドグリーンで、なんだかのどかな風景なのです。
 入ってきた船も、なんかか軽そう。このあと満載して、戻っていくのかな。

 では、午後からものんびりとした休日を。ぼかあ働いておりますが(笑)。

2018年12月14日 (金)

Example

P_20181214_145656

 中学校の頃、英語の授業ではリスニングのために先生が教室にモノラルスピーカーのでっかいラジカセをもってきて、テープの音声を聞かせてくれてました。
 "example , repeat after me..."なんていわれると、まだ小学生気分の残るわれわれは「へくさんぼ!」なんてでっかい声で言ってたりしたのを、50になるいまになっても気恥ずかしく思い出すんだよなあ。

 50といえば、今シーズン、市内のスキー場では50歳以上の大人はレンタルスキーのセットが1日1,000円。ウェアまで全部借りても2,000円というキャンペーンをやるそうです。
 ウェアもあるし、スキーもあるけれど、このポスターを見て「そうか、ぼかあ『きっともうスキーなんてやらないジィサン、ひさしぶりにやってみるとたのしいかもよ』と呼びかけられる対象の年に、なっちゃったんだなあ」と妙にショックを感じてしまいました。オフクロが携帯電話の「シニア割引」にショックを受けていたのを、笑えないトシになってきたんだなあ。

 とはいえ、去年は家族に受験生がいたこともあって「スベらないように」なんて話しをしてたのだけれど、今シーズンは心置きなく、だな(笑)。

 そして、写真はポスターとガラスの間にはいりこんだ「へくさんぼ!」。ヤツらもあったかいところ探してうまくもぐりこみますねえ。

 そんなこんなで、おやすみなさい。

2018年12月13日 (木)

かがやくてっぺん

832a1887

 遠くにいくほど白くなる山。そして、日が短くなるに従って手前ははやく暗くなり、高いところには光りが残る。だから、こんな感じであっちの焼山だけ妙に白かったりする夕暮れです。
 空は概ね鉛色。でも、ちょこっと青いところがあると「ああ、青空だなあ」と思う。少しずつ、アタマが雪国モードに切り替わってきている。そんな気がします。

 さてさて、午後もあとひとがんばりの時間帯。もうじき、夕ゴハンだの晩酌だのの時間ですよ~。

2018年12月12日 (水)

センパイ載ってるよ

P_20181210_135916_1

 10月に創刊した新潟ローカルのアマチュアスポーツ専門誌、STANDARD新潟は、隔月刊なので今月第2号がでました。今月号では高校サッカーの特集があって、ご近所の学校のチームもポジション入りで掲載。
 上の子の同級生たちがこうやって「紙」で紹介されてるのは、なんだか感慨深かったなあ。
 下の世代はまたちがうのかもしれないけれど、僕らあたりだと、たとえば「テレビに映る」とか「雑誌や新聞に載る」っていうのには、ちょっと特別な感じがあります。

 そんなこんなで、コンビニなどでみかけます。廃刊にならないように、ぜひ買って応援してあげてください。そのうち、地元のチームや選手が大きく特集されたりすると、いいなあ。

 

2018年12月11日 (火)

立体感

832a1871

 昨晩は、雲もかかっていたけれど、あいている空はなかなかクリアで、そうかと思えば暮れたら雨があたっているのに月が出ていたりとなかなか不思議なソラでした。
 雪はすっかり消えて、初雪は一段落。今晩からは関東方面で降るという話もあって、そちらのみなさんもくれぐれもお気をつけください。

 雪の準備は、ある意味「集団防疫」。インフルエンザの予防接種といっしょで、自分がかかるかどうかもさることながら、ある程度以上の比率のひとがみんな準備していないと、だれかの準備不足が準備してる人たちを直撃したりもするもの。ひとりでスタッドレスタイヤはいてても、はんぶんくらいが夏タイヤだったら、ある程度降ればあちこちで車はスタックして収拾がつかなくなったりもします。
 だから、準備がつかなくて降っちゃったときは、たまにのんびり休むと、いいんじゃないかなあ(笑)。

 そんなこんなで、今日もお疲れ様でした。おやすみなさい。

2018年12月10日 (月)

可視化

832a1865

 日頃は残らない足跡も、雪の上では残ります。
 ちょうど並んで歩くくらいの跡。大きな足跡はひとで、もっと消えている方は「よろこびにわかけまわる」犬か。そんなわけないよね(笑)。

 平年より○日遅い…という冠があちこちでついていた初雪。一回降ると、あきらめがつく。もう冬なんだな。そんな気分の雪。だけど、その間からは、まだ黄色くなっていない、青い草がいっぱい出ていて「まだですぜ」と言ってる。そんな悪あがきも、いいなと思うワタクシなのです。
 今日もおつかれさまでした。

2018年12月 9日 (日)

三度目の正直

P_20181209_112225

 山の三度目の雪は、里の一回目と同時来訪。
 今日は美山でコドモのサッカーの試合だったのだけれど、駐車場は早速ワイパーを起こす車が並び、気温が高いからどんどん積もるということはないものの、あたりは真っ白に。明日の朝まで雪模様ということで、きっとまた寒いんだろうなあ、と。

 そんなこんなで、今日はみなさん、あったかくしてお休みください。
 おやすみなさい。

2018年12月 8日 (土)

二回目

832a1855

 今朝、起きたときには雲に包まれていた黒姫山ですが、だんだんと姿を現してきました。そして、だいぶ消えていた雪がまた復活し、かなり下まで真っ白。黒姫二回目の雪です。

 そして、その後所用で柿崎あたりまでいったら、一面真っ白。トンネル入り口では「出口ユキ注意」なんて表示もあって、ああ、冬だなあとあらためて実感。急に、電光掲示板の冬タイヤ着用を促す表示も、表現が強くなりました。
 そんなわけで、ウチのタイヤ交換してなかった車も、今日の午前中にすべて作業完了。タイヤがずいぶん減っていたのに気付いてしまったのが一台あるので、これはそのうち晴れている平日にでも、車やさんでかえてもらうことにして、さしあたり今日はこれでいいことに。

 冬支度万端。あとは「それなりの」冬でおさまってくれると、いいなあ。

2018年12月 7日 (金)

海が鮮やかなのは

832a1851

 さんさんと輝く夏の太陽の下だけじゃなくて、どんよりと鉛色の空の下の、こんな氷雨の日の、濁った水が川から注がれて緑色の海も、案外と鮮やか。
 冬には冬なりの色。風がめちゃくちゃ強くてまっすぐ歩けないような日に。

 さっき、駅で家人を待っていたら、フロントガラスにすこし白い芯のある雨があたっていました。
 起きたら真っ白はさすがにまだないだろうけれど、それでも週末にはやってくる寒波。ぜひぜひ、お手柔らかに。

 そんなこんなで、おやすみなさい。

2018年12月 6日 (木)

イメージする

P_20181206_072924

 田舎のコドモは、まわりでちゃんと稲が育ったり、虫がうろうろしていたりするから、たとえば「魚が切り身で泳いでる」とか、そういう勘違いは滅多にしない。世の中が手狭な分、あちこちに手が届きやすいから、自動的にパックされたものがお店に湧き出してくる気がするようなこともなく、作り手の顔が見える生活ができる。

 一方で、その分「田舎にあまりいないひと」への現実感は、薄くなっちゃう傾向があります。夢としての「○○になりたい」は、ある。でも、その「○○」が学校に入って勉強すればなれるかもしれないヤツじゃない時、夢を具体的な目標に転換させることがイメージできなかったりする傾向があるわけです。

 だから、たとえば「ウチの学校の卒業生」が作家になったり、歌手や画家になったりと、ものすごく田舎な表現をすれば「テレビに出たり、本に載ったりするひと」になることは、妙に「あ、こういう手もあるんだ」という気づきになったりする。

 昨日、昔からお世話になっている自転車乗りのオジサン(笑)が、「ウチの娘が本を出したので」と、文庫本を一冊僕にくれました。さっそくその本はウチの子に取られたので、僕は形をかえて電子書籍で一冊購入。いつもなら読まないジャンル。だけど、こういう縁で対象ジャンルが広がるのも、なかなか楽しい。自分が選ばない本に遭遇するというのも、本読みの楽しみだものね。
 そんなわけでカドカワ・メディアワークス文庫のコレがその作品。もし、お近くで見かけることがあったら、ぜひ。

2018年12月 5日 (水)

配備

832a1841

 12月に入って、あちこちの空き地に除雪車が配備されはじめました。

 毎年冬になると思うのだけれど、まちのどことどこに除雪車が待機しているかを地図にまとめると、それだけで自由研究になるんじゃないかなあ。
 「そこまでいく」ことができないと、除雪そのものができない。だから、除雪車は雪が降る場所に向かうんじゃなくて、雪が降る場所にいないといけないわけです。

 新潟のいろんなTシャツを作っている新潟Tシャツ委員会のサイトにも、 SNOW HERO なんてTシャツがあったっけ。降ったらすぐいけるように、これからずっと準備しているひとたちがいる。そのおかげで僕らは「雪国は雪に強い」とかイバっていられるわけで、今年もありがとうございます・・・な気持ちなのです。

 今日もおつかれさまでした。おやすみなさい。

2018年12月 4日 (火)

空中彩色手札

832a1836

 今日は、朝家族を送って駅までいった帰りに、全然つながっていない角をまるめた長方形みたいな虹が妙にはっきりと見えました。
 陽の差し方が一様じゃなくなる冬。雲から抜けてくる光りで、虹もいろんな形になるんだなあ。
 明日からは寒くなるようです。みなさん、あったかくしてお過ごしください。
 おやすみなさい。

2018年12月 3日 (月)

今年もはじまりました

832a1832_1

 糸魚川駅の北口(日本海口)の電飾、先週末からはじまってたんですね。
 土曜日に泉家さんにいったときも、あっちには曲がらなかったので気付かなくて、日曜日、娘を迎えにいくついでに眺めてきました。
 今年も新幹線(E7)がいたり、いろいろ発見があって楽しい飾り付け。区画毎の提供各社の「コンペ」みたいになっているのも、いろいろバリエーションがあっていいなあ、と。

 電飾撮りも、練習しなきゃ(笑)。

 一週間がはじまりました。おいしいお昼食べて、午後からもがんばりませう。

2018年12月 2日 (日)

鈍くともまだ働ける

832a1817

 冬になると、動きは鈍くなるけれど、それでも今日のようにあたたかい晴れの日には、花に蜂が集まってきます。あたたかいときのように鬱陶しいぐらいの元気さはなく、なんとかぎりぎり動いているような感じだけれど、それでもなんだかけなげでいいなあ。

 さて、当地は明日あさっては雨ながらそこそこあたたかいもののそのあとは冷え込み、週間予報では週末に雪だるまのマークも見えています。そろそろ、冬タイヤ。そんな季節だなあ。
 そんなこんなで、おやすみなさい。a

2018年12月 1日 (土)

囲炉裏の脇に陣取って

Pc011760

 数年前までこの時期に、泉家さんで囲炉裏を囲んで新蕎麦を楽しむ会を写真の先輩方にご一緒させていただいていたことがありました。たいていは、家族にとても羨ましがられる会なので、その会があると、その週の週末あたり一家で新蕎麦を楽しみに行くというのも、これまたセットの習慣。
 今年は、月曜日に五醸の会の「勉強会」と称するお酒と食べ物をあわせる会で、泉家さんx加賀の井さんのお酒という催しがあったので、それにかこつけて今日は家族で晩酌がてらお伺いしてきました。

 僕は、昼間ずっと寒いところにいたので、囲炉裏の脇に陣取って、背中を炙って坪庭を眺めながらのお蕎麦。幸せな時間でした。

 さて、今日はのんびりこれから家で晩酌の続きを楽しもうと思います。
 というわけで、おやすみなさい。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »