« のぼってきた | トップページ | 対岸の風車 »

2018年10月22日 (月)

ぷっくり焼き餅

832a9040

 きれいに爆発せず餅が焼けるように十字の切れ目を入れるのはどこかの餅やさんの特許らしいけれど、こんなふうにぷっくりと真ん中が大きく膨らむように火鉢とかで餅を焼く風景って、なんだか和みます。ダルマストーブの上だったりとか、サロンヒーターの上に網置いてだったりとか、いろんな「原風景」が頭の中にあるなあ。

 さて。

 年末に家で餅をつくという話しをすると、この季節はとくに「農家なの?」「家で餅米も育ててる?」なんて聞かれたりしますが、まったく農業はやっていないわが家。ひすいの湯の玄関に売っている餅米あたりで年末に餅つきする予定です。思えば、もうそろそろ年末の話しをしても違和感のない時期になってきました。一年は、はやいなあ。

 そんなこんなで、今日もおつかれさまでした。おやすみなさい。

« のぼってきた | トップページ | 対岸の風車 »

夕焼け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぷっくり焼き餅:

« のぼってきた | トップページ | 対岸の風車 »