« ひとのふりみて | トップページ | 部落 »

2018年6月16日 (土)

サヨナラ

832a2222

 昨日、姫川漁港のところの道を走っていて「あれ、なんだかちがうな」と思って戻ってみたら、魚市場お向かいのここがにあった、あのカキワリみたいな木が伐採されていました。

 確かに、真ん中あたりがすこし壁からはがれてでっぱっているなあとも思っていました。細い幹がぴったり壁に沿って広がっているから、はがれて倒れたりしたら、確かに危ないし。

 でも、何年も四季の風物詩として、葉っぱが出、花が咲いて、また落ちて冬の風情になって・・・というのを楽しんできただけに、なんだかさみしい気持ちになりました。

 どんなものであれ、別れってのは、切ないものですねえ。

« ひとのふりみて | トップページ | 部落 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラ:

« ひとのふりみて | トップページ | 部落 »