« ひりひり | トップページ | ジャムを煮る »

2018年6月25日 (月)

薬味のかわりめ

P_20180624_183822

 昨日の夕方、サッカーの試合で疲れ果てた下の子に、ゴハン作るのがイヤになった大人たちが「夕ゴハン、どこにする?」と聞いたら半分ねぼけた顔で「どこでもいい」。そしたら、上の子がすかさず「泉家さん!」と宣言しました。彼女はここしばらく、なぜかカレー南蛮蕎麦が食べたかったようなのです。いろいろ手を広げていくなあ(笑)。

 ひさしぶりにお伺いしたら、薬味が夏の名物、干した玉のあさつきになっていました。ウチでは「へるつぶ」と呼ぶヤツです。

 昨日のは、辛かったなあ。ひとつまるごとクチに放り込んで噛んだりは、できない辛さ。少しずつかじりながら蕎麦をたぐると、ほんのりと甘い。そんな、この季節ならではの薬味への切り替え。ああ、夏が来るのだなあと思います。

 家族はみんなこれが苦手で、自分ひとりで三つも四つもかじってました。酒のつまみとかだと、まだ玉の大きくなってないヤツを味噌と一緒にというのが好きなのだけれど、こういうのも、時々はいいよね。

 そんなこんなで、今週もがんばります。おはようございます。

« ひりひり | トップページ | ジャムを煮る »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬味のかわりめ:

« ひりひり | トップページ | ジャムを煮る »