« 遠くを見る目 | トップページ | 夜歩く、ほかのまち »

2018年5月30日 (水)

首席第一位

832a2094

 木浦の谷をはいっていったら、こんな酒屋さんを見かけました。
 入り口にでっかく「首席第一位受賞」「加賀の井」の文字。関東信越国税局の清酒鑑鑑評会だろうから、昭和51年かな、54年かな。どちらにしても、僕がウチの下の子くらいのトシの頃の看板だなあ・・・などとしみじみ思いながら、写真を撮りました。

 考えてみれば、今は地元の酒蔵が鑑評会で入賞しても、酒好きには話題になるものの、世間ではそんなに話題にならないよなあ。 

 田舎のひとは「全国で(東京で)認められた」ことにはすごく権威を感じる一方で、自負がありながらも田舎での「人知れず凄い」には、あんまり価値を認めないことが多い。そんなこともあって、この看板には「地元(の酒)大好き」と「外の人のお墨付きだからえらい」の愛憎とりまぜた思いが伝わってきます。そして、今よりもっとたくさんのひとが、地元のお酒で晩酌していたんだろうなあ、この看板が掛けられた頃は・・・ということも。

 さて、このもう少し奥の長者温泉うるおい館は、この春から若い人がやってきて運営を引き継いでいるんだとか。アイスのケースの中に、ものすごくキンキンに冷やしたグラスがはいっていて「お使い下さい」になってたり、古いままだけど、なんだか素敵な思いがあちこちからにょっと顔を出しているなあとうれしくなります。
 「古くさい山奥の集落のヒトしか来ないお風呂」だったところを面白がって、僕らにとってあたりまえのものを「!」だよと再発見してくれるひとたちがやらかすこと。なんだか、とっても楽しみなのです。

 そろそろお昼。みなさん、おいしいお昼ゴハンを。

« 遠くを見る目 | トップページ | 夜歩く、ほかのまち »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首席第一位:

« 遠くを見る目 | トップページ | 夜歩く、ほかのまち »