« 時々黒姫 | トップページ | 感謝をこめて »

2018年4月30日 (月)

日没は日の出のように

P4280110

 今日までお試し期間の DAZN で、松坂が投げる中日vsDeNA戦を見ていました。
 彼よりずっと年上の岩瀬も8回をきちんと締め、田島が投げきって松坂の勝ちが決まったときの嬉しそうな顔、そしてヒーローインタビューに望むとき、きちんとチームの帽子をまっすぐかぶり直したその「仕切り直し」の姿勢に「このチームのメンバーとしての仕事をしたのだ」という彼の矜持のようなものを感じて、胸が熱くなりました。

 さて。

 今日は、加賀の井さんの新蔵でのお酒の出荷予定日。いつもの酒屋さんに顔を出したら「まだなんですよ。きっと必死で箱詰めしてるんじゃないのかなあ」とのこと。お向かいの加賀の井さんの新蔵は、各工程の仕事の様子が外から見学できる親切設計なので、洗米、仕込み、熟成、絞りと各工程をこどもと一緒にのぞきながら、最後の窓をちょっと覗いたら、先代自らがいっしょうけんめい箱詰めされてました。

 こちらも、もうすこし、あとすこし。
 明日は糸魚川の商店街がお休みの日なので「水曜日にいただきにきます」と声をかけて、帰ってきました。

 これだけ待ったんだもの、あと二日なんて、なんでもありません(笑)。

 日本海側の日没は、太平洋側の日の出のような風景。はじまれば、いろんなことが楽しみになる。そんな「日の出のような日」であると、いいなあ。そんなことを思いながら、きれいな夕陽の写真をのせておきます。

 みなさん、おいしい夕ゴハンを。

« 時々黒姫 | トップページ | 感謝をこめて »

夕焼け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日没は日の出のように:

« 時々黒姫 | トップページ | 感謝をこめて »