2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

こんな写真を撮っています

« 2017年12月3日 - 2017年12月9日 | トップページ | 2017年12月17日 - 2017年12月23日 »

2017年12月16日 (土)

信号待ちの、うれしさ

832a2294

 昨晩は、家人の忘年会。夜、駅に迎えに行く途中、照明にうかびあがるここに、おもわず一枚撮ってしまいました。
 思えば、去年の年の瀬以来、ここの区画で写真を撮ったのは、本当に数えるほど。火事直後のたいへんな時期のものは、とうとう一枚も撮りませんでした。
 記録という意味では、残す必要は、あるのだと思う。思うけれども、それを担うヒトはきっとほかにいるだろうし、野次馬という意味では、僕は関わりたくなかった。それが許される「アマチュアの撮り手」だということを、ありがたく思った一年でもありました。

 さて、今日は商店街のガラポン抽選会の日。みんなで、抽選券もって、まわしに行くんだろうなあ。牛乳パンとか、紅久さんのクリスマス上生菓子とか、とても素敵な5等商品の写真がFacebookのタイムラインに流れてきて、なんとも心強く思った昨晩。
 この週末は、みんなでイルミネーションを飾ったりもするとのこと。

 ひとが、力強く動くのを眺めるのは、なんだかうれしい。
 そんなこんなで、今年もあと半月、なんですねえ。

 夜からはまた荒れ模様とのこと。のどかな天気の一休みの土曜日、みなさんごゆっくりお過ごしを。

 おはようございます。

2017年12月15日 (金)

雪の黒姫

832a2257_3

 今日は、朝から青海方面へ仕事で回ったので、ひさしぶりにちがう方向から黒姫山を眺めることになりました。
 青海の人間のくせして、大野方面から見るより、こちらから見る頻度のほうが、最近は低いんだよなあ。そんなことを思いながら、北斗町の裏通り、昔トロッコが通っていた路地の向こうの黒姫を眺めます。

 なんとなく、こういう隠れ家めいた裏通りとかに心ときめくのは、子どもの頃の記憶だなあ。

 今朝はバリバリに凍っていた道も、昼間のあったかさでだいぶ緩んできた感じ。明日はもっと溶けちゃうかもしれません。
 溶けるの、惜しいぞ・・・とか思っていると、またドカンと来るんだよな。なにせ、冬なんだもの。

 そんなこんなでそろそろ夕ゴハンの時間。みなさん、あったかい夕ゴハンを。

2017年12月14日 (木)

雪山

P_20171213_190235_ll

 あちこちの駐車場に、雪山ができはじめました。
 朝、重機で除雪をして、はしっこに積んでおく山。小さい頃は、ここに穴掘れすぐ巨大なかまくらができるし、ここを削ってそりコースとか作ればたのしいよなあと思ったりしたけれど、大人になるとどれもすぐ死にそうな話しだなあ、と(笑)。

 雪にしては比較的気温が高いので、けっこう湿った雪ですが、それでもあちこち雪だらけ。コドモたちはどんな悪だくみをしているんだろう。

 大人は、雪が降ると道が混んだとか、除雪しなきゃとか、そんなことばっかりでツマランなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年12月13日 (水)

遮熱性

832a2246_2

 ご近所の猫を眺める朝。毛の上の雪は、そのままの形。連中、あったかいのにちゃんと毛皮は遮熱してるんだなあ。だから、雪はなかなか溶けない。
 僕らはハダカでここに座ったりしたら、やっぱり寒いもの(笑)。

 昨日、今日と降り続く雪で、ひさしぶりにちゃんとあちこち雪だらけになりました。除雪して積み上げた山も、あちこちに。
 ああ、ちゃんと、冬だなあ。

 一昔前だと、一晩経ったら海岸部でも車がこんもりと、雪見だいふくみたいになったりすることもあっただけに、まだまだ「こんなもん」なんだけれど、それでもちゃんと一面真っ白になると「降ったなあ」という感じがします。

 こどもたちも「市内の小中高校生は、最寄りバス停から市内スキー場までのバス代がただになります」なんて案内をもらってきました。さあ、スノーシーズン到来。今年は何回スキーにいけるかな。

 そんなこんなで、そろそろ日もすっかり暮れました。
 みなさん、あったかいゴハンを~。

2017年12月12日 (火)

雪の前日

832a2198

 起きてみれば真っ白。もちろん、僕が住む海岸近くはたいしたつもり方ではないけれど、それでも午前中には自宅前を除雪車が通っていったようです。今シーズン初。

 思い返せば昨日はものすごい風でした。ときどき、あったかい「色」の日差しがやってきたりはするのだけれど、時にはたっていられないほどの風。そして、夕方からは雨も振り出し大荒れになりました。
 今週末は、シーサイドバレースキー場のパンフによるとオープン予定だったけれど、もしかしたらほんとに予定通りオープンできちゃうんじゃないのだろうか(笑).

 朝、近所の小学校に朝読書にいったら、こどもたちが校門のところで雪合戦してました。案外、コドモってかわらないもんだよなあ。そういうことを発見できるのも、たのしい。

 そんなこんなで、僕がいるあたりではそうは雪はふえてませんが、それでもずっと降ったり舞ったりしています。

 みなさん、あったかくしてお過ごしください。

2017年12月11日 (月)

さみしさ

832a1585

 昨日は「オデュッセイア外伝~未来へつなぐために」の本番。照明スタッフのみなさんのとなりの部屋で、舞台を眺めていました。

 満席の客席。カメラのシャッター音は控えていてもけっこう大きいので、芝居の邪魔にならないように、の「ガラスの向こう」なのですが、ガラスに遮られた小さい音でも、舞台の熱気はどんどんと襲いかかってくる。そして、となりのブースの照明さんの「もうじきです。はい、いきます」といったやりとり、バチンというスイッチを切り替える音とともに訪れる暗転など、あらためて「いろんなひとが、いろんな仕事をたくさんやってくれているから、の舞台なのだなあ」と実感できる時間となりました。

 舞台の床にあらわれる模様の美しさは、たぶん客席で眺めるよりもこの高い場所のほうがずっときれいだったんじゃないかなあ。

 きっと、ガッツリとかかわった方たちは、今日は抜け殻なのだろうなあ。僕は、時々稽古に顔を出してみんなのスナップ写真を撮る、ただの記念写真屋さんだったのだけれど、それでもこんなにさみしいんだもの。

 みなさん、お疲れさま。

 そして、見に来てくれたみなさん、僕が言うのもヘンな話しですが、どうもありがとうございました。

 そんなこんなで月曜日。がんばって働いております。
 おはようございます。

2017年12月10日 (日)

本日13:30開演です

20171210

 昨日の夜、ゲネプロ終了までの写真を取り込んだら、このオデュッセイア外伝~未来へつなぐためにのカタログに入っている写真は 3185 枚。7/12の制作発表会から、時々遊びにいっていたのだけれど、けっこうたくさんになりました。

 今年の夏は、暑かったなあとか、あの頃は雨が続いてじめじめしてたなあとか、いろんなことを思い出す朝。時々顔を出すだけで、稽古だってはじまってからきて終わる前に帰っちゃうような僕でさえこうなのだから、全日程をまもなく完走するキャストとスタッフの思いは、きっといろいろあるのだなあと思います。

 僕のこの舞台での立ち位置は、「キャストの個人的な記念撮影係」というつもりでいます。なので、今日もう一日、楽しんで、たくさんの笑顔をとっつかまえたいと思います。

 13:00開場、13:30開演。チケットはもう既に完売ですが、お持ちの方、ぜひぜひたのしみにお越しください。

 おはようございます。

« 2017年12月3日 - 2017年12月9日 | トップページ | 2017年12月17日 - 2017年12月23日 »