2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

こんな写真を撮っています

« 2017年1月8日 - 2017年1月14日 | トップページ | 2017年1月22日 - 2017年1月28日 »

2017年1月21日 (土)

銀葉草の季節

P1208661

 そういえば、昨日1/20は「甘酒の日」だったのだとか。この時期は酒粕のいろいろがうれしい季節。ぽかぽかして体もあったまるし、いいんだよなあ。
 そして、寒い時期の楽しみは、海藻の味噌汁。ここ数年は、こどもたちが苦手ということもあって粕なしの味噌汁だけれど、こんな風にたっぷりと銀葉草をいれた味噌汁はなによりのごちそうなのです。

 あわせて、鱈を白菜と煮たヤツ。
 いかにも、日本海の冬のゴハンでしょ?(笑)。

 さて、明日は「荒波あんこう祭り」第一弾の糸魚川会場。
 ちょっと天気は悪そうですが、その分「さむいからこそウマい」ごちそうが楽しめるはず。燗酒もしみるんじゃないかなあ。

 ウチは、下の子のクラスがインフルエンザの学級閉鎖中ということで、おとなしく家でのんびりしてる予定ですが、あんこう、たべたいなあ。ちょこっと顔を出して解体したのを買ってきて、夜にあんこう鍋かな。
 そんなこんなで、海の方からごごーんと響くような音が聞こえてくるなか、のんびりした午後を過ごしています。

 たまには、そんな日も、ないとね。

2017年1月20日 (金)

準備

832a9547

 毎年書いている気がするのだけれど、多少の雪が降っても僕らが案外平気でいられるのは、やはり準備があるからなのだとあらためて思います。
 この時期、まちの中を歩いてみると、あっちこっちで見かける除雪車や除雪機。
 冬休みのこどもたちに自由研究はないけれど、もしあったら校区内のどこにいつも除雪車が置いてあるか、地図にシールでも貼ってみたらびっくりするくらいたくさんあると思う。
 糸魚川は海と山がちかい町。そして、川筋にそっていくつもの「谷」があって、その奥に行くとどこも雪がたくさん降るのだけれど、降るたびに除雪車が下からあがっていったら、道の確保なんて大変だものなあ。だから、それぞれの谷にすぐ除雪車を動かすことができる会社さんがあって、道は確保されてる。

 僕の住むあたりはたいして雪は降らないけれど、それでもここにはこの季節、毎年二台置いてあります。

 そんなこんなで、日が昇ってきて照らされる黒姫は、きれいだなあ。
 今日はお昼くらいまではいい天気そうです。
 おはようございます。

2017年1月19日 (木)

確保

832a9435

 雪がだんだん貯まってきても、どうしても通さなきゃいけない道もあれば、「ここは春まで仕方ねえか」って道もある。
 だから、そういう春まであきらめられる道が通れるかどうかで、その年の雪の量を感じたりもします。

 この先は、いつもは春まで通れなくなる道。でも、除雪車がこの先もみちを確保しようとしているあたり、今年はまだまだなのですね。

 予報には雪だるまが並ぶものの、しとしと雨の今朝。昨日の昼間みたいな日が、またあるといいんだけどなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年1月18日 (水)

まちにはいろんなかおがいて

832a9449_1

 という写真絵本があるのだけれど、晴れてすこし溶けたり緩んだりすると、顔があちこちに見えてくるなあ。それも、ムンクの叫びみたいなヤツが(笑)。

 そして、足跡を見ると「ちっちゃい動物も、でこぼこしてるとこより、平らなところのほうが歩きやすいんだなあ」なんてことをあらためて思ったりも。

 今日は、ひさしぶりの青空。あちこちで白い雪がキラキラしてとてもきれいです。放射冷却でツルツルに凍る前に、帰れるといいなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年1月17日 (火)

海への道

832a9419

 ここんとこ、毎日のように緑色の海。日差しがあたると、きれいなのになあ。そんなことを思いながら通り過ぎます。
 路面に雪が残ってると、こんなに滑るのか・・・なんてことをふと思い出したり。でも、躍起になって除雪するほど降らない場所に住んでいるのは、ありがたいなあ。海の近くから山のほうまで、糸魚川は広いです。

 ここでは降っているのは今は雨だけど、ちょっと山の方に行くと、きっと雪なんだろうなあ。

 というわけで、おはようございます。

2017年1月16日 (月)

けものみち

832a9400

 昨日、庭をふと見たら、植え込みを屋根のようにしてその下にそれはそれはみごとに、ご近所の猫が「雪やどり」をしていました。
 別に、それくらいいいんだよ。池の鯉さえ狙わなきゃ。だけどヤツは目が合ったら、いつものように律儀に庭から出て行ってしまいました。

 あとで車庫の間のスキマを見ると、こんな足跡。奥の高いところからぴょんと飛んで着地。そのあとすたすたと歩いて行ったんだろうなあ。
 着地直後は4つの足が見えるけど、そのあとのこの一つ、二つと繰り返す足の跡。こういうときは、どんな風に歩いて行くんだろう。

 雪が降ると、いろんな足跡があって楽しい。そんなことを言っていられる程度の、ウチの近所の降り方でした。ちょっと所用で昨日でかけたとなりまちは、駐車場から出るたびに雪の壁で車通りが見えなくて、走っているとちょくちょくホワイトアウトもして、と「ああ、これは雪の日出かけたくなくなる、雪の季節だな」と実感。こういうのに一度二度遭遇するまでは、いくら雪国人といっても、思い出さないのだよね。で、少しずつ慣れていく。そんな毎日なのです。

 こんなくらいの雪、あたりまえなんだけどね。

 そんなこんなで、おはようございます。

2017年1月15日 (日)

雪・サクラサク

832a9378

 そういえば、昨日からセンター試験がはじまったとのこと。
 あちこちで「センター試験とか、成人式とかの日って、雪降るよねえ」なんて話を何度もしたけれど、よく考えてみればこの時期の雪なんてあたりまえで、ちょくちょく降ってるから、そういう日がさらに印象深くなるんだろうなあと、そんなことを思ったり。
 とはいえ、昨日今日は普段雪が降らない場所でどかんと降ったわけではないし、ようやくいつもの冬がやってきたかなと、そんな感じがします。

 自宅前は、10cmにすこし足りないくらいの積雪。一斉に咲くことなく、秋からすこしずつ咲き続けている庭の桜は、雪に遭ってなお咲いてます。というわけで、がんばってる子たちに演技良さのお裾分け。今日も、がんばってね。

 そんなこんなで、今日も寒くなりそうです。みなさん、あったかくしてお過ごしを。
 おはようございます。

« 2017年1月8日 - 2017年1月14日 | トップページ | 2017年1月22日 - 2017年1月28日 »