2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

こんな写真を撮っています

« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »

2017年3月18日 (土)

霞む夕焼け

832a0585

 真夏の、鮮烈な光とともに沈んでいく夕日もいいのだけれど、個人的には日本海側特有の、水平線がうっすらと霞んでいる中、弱い光で落ちていく、赤くてしっとりした夕暮れが好きだったりします。

 とはいえ、これも荒れる冬にはあんまり見られないもの。こういう風景がちょくちょく登場するようになったのもまた、冬が終わったってことなのだなあ。タイヤ、そろそろどうしようかなあ(笑)。

 そんなこんなで、みなさん、のんびりとたのしい午後を。

2017年3月17日 (金)

花の名前は、知らない

832a0310

 そりゃ、チューリップくらいはわかるけれど、この時期ピンク色の花が咲いているのを見ると、なんだかみんな桜に見えてしまって「ほら、梅じゃん」「あれは桃だよ」と笑われることの多いワタクシです。
 なので、昨日のお昼、きらら青海近くの公園に、いかにも記念植樹されたっぽい小さめの木に咲く花を見て「記念植樹するくらいだから、たぶん桜だよなあ」と思いながらも、「桜が咲きました」とは書かない慎みの深さなのです(と、書いておこう(笑))。

 日曜日の芝居の稽古は続いています。日々舞台上の大道具はブラッシュアップされて別物に化けていき、本番が迫って照明や音響もきちんとやるようになって、立ち稽古を見ているのとはまったくちがう緊迫感と高揚感がやってきました。
 僕は記録写真を撮りながら眺めているだけだから、こういうときにはとてもわくわくしながらも、ちょっとだけ寂しさを感じたりもします。やっぱり「祭り」って、眺めるだけじゃなくて、中に入らないと本当の部分の「!」には、遭遇できないんだよなあ、と。

 そんなこんなで、日曜日13:30~、きらら青海のホールで、幕があがります。
 ぜひ、みなさんお越しください。
 となりの公園の、桜だか梅だか桃だかわからない、きれいな花も咲いてます(笑)。

 おはようございます。

2017年3月16日 (木)

たけのこまだかな

832a0025

 そういえば、もう少し季節が進むと、田海ヶ池のあたりとか、あちらこちらでタケノコを見かけるようになります。で、タケノコはあっという間に竹になっちゃうので、毎日ウォーキングしていると、「え、こんなに伸びたの?」ってびっくりすることも。
 日曜日の芝居「どこにいたとて」では、田海ヶ池にどことなくイメージが重なる、トンボの宝庫の「おうみがいけ」が登場します。そのうち、僕もあのあたり散歩しないと。もうさすがに、雪は、ないよねえ(笑)。

 今日は、そんなわけで青海駅前の竹のからかいモニュメントと、その先の竹の写真を一枚。
 芝居の写真は、きらら青海に少し貼ってありますので、興味のある方は、ぜひ。

 おはようございます。

2017年3月15日 (水)

プリント

P3159609_1

 今週末の3/19にきらら青海のホールで催される いといがわステージライフ・ワークショップ生家発表会。そのPRの一環としてきららのアトリウムに練習風景の写真を貼って紹介しようという話が昨日突然Goになったので、夜あわてて手持ちの写真をプリントしていました。
 はじめてみると「あ、インクのストックが足りない」「大きな紙があと少ししかない」「ちっちゃいのは紙種がちがうのしかない」と、きちんと準備していなかったこともあって問題多発。結局、いろんな紙・いろんなサイズがまじるなんとも怪しい展示になってしまいました。小さい写真しか貼られていない方も、他意はありませぬのでご容赦ください。平に、平に。

 それにしても。

 普段は撮ってもプリントするのはさしあげる記念写真めいたものくらい。なにかの催しで撮影に入るときでも、ほとんどがデータでまるごと渡してしまうので、何十枚も大きなプリントをするというのは、個展なんて絶対やらないワタクシとしては滅多にあることではありません。それだけに・・・気分がアガってくることに自分で驚いてしまいました。
 やっぱり、でっかいプリントにするっていうのは、いいなあ。みなさんも、大事な写真は大きくプリントして飾るといいですよ、きっと(笑)。

 というわけで、本日から3/19の本番まで、きららのアトリウムに練習風景の写真があります。もしよろしければ、ご覧ください。そして、本番にも、ぜひお越しください。
 チケットは、この写真を見たお帰りに、きららの窓口で、ぜひ。

 おはようございます。

2017年3月14日 (火)

霞む黒姫

832a0063

 昨日は仕事で上越だったので、移動途中の夕方霞む黒姫を。
 この写真は名立のあたりからだけれど、あのあたりから眺めると、ほんとうに黒姫は海の近くの山なのだなあと思います。案外とまっすぐそうな海岸線が、案外まがっているんだなあってことも。
 どこからでも、思わず黒姫を探してしまう。まさに、「おらがまちのやま」なんですねえ。

 今日もなんだかいまひとつすっきりしない天気ですが、それではみなさん、おいしいお昼を!。

2017年3月13日 (月)

北斗町からの黒姫

832a0041

 きらら青海で芝居の稽古に遊びにいっていたら、昨日はちょっとはやめに終わりに。コドモが5時の閉館まで図書館にいるので、拾って帰るまでの間、ひさしぶりにこの界隈を散歩してみました。
 ずいぶん、あったかくなったなあ。場所によっては、ソメイヨシノのつぼみのさきっぽがすこしだけピンクだったりもするくらい。昨晩のテレビで「今年は豪雪だった」なんて話を見ながら「あれ?」と思ったりもしたのだけれど、いつもとちがう場所にたっぷり降った分、ウチのあたりは少なかった今年。その分、桜ははやいのかもしれません。

 そんなわけで、今日は北斗町の元北星写真館さんのあたりから眺める黒姫。
 この山は近くにあるから、おなじ町の中にいても眺める方向でずいぶん顔がちがって、みんなが愛着を感じる姿が実はちがっていたりする山。僕はこの写真のもう少し左の方向から見た姿が一番しっくりくるのだけれど、この方向からも、いいなあ。

 さて、3月も後半にさしかかってきました。
 月曜日、気合い入れて行きましょう。
 おはようございます。

2017年3月12日 (日)

夕日をバックに

832a9871

 釣りにしては、竿振ってないなあ。そう思いながら眺めていた、テトラの上の大荷物のヒト。
 棒を取り出したと思ったら、そのままぐるりとその場で一周をはじめました。
 なるほど、「セルカ棒」か(笑)。

 赤く染まる日本海とでっかい夕陽。その中にいる自分。こういう記念写真(動画かな?)も、あるんですねえ。

 こういうことやってても、でっかい波しぶきをアタマからかぶることがない日が増えてきた、春っぽい日の夕暮れ。これもまた、ある意味「冬の日本海のおわり」の風景だなあ。そんなことを思いながら眺めていた僕なのです。

 今日もあったかいですね。
 おはようございます。

« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »