« 砂だらけで、あそぼう | トップページ | 曇る中日 »

2017年8月13日 (日)

明確なメッセージを出すということ

832a5331

 昨日は、サッカー元日本代表の北澤豪さんが糸魚川に来てくれて、雨の中サッカー少年たちといっしょにいろいろやってくれました。小学生や幼児たちまでいっしょにゲームできて、みんな楽しかったんじゃないかなあ。

 んで。

 イベントを通じて、彼の言動に「徹底してるなあ」と感じたのは「尊敬すべき輝けるアイドルであろう」という姿勢。
 がんばってるといいことがきっとあるよという希望を見せ、ここはいい場所でいい指導者もいっぱいいるよといい、その上で「きちんと集中しろよ」など必要なことはきちんと言う。
 終始「こんなとこ来ちゃってイヤだなあ」とか「こんなことやりたくないんだけど」という顔を見せたりなにかを言ったりすることなく、サッカー少年の前では、徹底して「その姿勢を崩さない」ことが貫かれていることに、あらためてプロ意識と、かっこよさを感じました。

 こういうことって、案外できないよなあ。「客」に見えるところでの愚痴のみっともなさは、確かにあるもの。

 現実は、うまくいかないこともある。でも、結末はかならず(大小はあっても)ハッピーエンドである児童書のように、きちんと希望を照らすシゴトをやっているのだということを、スポーツにかかわるひとがちゃんと意識している。

 なんだかいいなあと、僕は思うのです。
 さて、昨日とはうってかわっていい天気。お墓にいってこなきゃ。

 おはようございます。

« 砂だらけで、あそぼう | トップページ | 曇る中日 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明確なメッセージを出すということ:

« 砂だらけで、あそぼう | トップページ | 曇る中日 »