« はがされる | トップページ | となりまちもおなじ(笑) »

2017年7月 9日 (日)

ヤツが沈んだあと

832a3891

 ダルマ夕陽を見送ったあとの、ふうわりとした色が好きです。
 そんなわけで昨日はいろいろばたばたしていて夕陽を見に行くことができなかったので、一昨日のものを一枚。

 昨日は、どこか野際陽子さんチックな木村泰子さんが最後に校長を務められた大阪の小学校のドキュメンタリーを、市の教育関係のイベントで見ました。
 圧倒されました。すごいなあ・・・と思った。その一方で、ほのかに「でも、寝ても覚めても一日中、業務も、業務外も、全部『先生』でいなきゃこうはできないよな」という気持ちも。こういう学校を「みんなが作る」のは素敵だけれど、サービスとして提供せよと求めるのは不健全だし、ましてや運営する側が「先生の努力だけ」(予算措置とか、いろんなサポートとか)なしにこれを作れという文脈でこれを「すごい事例です」というのも、なんだかちがう気がする。
 見せていただいたドキュメンタリーに遭遇した「会場」のことを思うと、少々の違和感が手触りとして残ったりもした僕なのです。

 週明けには、近所の小学校のCS(コミュニティスクール)のミーティングがあります。「誰かに作ってもらう」んじゃなくて「みんなでつくる」ってのは、大事だな。忘れないようにしたいな。
 そんなことを思う「みんなの学校」 ( http://minna-movie.jp/ )でした。

 おはようございます。

« はがされる | トップページ | となりまちもおなじ(笑) »

夕焼け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤツが沈んだあと:

« はがされる | トップページ | となりまちもおなじ(笑) »