2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

こんな写真を撮っています

« HANA-BI | トップページ | も[ぞず]く »

2017年7月15日 (土)

夕陽を愛でながら

832a4409

 糸魚川には5つの酒蔵があり、「五醸の会」なる地酒の楽しみを伝える会があって、そこにちょこちょこと出入りしています。
 昨日は、そこの会員同士の「勉強会」。ひとつの蔵のいくつかのお酒を、ひとつのお店の料理とあわせてその出会いを楽しむ。そんな会がありました。第一回の昨日は「雪鶴x鶴来家」。2つの鶴のとりあわせを楽しむ会を「日本海のこの時期の夕陽がたのしめる場所」ということで、海沿いの高台(笑)、糸魚川公民館に部屋を取って開催。
 かくして、雪鶴の田原社長がこんな感じで、夕陽を背にお酒の説明をしてくださる、そんな会になりました。

 夕陽をめがけて、だから、6時にはじめて8時には終わる健全な呑み会。みなさんは、そのあと夜の街に消えて行かれたけど、遅くまで楽しまれたのかな?。

 個人的に、この会は、酒蔵のひとたちが時にひとんちのお酒をのみながら、すごくにこにことお酒の雑談をしているのを眺めるのが好きなのです。

 2年くらいかけて、5つの蔵をシリーズやる予定の「酒x味」の組合せ。秋はどこになるかな。なんだか、とても楽しみです。

 さて、今日も曇ってはいるけど、暑い!。
 みなさん、無理せずのんびりとお過ごしを~。

« HANA-BI | トップページ | も[ぞず]く »

夕焼け」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。旅の先々で地酒やその土地のおいしいものをいだたいてきます。
その度、思うのは「うーむ、糸魚川の酒と肴のグレードは高いのでは」ということ。
美味しものに囲まれているこの地の人は、その凄さに気付きにくいのかもしれません。

話は変わりますが、糸魚川公民館調理室とビーチホールまがたまは、「隠れたシーサイドビュー」ではないでしょうか。
地酒や地の物を使った、限定ビアホールとかカフェなどしては面白いのでは。
特に糸魚川公民館は、こういった建築にすれば、この立地でも海沿いのリゾートホテルみたいな感じになるのだなぁ、と感心しています。

 tsugamiさん、コメントありがとうございます。
 糸魚川公民館は、海を見るには最高の場所。とくに、夕陽が沈みゆく時間帯の色のうつりかわりはきっときれいだろうなあと、去年、「おばけの館」のスタッフ控え室だったときに思ってました。
 公民館主催の男の料理教室とかもあって、いい調理室もあるし、きっとあそこで一杯やったらいいだろうなあ・・・ということで、今回は試しに「五醸の会」の勉強会を筋を通してあそこでやらせてもらって「お酒の会」をあそこでの道を作りたかったのです。

 まがたまの夕陽も、いいですよね。
 まがたまは、以前、円形劇場チックに、飯田俊明さんのピアノコンサートをドリンクありで開催されたことがあって、あのときも雰囲気よかったなあ、と。
 http://nishizawa.cocolog-nifty.com/omi/2016/10/post-1aae.html

 また、やりたいです。

 で、先日の鶴来家x雪鶴な「食x酒」Vol.1のことは、近日中に五醸の会のFacebookページでレポートしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52273/65537006

この記事へのトラックバック一覧です: 夕陽を愛でながら:

« HANA-BI | トップページ | も[ぞず]く »