« 空気遠近法 | トップページ | 出番ねえなあ »

2017年1月 5日 (木)

万葉集

832a8781

 先日、家族で走っていたとき、風よけに休んだラベンダービーチの小さい公園で見つけた歌碑。長年青海に住んでいて、この公園にも何度も来てて、でもここに歌碑があるのは、知らなかったなあ。反対側の回廊には、歩いてめぐるとヒスイの当時の加工法がわかるレリーフが埋め込んであり、きれいに磨いて玉になったヒスイのレリーフからは、そのヒスイ部分が削り取ってありました。本物じゃないのにねえ(笑)。

 んで。

 年を取ってゆくのが惜しまれるのは、美しさが喪われていくからなのだろうか、それとも、少しずつ死という永遠の別れに近づいていくからなのだろうか。

 などと余計なことを考えながら・・・(笑)。

 とうとう昨日は一回もシャッターを切らなかったワタクシ。今日はすこしは、どこかでなにかをファインダーを通して眺めたいなあと思っています。

 おはようございます。

« 空気遠近法 | トップページ | 出番ねえなあ »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万葉集:

« 空気遠近法 | トップページ | 出番ねえなあ »