« 季節の習慣 | トップページ | 接線 »

2016年12月12日 (月)

案外

832a8170

 ひさしぶりに、ゾクゾクと寒気がおそってきたので、昨日は夕方からお燗酒。
 台所の火の周りは夕食前でいろいろ準備中ってこともあって、ちっちゃい一合瓶を、おうみ祭りにお越しの方には見慣れた生ビールのリユースカップいっぱいのお湯に沈めてのぬる燗でした。

 実はこのお酒、今年の夏に瓶詰めされた謙信の特別本醸造の生貯蔵酒。本当なら、冷やしてくいっと行くお酒なんだけれども、ぬるいときにはほんのり甘酒のような香りがしてやさしく、もう少しあたためると辛さがくいっと立ってきて、あったまる夜になりました。

 これは、こういう呑み方。そういうセオリーからはずれて、時に全然ちがう呑み方をしてみるのも、おもしろいもんだなあ。つくづくそう思った日曜日の夜なのでありました。

 そんなこんなで、また今週もはじまりました。
 おはようございます。

« 季節の習慣 | トップページ | 接線 »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 案外:

« 季節の習慣 | トップページ | 接線 »