« 兆し | トップページ | 風物詩 »

2016年12月 9日 (金)

風と平行

832a8000

 上の子が、最近学校の数学で扱いはじめた、図形の証明問題になかなか苦労しているようです。パズル解くみたいで面白かったなあとか、でもヤヤこしかったなあとか、設問の図形を見て思い出すワタクシ。そして、ドリル作ってるヒトはけっこう、意地悪だなあ、とも思ったり(笑)。

 そんなわけで、写真はご近所の今は使われていない工場。もとは、僕が小学校の頃にできた縫製の作業場だったようですが、その後持ち主が転々として、倉庫としてしばらく使われた後は空き屋のようです。
 三崎亜紀の小説「二階扉を付けてください」を思い出すような、ベランダだの階段だのが撤去されたあとの「二階扉」もあるし。

 そして、取れて傾いた雨樋とおなじ角度に風で付記流されたケーブル。「ああ、平行だなあ」なんて思いながら写真を撮ったりする僕も、コドモの数学のドリルに影響されてるんですねえ。

 いろんなものに影響を受ける日々。それもまた、おもしろいな、と。

 というわけで、今日も寒い一日になりそうです。あったかくしてお過ごしください。
 僕は、出荷がはじまったらしい冬の風物詩、根知男山の「雪見酒」を買ってこようかなと思ってます。

 おはようございます。

« 兆し | トップページ | 風物詩 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風と平行:

« 兆し | トップページ | 風物詩 »